グルテンフリーお料理教室「farine」講師・冨井聖子さんインタビュー

グルテン過敏症やアレルギーがある方でも楽しめるお料理教室を開きながら、グルテンフリーを広める活動に力を入れているシャイニスタNo.064冨井 聖子さん。 現在の活動に至るまでに起こった様々な出来事や、グルテンフリー料理への想い。今後の展望について詳しくお伺いしました。
シャイニスタ
冨井 聖子
冨井 聖子 (とみい せいこ)
グルテンフリーお料理教室「farine」講師
シャイニスタno.064冨井 聖子

なぜあなたは輝きはじめたのですか?

自宅でパン教室をしていたのですが、当時3歳だった娘にグルテン過敏症が発覚。
そこからパン教室を辞め、グルテンフリーに関する勉強をしてグルテンフリーのお料理教室を開くことになりました。

グルテンフリーやアレルギーフリーでもお料理やお食事を楽しむことができます。
子どもにアレルギーがあると落ち込んだり、いろいろな我慢があったり、と思われがちですが、お料理やお食事を楽しめる自分自身の経験を通して、多くの人にもその楽しみを伝えていきたいと思うようになりました。

冨井聖子

お料理教室「farine(ファリーヌ)」を通してグルテンフリーを広める冨井聖子さん

―― 現在の活動内容について教えて下さい。

グルテンフリー(小麦などに含まれるたんぱく質グルテンを除いた食事法)を広めるために、米粉を使ったパンやスイーツをはじめとする、グルテンフリーメニューのお料理教室をしています。

冨井 聖子07

小麦や卵、乳も不使用で、アレルギーにも対応している他、ヴィーガン(卵や乳製品なども摂取しない完全菜食主義)やマクロビオティック(玄米などを中心に、野菜や豆類、海草などをバランス良く食べる長寿を意識した食事法)にも対応しているので、お料理や食べ物に不安のある方でも、安心して参加できるようになっています。

現在は大人の方だけではなく、4歳から小学生対象の「おうちシェフ」という子供向けお料理教室も月1回開催しています。

冨井 聖子02

また、遠方だけど学びたいという方に向けて、通信講座も行っています。

私自身が米粉パンを通信講座で習っていたので、その経験を参考にしながらより良い通信講座になるよう工夫しています。
もし失敗しても恥ずかしくないようにグループワークを一切無しにしたり、レシピに失敗したときの対処法なども詳しく記したり、ほとんど質問をしなくても自分でできるようなレシピにしています。
通信講座でも楽しめるために、うまくいかない・わからないなどが無いよう考えています。

他には、グルテンフリーのスイーツを月に1回通信販売しています。

冨井 聖子03

グルテンフリーのお料理を作り始めた当初は、みんなに知ってもらいたかったので、スコーンやグラノーラなどをお友達やいろんな人にプレゼントしていました。
そしたら、「毎月これ食べたいから売ってよ」っていう声があったんです。
そこから、通信販売を始めました。

グルテンフリーを広める活動としては、この3つが主です。

―― その他にも何か特別な活動をされていますか?

メンタルコーチングのアカデミーを行っています。
子どもが小麦を食べられないと知ると、気持ち的に苦しくなる人が多いんですよ。

疲れて帰っても小麦が入っているかもしれないから、お惣菜を買って楽をすることも出来ないし、外食だって気軽には出来ません。
そして、子どもがアレルギーになったのは、自分の責任だと思い込むママが多いんです。

冨井 聖子04

自分が妊婦のときに気をつけたら、大丈夫だったのかな?と自分を責めてしまう。
そんな思いをしているママたちに、落ち込む必要はないんだよ、ということを伝えていきたいなと思ったのがきっかけです。

また自分自身、チャレンジするのが怖くないんです。
失敗してもそこから学べば失敗じゃないと思うので。

そのため、アレルギーなどで悩んでいるママや、サロンのオーナーさん、あらゆる仕事の人間関係に悩んでいる人に向けて、どうすれば一歩前に踏み出すことができるのか、落ち込んだときに気持ちを切り替えることができるのか、それをお伝えしています。

娘にグルテン過敏症が発覚

冨井 聖子05

―― グルテンフリーを広める活動をしようと思ったきっかけはなんですか?

娘が3歳のときに、グルテン過敏症が発覚したことです。

もともと栄養士として働いていたとき、育休中に友達からお願いされて、パンの作り方を教えていたんです。
それが好評だったので、育休明けに会社を退職し本格的にパン教室を始めました。

その後、教室を開催していると「テレビでやっていたマクロビって何?」「糖質オフって何?」と、質問をされることが多くなったので、食や健康について深く勉強するようになりました。

そんなときに、フォーブス弥生さんの著書「2週間小麦をやめてみませんか?」に出会ったんです。

それまでは、娘を育てにくいと感じ子育てに悩んでいました。
全然寝ない子だったし、時々お腹が痛いと言ってかがむことがあったんです。
でも、すぐに元気になって遊んでいたので、2番目の子だったし、嘘をついていると思っていました。

「ママ私を見て」というアピールだと思っていたんです。
だから自分の愛情不足なのかなと悩むことも。
定期健診でも、成長曲線通り成長しているので何の問題も無いですと言われたんですけど、なんか違うなとずっと思っていました。

そしたら、本に書かれている症状が娘に8割当てはまったんです。

違っていたらどうしようと少し悩みましたが、旦那に「とりあえず、やってみたら?」と後押しされて、グルテンフリーチャレンジをすることに。

結果、驚くほど症状が改善されたんです。

そこから小麦を使うパン教室を辞め、グルテンの勉強をして数ヵ月後2017年の4月にグルテンフリーのお料理教室としてリニューアルオープンしました。

子どもが粘土みたいにパンをこねられることが売りだったパン教室が、突然アレルギー対応のお料理教室に変わり、ターゲットとなるお客様も変わることに。
集客には苦労しましたが、ホームページを作ったり、SNSや電子書籍で想いを発信したり、できることから少しずつやっていきました。

―― お客さんが来るようになったと思う転機はありますか?

全部のアレルギー対応にしたことですね。
はじめは「小麦以外のアレルギーには対応していませんか?」というお問い合わせをいただくことがあっても、「していないんです」と応えているだけでした。

でもよく考えたら、その問い合わせが多いことに気付いたんです。
そこからマクロビの先生に、卵・乳無しで作れる料理を習いにいきました。

そして2017年の9月に、7大アレルギー対応の教室を開始。
それまではパートと教室を両立していたのですが、これをきっかけにパートも減らして本格的にやっていくことを決めました。
通販や通信講座を始めたのもこの時期です。

1 2

この記事のシャイニスタ

冨井 聖子
グルテンフリーお料理教室「farine」講師
冨井 聖子 (とみい せいこ)
育てにくい子は、ママの愛情不足が原因じゃなくて、食べ物のせいもあります。食を見直すだけで、育児が楽になり、生きやすくなることもあるんです。
シャイニスタno.064冨井 聖子
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 星山千晶
  • 勝山昭人
  • 加納 信子
  • 米山絵美
  • 片山 香南
  • 永森咲希
  • 大柳 珠美
  • 小日向 るり子
  • 立川雅之
  • Acky→
  • 西條 喜博
  • 飯沼 暢子

シャイニスタ一覧

チャレンジしている主婦&ママ「シャイニスタ」を紹介します。
  • 木戸 彩
  • 北秋 愛子
  • 幟建 由佳
  • 永井 友理
  • こんどう ゆうこ
  • 大坪 さやか
  • 羽藤 千恵
  • 冨井 聖子
  • 田中 寿美
  • 吉川真実
  • 﨑元 宏美
  • 中村智江

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる