心とカラダを軽くするサロン「アリモッサム。」代表・斎藤ともこさんインタビュー

ダイエットサロン「アリモッサム。」や料理教室「キッチンアリモッサム。」を運営されているシャイニスタNo.114の斎藤ともこさん。ダイエットサロンや料理教室を開業しようと思ったきっかけや、転機となった出来事、今後の夢などについて伺いました。
シャイニスタ
斎藤 ともこ
斎藤 ともこ (さいとう ともこ)
心とカラダを軽くするサロン「アリモッサム。」代表
シャイニスタNo.114 斎藤ともこ

ご主人の言葉に背中を押され開業へ

斎藤ともこ04   

―― これまでに、転機となった人との出会いや出来事はありますか?

主人の転勤により、長崎から和歌山に引っ越したことが転機です。
それまでは、長崎でサロンスタッフとして楽しく働いていて、もう少しで普通の主婦から、夢が描けそうな主婦へとなりつつあるという頃だったんです。
和歌山という知らない土地へ移ることになって、私はどうやって生きていけばいいのかと悩んでしまったんですよね。

でも主人が「いつかやりたいと思っていたんだったら、それは今のタイミングじゃないの?」と言ってくれたんです。
それで単純に、そうかやってみようと思い2015年、ダイエットサロン「アリモッサム。」をオープンしました。

ちなみに「アリモッサム。」という名前は、「アリッサム」という花と私のあだ名「もっちゃん」を掛け合わせ、字画を考え「。」を付けたもの。
アリッサムは私が好きな花であり、結婚記念日の3月23日の誕生花というつながりもあったんです。

斎藤ともこ05

サロンをオープンさせてからの4年間、毎回お客さんに成長させてもらっています。
痩せたいという目的は同じでも、単純に体重を落としたい方や変わって自信を持ちたい方など、さまざまなお客さんと接する中で自分自身の器を大きくさせてもらっている感じです。

そして4年後の2019年2月、料理教室「キッチンアリモッサム。」を併設しました。

―― ダイエットサロンから始められて、料理教室を併設されようと思ったきっかけは何だったのでしょうか。

ダイエットサロンを運営する中で、お客さんの体重がグングン落ちていくことで言動行動思考までも変わっていくほど女性の変わりたいというエネルギーは本当にすごいんです。
でも、その反面食べる事が怖いとか、痩せた後に何を食べていいのかわからないという方も多くて。

斎藤ともこ06

食べる事への恐怖感や罪悪感というような気持ちにどうしたら寄り添えるのかずっと考えていましたが、お客様と向き合ううちに、「食べることは生きること」というように食事は人が生きていく上での基本のキ。やはり食生活が大事だと思うようになりました。

もっと食べることを楽しんでほしい、身体に優しい調理方法を知ってほしいという思いから、料理教室を併設しようと思いました。
主婦歴が長い方だと、料理について聞きづらかったり食生活をシフトチェンジしにくかったり、また、健康に特化した調理法はよくわからない方など、そういう方にも寄り添いながら、料理も楽しんでもらえたらと思っています。

―― 現在の位置にたどり着くまでに試練はありましたか?また、それをどのように乗り越えましたか?

お客さん一人一人の理想とする像を引き出して、カタチにしていける着地点を見つけることはとても難しいですね。
しかし、痩せたいという方や健康になりたいという方に、どう寄り添えばカタチにしていけるかを色んな方向から考えるのはとても楽しいことではあります。

―― では現在の活動を行った結果、新たに手に入れたものや変化がありましたら教えてください。

家族に対して感謝ができる人になったと思います。
社会に出て働く大変さを知ったことで、主婦の世界では見えない世界が見えるようになり、主人に対しても感謝の気持ちが強くなりました。

また以前の私は、自分に自信がなく「私なんて」と不満だらけで、自分の中に「お母さんだから」という枠を作っていたのかなと思います。

自分の狭い枠から外に出て活躍する姿を子供たちは見てくれていて、大人も「夢が見られるんだ」「夢を叶えられるんだ」そんな風に応援してくれています
家の中で感謝の言葉や前向きな言葉が飛び交うようになりましたね。

そして嬉しかったのが、数年ぶりに会った高校時代の友人から、昔の私に戻ったみたいと言われたんです。
昔の私というのは、与えられた環境の中でいつも楽しむ方法をどんな時も考えている人だったようで。
確かに、自分で枠にはめてしまい息苦しかったのが、今は毎日ハードワークではありますが、それよりも毎日が充実していて楽しくやりがいを感じています。

「変わりたい」に寄り添ってサポートしていきたい

斎藤ともこ07

―― 最後に、今後の夢を教えてください。

私自身がそうだったように、小さなきっかけで変われることって必ずあると思うんです。
そして、小さなことをコツコツ続けていると、大きく変わることができるので、カラダを整えることや心を軽くすることのちょっとしたコツを健康管理と食事の両面から発信していきたいと思います。

とはいえ、一人で変わるというのは難しい。
だからこそ、どんな時もお客様のココロに寄り添ってサポートしていける存在でありたいですね。

そして女性が活躍して笑顔でいることは、周りも笑顔になり社会にエネルギーを与えられると思うんです。
笑顔と活力溢れる女性のチカラを地方から発信していきたいと思います。

―― 斎藤ともこさんにとって夢とは。

斎藤ともこ08

1 2

この記事のシャイニスタ

斎藤 ともこ
心とカラダを軽くするサロン「アリモッサム。」代表
斎藤 ともこ (さいとう ともこ)
夢を描こう♡誰かの笑顔を想像して行動すればそれは必ず実現する!!
シャイニスタNo.114 斎藤ともこ
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 川島智世
  • 國井兵太郎
  • 猪越英明
  • 星山千晶
  • 三宅 伸
  • 小林潤子
  • 宮崎ますみ
  • 林 晶子
  • 関村順一
  • 森口瑞恵
  • 西村史子
  • 山本美央

シャイニスタ一覧

チャレンジしている主婦&ママ「シャイニスタ」を紹介します。
  • 富田 よし子
  • 今藤 美穂
  • おしぶち ようこ
  • 浦田 遥
  • 橋本 まちこ
  • 田中 寿美
  • 久保田 邦美
  • 芳崎 欣子
  • 栗野 貞美
  • 三木 恭子
  • 井上 ゆかり
  • 西岡 さくら

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら

ページトップへもどる