ハワイアンリボンレイ教室「Ka noe lani Hawaiian Ribbon Lei」主宰・リボンレイインストラクター/田島宏美さんインタビュー

ハワイの花飾り(レイ)をリボンやビーズ等で作成するハワイアンリボンレイ。 日本ではまだ数少ない公認インストラクターとして教室を主催し、認知度を上げるために活動しているNo.063の田島宏美さん。ハワイアンリボンレイとの出逢いや今後の目標についてお話を伺いました。
シャイニスタ
田島 宏美
田島 宏美 (たじま ひろみ)
Ka noe lani Hawaiian Ribbon Lei主宰
シャイニスタno.063 田島宏美

なぜ、あなたは輝きはじめたのですか?

趣味としてはじめたハワイアンリボンレイでしたが、父の病気、死に直面した際、悲しみと空虚感を癒してくれたのがリボンレイでした。
出産・育児期間を過ごす中で、目に飛び込んできたインストラクターのチラシを見て「これをやる」と直感的に感じて以来、本格的に勉強をはじめ、公認インストラクターの免許を取得。
そして現在の活動につながっていきました。

田島宏美

リボンレイクラフトを伝える!ハワイアンリボンレイ公認インストラクター田島宏美さん

―― 現在の活動内容について教えていただけますか?
ハワイアンリボンレイという身の回りの材料を使った花飾り(レイ)やリースなどを作る教室Ka noe lani Hawaiian Ribbon Lei (カノエラ二ハワイアンリボンレイ)を主催しています。
田島宏美01
ハワイアンレイはハワイの伝統文化のひとつですが、生花を使ったレイはたくさんの花を摘み取る必要があります。
そこで、自然を守るために何かで代用できないかと、考えられたものがハワイアンリボンレイなんです。

自然を守ることはもちろん、傷むことがほとんどないため半永久的に保存ができる事、リボン、布、毛糸、木の実や木ビーズなどを使って作ることで日持ちがするので、製作もゆっくりできるのが特徴です。

予約制の自宅教室では週に3~4日、他にカルチャースクールでのレッスンも定期的に行っています。
また家庭教育学級での講師や、ワークショップなどイベントに出展することもあります。

ハワイアンキルトからリボンレイの道に

田島宏美02

―― 現在の活動を始めたきっかけを教えてください。

以前は歯科衛生士として働いていたのですが、その頃からハワイアンキルトや小物作りは趣味のひとつとしてありました。
その後結婚し29歳で出産したのですが、ライフスタイルが変わっていく中でもハワイアンクラフトへの興味は深まっていき、そこから生花を使わず身近にあるリボンや木の実などを用いて表現する「リボンレイ」の分野を知りました。

その後、インストラクターという道を目指し、東京まで毎月勉強に通う日々を経て、資格を取得、念願のハワイでお免状をいただくこともできました。インストラクターとして活動すべく、教室をスタートさせ現在に至っています。

カフェのチラシから、運命的なタイミングが重なって

―― 現在の活動をする中で、転機となった人との出会いや出来事はありますか?

出産直後に父を急に亡くし、精神的にも支えを失ったことも重なり、体調を崩してしまった時期がありました。
私にとって、その期間は記憶がなくなってしまうくらいツライ状態だったのですが、ハワイアンリボンレイを作ることは心の癒しになっていました。

ハワイアンリボンレイのおかげで生き返ったというか…自身の息を吹き返し、その時期を乗り越えられたと思っています。

―― インストラクターという道に進もうと思ったのもその頃ですか?

娘が1歳になる月に、たまたま入ったカフェにインストラクターコースのチラシが置いてあったんです。
その時の気持ちを言葉にするのは難しいのですが、それを見た瞬間になぜか「これをやる」と直感的に思いました。

田島宏美03

とはいえ、育児中で日々に追われ、申込をするまでにはしばらく悩んでいたのですが紆余曲折あり、ハワイアンリボンレイの創案者キャロルミト先生のお弟子さんで、ハワイ在住の石丸よしみ先生が東京で講座を開講されるタイミングに、思い切って受講することにしました。

それからは月に1回東京まで通い、1日に6~7本の作品を意欲的に習いました。
結果、約1年でお免状をいただくことができました。

―― 本場であるハワイにも行かれたのですか?
はい、どうしてもキャロル先生から直接お免状をいただきたいと思い続けていたら、日本でお免状をいただいた翌年にはチャンスが到来し、母と娘と一緒にハワイに行くことができました。

よいタイミングが重なって想いが叶った、という感じがしています。
よしみ先生とキャロル先生に囲まれて撮った記念写真は宝物です。

1 2

この記事のシャイニスタ

田島 宏美
Ka noe lani Hawaiian Ribbon Lei主宰
田島 宏美 (たじま ひろみ)
好き、が一番の武器です。それがすべての困難を可能にしてくれます。
シャイニスタno.063 田島宏美
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 谷口 教子
  • 大澤康典
  • 小野 弓子
  • 小山智子
  • 加納 信子
  • 太田智子
  • 小林潤子
  • 清水 なほみ
  • 阪口珠未
  • 吉田 容之
  • 小松美和
  • 河本 奈緒(はなお)

シャイニスタ一覧

チャレンジしている主婦&ママ「シャイニスタ」を紹介します。
  • 佐藤 珠代
  • 奥田 佐智子
  • 松嵜 まゆみ
  • 上田 倫子
  • 岩城 美穂
  • 後藤 真弓
  • 久保田 邦美
  • 小林 理恵子
  • 首藤 美幸
  • 今藤 美穂
  • 村松 文子
  • 西岡 さくら

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら

ページトップへもどる