美容家ナース/「K.beauty」主宰・近藤吉美さんインタビュー

美容家ナース/「K.beauty」主宰として、アトピーやアレルギーの体質改善をサポートされているシャイニスタNo.107近藤吉美さん。ご自身がアトピーを発症し脱ステロイドするまでの経緯や、カラダと星座の関係についても話してくださいました。
シャイニスタ
シャイニスタNo.017 近藤吉美

支えられた分、これからは支える側になりたい

―― 現在の活動を始めたきっかけを教えてください。

8年前にアトピーを発症しましたが、脱ステロイドを経験し、今ではお肌がとても良くなりました。
実は病気を治す力というのは、精神的な部分が約9割も影響すると言われているんですね。
例えば、誰かがそばで支えてくれたり見守ってくれたりすると、自律神経が落ち着いてホルモンが分泌され良い方向に働きかけるというように。

近藤吉美04

これまで私は、たくさんの人に助けてもらい支えられて症状が改善していったので、今度は逆に人を支える側になって恩返しをしたいと思ったのがきっかけです。

とはいえ、講師になることは考えていなかったのですが、前の職場でお世話になった方がサロンを開くので「おまたぢから」のお話をしてほしいと声を掛けてくれて。
聞きたいと言ってくれる人がいるのなら、講師をやりたいなと思って引き受けたのが始まりです。

―― アトピーを発症されて脱ステロイドに行き着くまで、どのような経緯があったのでしょうか?

2011年に職場の改築工事の際にアトピーを発症し、顔の炎症を放置していたら、食べられなくなる程に悪化してしまったんです。
お友達にも患者さんにも心配されて、ようやく皮膚科へ行くと、原因は塵や埃、ハウスダストだと分かりました。

近藤吉美05

そしてステロイド治療を始め、症状が落ち着くとやめて、また現れたら使ってというのを約2~3年繰り返していたんです。
すると、ステロイドの副作用でどんどん体力が落ちてしまい、階段を登れなくなり字も書けない程になってしまって。

精神的にも病んでいき、心は引きこもり気持ちはネガティブに。
このまま仕事を続けてミスをしたら大変だと思い、まずは自分の身体を治そうと、2015年に看護師の仕事を辞めたんです。

そして自分なりに勉強をして分かったのですが、私のアトピーの本当の原因は、工事の塵ではなく自分自身の生活スタイルにありました。
当時は看護師という仕事柄、夜勤もありましたし、食事は短時間で済ませ、コンビニ弁当や出来合いのものがほとんど。

アトピーを根本的に治すには、生活習慣を改善し、食べ物を変えることが大切だと分かり、ステロイドをやめることにしたんです。

ステロイドをやめると症状は再発しましたが、精神的にはどんどん元に戻り調子が良くなりました。
そして、勉強したことを実践していくと、約2年後には体が変わったと感じられるようになり回復したんです。

脱ステロイドを決意させてくれた出会い

近藤吉美06

―― これまでに、転機となった人との出会いや出来事はありますか?

ステロイド治療中、体力的にも精神的にも弱ってしまった頃、これが一生続くのは嫌だと思い他の方法も探していました。
そんな時に、以前から憧れていた美容家の岸紅子さんの「Life is Beauty」という本に出会い、日本ホリスティックビューティ協会を知ったんです。

今まで自分で勉強してきたことの全てを知ることができると分かり、その協会へ勉強に行きました。
それが脱ステロイドを決意する転機となったんです。

ホリスティックというのは、人のカラダ全体を見ていくことで、環境や自然、もっと広く地球や宇宙といった所まで混ぜ合わせて考えます。
その中で、その人にとって一番良い選択をしていくというものです。
もちろん薬も選択肢の一つですが一時的なものとして捉え、本来は治るように出来ている体の機能を信じて諦めなければ夢がかなうと学びました。

そして、協会のイベントにゲスト出演されていたのが、代替医療師のVanillaさん。
Vanillaさんは、免疫学や自然療法、アトピーについて全国や海外に向けて発信されている方で、私のアトピーについても学べると思い、この方の講座を1年間受講したんです。
そして星座とカラダの関係についても学びました。

近藤吉美07

すると、どうして自分の身体がこうなったのかが分かって、節々当てはまったんです。
全てを知って納得したら、まずは自分に対して「ごめんね」って思いましたね。
私が勝手に師匠と思っているこのVanillaさんの理論は、私の講座のベースになっているんです。

そして、もっと医療的なことが知りたいと思い、日本ホリスティック医学協会に最近入会しました。
ここでは、セラピーやアロマ、ハーブや薬、環境といったさまざまな分野の情報を医療従事者で共有しています。

また、仕事を辞めるタイミングで旦那さんに「結婚しよう」と言ってもらえたことも転機ですね。
結婚を機にそこから人生がどんどん好転していったので、旦那さんには助けてもらっています。

―― では、現在の位置にたどり着くまでに起きた、試練がありましたら教えてください。

ステロイドの副作用で体力が落ちてしまった時、スノーボードや山登りなど好きなスポーツも出来なくなって辛かったですね。
そしてステロイドをやめると、発症時よりもひどい炎症を起こしてしまい、顔中痛くて眠れないし血だらけになるし大変でした。

顔なので女の子としては致命傷で、大好きなお化粧もできないことは悲しかったです。
今後も試練は繰り返し現れるかもしれませんが、例えば集客にしてもそれは自分との闘いだと思っています。

無意識に自分がブロックしている何かがあると思うので、それを外せば上手く行くと思いますし、そんな時には自分を見つめ直す必要があると思うんです。
アトピーもそうなんですが、自分と向き合わないと治らないし見過ごしていたら治りも遅くなってしまう。
それは自分次第なので、これからも私は解決していくんだろうなって思っています。

―― 現在の活動を行った結果、ご自身に何か変化がありましたでしょうか?

以前は、人前で話すことが苦手で、講師をするなんて考えられませんでした。
エレベーターでは隅っこにいるようなタイプで、遠慮がちな方だったので。
でも、自分の好きなことだったら人前でもお話しが出来るんだって分かりましたし、伝えられるようになりました。

そして肌も治ってきて、友人に会うたびに「肌良くなったね」と言ってもらえることが自信につながっています。
自分はアトピーを治せたんだっていう自信を持てるようになったのは大きいですね。

安心できる食べ物やコスメのお店を持ちたい

近藤吉美08

―― 最後に、今後の夢を教えてください。

アトピーやアレルギー、お肌トラブルで悩んでいる方に、カラダの素晴らしさを知ってもらい、諦めなければ治ることを知ってもらいたい。
また、そういった方が安心して購入できたり、食べられたりするお店を出したいと思っています。

食べ物に限らず、コスメなど安心して肌につけられるものを提供していきたいですね。
口から食べたものは肝臓を通して解毒されますが、お肌から経皮吸収されたものは直接血液に入るので、より注意が必要なんです。
治るまでの長い期間をどう楽しむかがテーマになってくるので、いつかそのようなお店を持てたらいいですね。

―― 近藤吉美さんにとって夢とは。

近藤吉美09

1 2

この記事のシャイニスタ

近藤 吉美
私がアトピー脱ステロイド経験から学んだことは、自分を信じて諦めなければ、カラダは必ず応えてくれるということです。ですから、自分を信じて、チャレンジしてください。
シャイニスタNo.017 近藤吉美
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 宮崎ますみ
  • 飯沼 暢子
  • 小野 弓子
  • 吉田 容之
  • 大柳 珠美
  • 太田智子
  • 小川大介
  • 山本ユキコ
  • 近川 樹美恵
  • 坂本優子
  • 泉 千恵
  • 佐々木恵一

シャイニスタ一覧

チャレンジしている主婦&ママ「シャイニスタ」を紹介します。
  • 仲妻 よし子
  • 上野 由美子
  • 三村 由紀子
  • 北村 智子
  • 吉村ゆき
  • こうやま 陽子
  • 矢野 麻衣子
  • てらだあさこ
  • 大塚 裕美
  • 北田 花恵
  • 吉川 智春
  • 藤長 ともみ

人気記事ランキング

 

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら

ページトップへもどる