野菜ソムリエプロ・荒川雅子さんインタビュー

野菜の専門家である、野菜ソムリエプロとして幅広く活躍中のシャイニスタNo.058 の荒川雅子さん。食に関心を持ったきっかけから資格を取得するまでの経緯、活動内容、将来実現させたい夢などお話を伺いました。
シャイニスタ
シャイニスタNo058 荒川 雅子

ある生産者との運命的な出会い

荒川 雅子 04

―― 何がきっかけで、実際に資格を取り仕事にしようと思ったんですか?

地元神戸で移動販売の八百屋をしている友達が紹介してくれた、丹波で農家をしているあるご夫婦との出会いです。
その方達はKOM`S FARM(コムズファーム)という名前で活動されていて、無農薬・無化学肥料で野菜を作り、口コミで個人向けに販売していました。

早速申し込みをして、自宅に届いた野菜を見た時に衝撃を受けまして。
完全無農薬野菜のイメージを覆す見た目の美しさに加え、食べると本当に美味しくて、世の中にそこまで知られていない事が勿体無いと思いました。

その時に、こうした生産者の方達を世間に紹介していく事も、野菜ソムリエの重要な仕事なのでは無いかと感じたんですね。

その出会いから数ヶ月後、野菜ソムリエ協会の説明会に行ったところ、まさに自分が理想とする活動内容で。
また、ちょうど翌週から講習がスタートするというタイミングだった事もあり、何か運命的なものを感じてその場で受講する事に決めたんです。

―― ご夫婦との出会いが大きな転機となったんですね。
他にも、転機となった出会いがあれば教えてください。

人が人を繋げてくれている、と実感できる出会いはたくさんありましたね。
野菜ソムリエプロの資格を取得後、規模の小さい新規就農者を応援している京都の企業「坂ノ途中」を友人に紹介してもらったんです。

荒川 雅子 05

その場所を借りて、京都の亀岡でパンを作っている友人と共に、そこの野菜を使ったパンに合う料理を提供するイベントを数回開催しました。

甲子園のママたち向けサロン、西宮ママ倶楽部のWis.♡salonを運営している友人の元でもニーズがありそうだったので、同じようなパンと野菜のコラボイベントを再び開催することに。

こうしたイベントを通して、野菜への関心を少しでも持っていただけたと思います。

また、フローリストとして活躍している友人から一緒に何かしたいと声をかけてもらい、公民館で30人ほどのお客様に対して花と野菜のセミナーを行った事がありました。
その時は、夏場だった事もあり、旬野菜のトマトについて話をしたんです。

すると、年配の男性などそれまで全く関わりの無かった層の方から「トマトにこんな歴史や背景があるなんて知らなかった」と言うお声を頂き、物凄くやり甲斐を感じたんですね。
それまで、イベントと言っても主婦など野菜に関心のある人しか来ない事が殆どだったので、その時の反響がとても新鮮で。

野菜ソムリエプロとして、野菜に興味が無い人達にも関心を持ってもらう、と言う新たな使命感が芽生えた出来事でした。

―― 現在に至るまでに起きた、最大の試練は何でしたか?

野菜ソムリエプロの資格を取る為の受験勉強です。
合格するには、ただ単に野菜の知識を深めれば良いというだけでは無く、社会情勢や流通の事など本当に幅広く勉強しなければならなくて。

荒川 雅子 06

若い頃と違って記憶力は落ちていますし、なかなかはかどらず本当に苦戦しました。
しかし、ちょうど娘が中学受験を控えている時期で、母親の頑張っている姿を見せたいという思いもあり、一緒に勉強出来たのがタイミングとしては良かったですね。

また、身体に入る食べ物の情報を紹介する以上、絶対に間違った内容を載せる訳にはいきません。発信する時は毎回緊張しますし、神経がすり減る作業です。
これに関しては今後も続く課題であり、プロとしての責任感を持って常に正しい最新情報を勉強していかなければと思っています。

―― 野菜ソムリエプロとして活動する中で、荒川さん自身に何か変化はありましたか?

以前は積極的に自分から行動する方では無かったのですが、一歩踏み出さなければ何も広がらないと思い、異業種交流会への参加など新しい出会いを求めて動くようになりました。
実際に色んな人と接するようになると、自分は意外と芯が強い人間なんだと言う事が分かったんです。

そして、人に対して的確なアドバイスが出来る自分を新たに発見し、その素質を伸ばして今後の活動に活かしたいと思うようになりました。
そのように自分を見つめ直し再確認する事で、野菜ソムリエプロとしてもっと飛躍して行きたいと言う揺るぎない意志へと変わって行きましたね。

信頼されるアドバイザーになりたい

荒川 雅子 07

―― 最後に、今後の夢を教えてください。

「この人の言う事ならば試してみよう」と思ってもらえるようになる事。
主婦という生活者に近い立場の野菜ソムリエプロとして、これからも情報を発信していきたいです。

また、子供達が完全に巣立った後に実現したい夢がもう一つ。
妹が二人いるんですが、一人は一級建築士として空間デザインの仕事を、もう一人はパティシエと、二人とも手に職を持って活躍しているので、将来的に姉妹三人がそれぞれの経験を活かして、何か面白い事ができる場所を作りたいと考えています。
それまでは、家庭と両立しながら日々精進ですね。

―― 荒川雅子さんにとって夢とは
荒川 雅子 08

取材・文/Ayako Sugimoto

1 2

この記事のシャイニスタ

荒川 雅子
来たるべきタイミングに道は開けて、縁が繋がっていきます!思いさえあれば!
シャイニスタNo058 荒川 雅子
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 阪口珠未
  • 猪越英明
  • 本橋 秀一
  • 髙橋美穂
  • 加納 信子
  • 小森 聡子
  • 小林 恵里子
  • 大柳 珠美
  • 清水 なほみ
  • 参納初夏
  • 小山智子
  • 岡井 有子

シャイニスタ一覧

チャレンジしている主婦&ママ「シャイニスタ」を紹介します。
  • 藤田 一香
  • 戸田 美保子
  • 白鳥 知恵
  • おしぶち ようこ
  • 井上 やすこ
  • 永井 友理
  • 高柳 なえか
  • 上田 倫子
  • 小川太美子
  • 谷澤 明子
  • 﨑元 宏美
  • 小宮 悦子

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる