アンガーマネジメントファシリテーター・下垣内信子さんインタビュー

アンガーマネジメントという、怒りの感情をコントロールする方法について講座を開講されているシャイニスタNo.111の下垣内信子さん。アンガーマネジメントを学ぼうと思ったきっかけや、その後のご自身の変化などについてお話を伺いました。
シャイニスタ
下垣内 信子
下垣内 信子 (しもがいと のぶこ)
一般社団法人日本アンガーマネジメント協会アンガーマネジメントファシリテーター™
シャイニスタNo.111 下垣内信子

なぜ、あなたは輝きはじめたのですか?

アンガーマネジメントという怒った気持ちをコントロールできることを初めて知った時は、衝撃を受けましたね。
当時は、母の介護で家族がイライラしていたり、やんちゃな三男に手を焼いたりしていた時期。
感情のコントロールについて学んだら家族に効果があるかもしれないと思い、学び始めたんです。
その結果、私の気持ちが楽になり、一番効果があったのは自分自身でした。
私がアンガーマネジメントをお伝えすることで、楽になる人が一人でもいたら嬉しいと思うようになり、講師の資格を取得して開講することにしました。

下垣内信子

怒った気持ちをコントロール!アンガーマネジメントファシリテーター下垣内信子さん

―― 現在の活動内容について教えてください。

大阪や和歌山を中心に、アンガーマネジメントという怒りの感情をコントロールする方法を学ぶ講座を開催しています。

例えば、怒る必要のないことで感情的に怒ってしまう方などはもちろん、自分がイライラしたり怒っていることに気付いていない方なども結構いらっしゃるんです。

そのようなイライラしてしまう感情への対処法を、テクニックとして学びましょうという講座になります。

下垣内信子01

さらに、日本アンガーマネジメント協会代表の安藤俊介とウォーキングドクターのデューク更家氏がコラボした『怒らない体操』を使った講座を開催。
体を使って怒りをコントロールすることを目的とし、ストレスで縮こまった体を伸ばして心も体もスッキリできる講座です。

また子供たちにもアンガーマネジメントを教えています。
小さいころから感情教育を学ぶ機会があれば、いじめを減らすことができると思いますし、大きくなってからも怒りの感情と上手に付き合えると思うんです。

特に子ども達へのアンガーマネジメントが大きな広がりとなって欲しいと思っていますので、自分で講座を開くと共にアンガーマネジメントキッズインストラクタートレーナーとして、子供向け講座を開催することのできるアンガーマネジメントキッズインストラクターの育成を目的とした講座も開催しています。

この春から中学校の道徳の教科書にアンガーマネジメントが紹介されるようになりました。今後も小学校や中学校でこのような流れが広まってほしいと思います。

下垣内信子02

そして中高生向けには、興味を持ってもらうためにカードゲームを使って怒りの感情を学ぶ講座を開催。
例えば同じ出来事に対して怒る人と怒らない人がいるように、自分と他の人とでは、怒りの感じ方がどのように違うのかといったところをゲーム感覚で学べる講座です。

他には、日本アンガーマネジメント協会関西支部が主催するイベントにスタッフ兼講師として参加することもあります。

人のために学んだアンガーマネジメントが自分に役立つ

下垣内信子03

―― 現在の活動を始めたきっかけを教えてください。

アンガーマネジメントというものを知ったのが、今から3年前の2016年頃。
当時、子供が通っていた小学校の教頭先生が、校内の新聞でアンガーマネジメントについて紹介されていたんです。
怒った気持ちをコントロールできるというアンガーマネジメントを初めて知って、衝撃を受けましたし詳しく知りたいと興味を持ちましたね。

ちょうどその頃、母が体を悪くして施設に入り、実家で同居する兄が介護していましたが、とても大変だと聞いていて。
ずっと介護をしている兄は、母に怒ってしまったり腹を立てたりすることもあって辛そうでした。

そんな時にアンガーマネジメントを知り、介護する人にとって役立つのではないかと思い勉強してみようと思ったんです。
また私の3人の息子の中では、三男が一番やんちゃ坊主で感情的になりやすいところがあったので、感情のコントロールについて学んだら、三男の役に立つかもしれないというのもありましたね。

―― 家族の役に立つかもと学んだアンガーマネジメントから、講座を開催することに決めたきっかけは何だったのでしょうか。

最初は、アンガーマネジメントを家族が実践すれば効果があるかもしれないというところから入りましたが、いざ始めてみると一番役に立ったのは自分自身だったんです。

それまでは自分は本来、怒りっぽい方ではなくどちらかというと穏やかな人間だと思っていました。
というのも、結婚前はJTBでツアーコンダクターとして多くのお客様と接していましたが、イライラすることもほとんどありませんでしたし。

しかし、実は思っていた以上に怒っていたことがたくさんあり、本当につまらないことで怒っていたという気付きが多くあったんです。
アンガーマネジメントを学んだことで自分自身がすごく楽になり、勉強して良かったと思いましたね。

私のように気持ちの持ち方が変わり楽になる人が一人でも現れたら嬉しいと考えるようになり、多くの人にアンガーマネジメントをお伝えしていきたいと思ったんです。
それでまずは、日本アンガーマネジメント協会認定のキッズインストラクターの資格を取得し、2018年にアンガーマネジメントファシリテーターの資格を取得しました。

1 2

この記事のシャイニスタ

下垣内 信子
一般社団法人日本アンガーマネジメント協会アンガーマネジメントファシリテーター™
下垣内 信子 (しもがいと のぶこ)
何歳になっても、「将来なりたいものは何ですか?」という質問に答えられる人でいたい。と思っています。
シャイニスタNo.111 下垣内信子
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 渡辺紀夫
  • 太田智子
  • 庭田真理子
  • 河合寧子
  • 蔵本武志
  • 萬代誓
  • 片山 香南
  • 清水 なほみ
  • 阪口珠未
  • 宮崎ますみ
  • 谷口 教子
  • 本橋 秀一

シャイニスタ一覧

チャレンジしている主婦&ママ「シャイニスタ」を紹介します。
  • 末川 牧子
  • 吉岡 さちこ
  • 彈正原 由紀
  • 吉川真実
  • 三原 麻弓
  • 廣田 玲奈
  • 大形 恵美
  • 川島 幸子
  • 白鳥 知恵
  • 田中 佐江子
  • 松嵜 まゆみ
  • こんどう ゆうこ

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら

ページトップへもどる