『シャディ サラダ館西神平野店(ココロカラギフト)』ギフトコンシェルジュ・谷崎仁子さんインタビュー

『シャディ サラダ館西神平野店(ココロカラギフト)』で、ギフトコンシェルジュとして活躍中のシャイニスタNo.50の谷崎仁子さん。 ギフトコンシェルジュを始めたきっかけから家族と共に歩んだ現在に至るまでの道のり、ギフトに向けた強い思いまでを伺いました。
シャイニスタ
谷崎 仁子
谷崎 仁子 (たにざき よしこ)
ギフトコンシェルジュ

なぜ、あなたは輝きはじめたのですか?

ギフトの仕事を10年くらいした頃でしょうか。
人と人の心を繋ぐ大切なツールであるギフト選びの楽しさを、もっとお客様と分かち合いたいと思うようになりました。
そこで商品の勉強はもちろんのこと、什器のセレクトから店内のレイアウト、商品のディスプレイを研究し始めたんです。
そうするうちに私の中で少しずつ「私流ギフトのカタチ」が出来上がってきました。

谷崎 仁子

ギフトで人の心と心をつなぐ!ギフトコンシェルジュ・谷崎仁子さんが提案する贈り物のカタチ

谷崎仁子 活動05
──現在の活動について教えてください。

株式会社タニザキの中で、私はギフト部門「ココロカラギフト サラダ館西神平野店」を運営しています。
店内はギフトコーナーだけでなく、手作り雑貨コーナーや気軽に立ち寄れるカフェスペースも併設していて、毎週雑貨の作家さんたちによるイベントも企画開催しています。

──現在の活動を始める前は、どのようなお仕事をされていたんでしょうか。

アパレルの株式会社ワールドに30歳まで働いていました。
神戸の本社に22歳で入社してすぐブランドの販売促進に携わりました。
海外でのカタログ撮影に同行したり、小売店様でファッションショーを催したり、新店舗のキャリーバッグなどのツールをデザインしたり。

27歳で東京に転勤後は販売促進課で培ったノウハウを実践する場として、大型ショッピングモールの店舗の営業担当もさせていただきました。
この経験は、今のショップ運営の礎になっていると思います。

──そこから現在の活動を始められたきっかけは何だったんですか。

父が経営する会社への入社がきっかけでした。
私は2人姉妹の長女だったんですが、28歳のときに同じ会社の先輩と結婚することになったんです。
そして、その時に父親が出した結婚の条件が「家を継ぐこと」でした。

その話が出たときは、跡取り娘になることへのプレッシャーと同時に、まだ興味が持てない父の会社を継ぐということへの不満が先に立ちはだかりましたね。
そのときはまだギフトの仕事に限界を感じていたし、こんな田舎で商売なんてこの先続けられるんだろうかと不安だらけでした。

ただ東京で共働きをしながら子どもを育てるよりは、私の両親もいる神戸のほうが子どもにとってはいいのかなとは思いました。

谷崎仁子 活動01

私はそのように悩んでいたんですが、先に決断したのは夫でした。
夫はきっぱり決断したようで、私より先にスパッと仕事を辞めたんです。

その夫の行動で私も父の仕事を受け継ぐ覚悟を決めて、神戸で現在の仕事を始めることになりました。

ギフトと人をつなぐアイデアで壁を打破

谷崎仁子 活動07

──活動を始めて最初にぶつかった壁はどのようなものでしたか。

いざ働き始めたものの、ギフトショップとしての将来像が見えなかったことが最初の壁でしたね。
お客さまが注文された商品をただただ包んで送る…本当にギフトってこれでいいのかなと思ったんです。

そして、ギフトってもっと人の心と心をつなぐものなんじゃないかと考え始めるようになりました。

──その壁をどのようにして乗り越えられたのでしょうか。

前職で担当店舗の売上アップのため、何かアイデアはないかと考えたことがありました。
そして時間帯ごとに客層が違うことに着目し、それぞれの客層にアピールできるように1日のうち時間帯によってディスプレイを変えるよう提案しました。

また格好良すぎて真似できないようなディスプレイではなく、触れてみたい・着てみたいと思ってもらえるようなディスプレイをショップスタッフ自らが手掛けるようにしたところ、大成功したんです。
その時に自分の中で確立したのが、「ダメかもわからないけれど、やってみなきゃわからないことはトライしてみよう」というスタンスでした。

当時の発想や経験を思い出し、それまでの什器を外したり商品のレイアウトを変えたりと動いていくうちに、自分の中でギフトのカタチが変わり始めていきました。

谷崎仁子 活動06

シャディにも什器やディスプレイの相談はできるのですが、本当に納得できる空間をつくるために什器などは自分たちでとことん探しました。
よく他のサラダ館と違うと思われるのは、そんなこだわりもあってのことだと思います。

それと、当初は箱から商品を出す勇気がなかったんですが、もっと商品に触れてもらえるようにするため思い切って箱から出すディスプレイもするようになりました。

商品自身が自分の魅力を語ってくれるようなディスプレイにするにはどうしたらいいか、楽しみながら考えるようになったんです。
すると不思議なことに、並べた瞬間に手にとってもらえる商品が出始めるようになりましたね。

──アイデアで最初の壁を打破されたんですね。カフェを併設する店舗形態とされたのも、谷崎さんのアイデアだったんでしょうか。

そうですね。
カフェを併設した理由は、ギフトを買う時だけじゃなく、悩んだことや話したいことがあればいつでも気軽に来られるような空間をつくりたかったから。
それと、ギフトをきっかけにして常に何かのカタチで結びついていられればと思い、店内でのイベントもスタートさせました。

実際に店舗で雑貨を委託されている作家さんと一緒に企画し、さまざまなイベントを開催し続けています。

谷崎仁子 活動04

お店自体は今の形態にするまで19年営業していたのですが、その頃は地域の方たちの来店がほとんど。
けれど今は、イベントやインターネットでの注文などをきっかけに、遠くに住んでいる方たちも来店されるようになり嬉しく思っています。

──具体的に、どのようなイベントを開催されているのでしょうか。
ハンドメイド子供服『Favorite-フェイバリット-』の作家である財田ゆう子さんと開催したイベントでは、ファーストスタイ教室を行いました。
谷崎仁子 活動03
スタイづくりをしながら子育ての話や相談をすることで、参加したお母さんたちの気持ちが安らぐような交流の場を提供したいという思いで始めたイベントでしたね。

またそれで終わるのではなく、その後の子供の成長にあわせて、ミシンの使い方からレクチャーするショートパンツ製作のイベントも開催。
この春には、入園入学応援企画として、レッスンバッグをミシンで縫うイベントも計画中です。

ショートパンツ作成イベント

このように、常に色々なことを発信していける店舗であり続けたいと思います。

1 2

この記事のシャイニスタ

谷崎 仁子
ギフトコンシェルジュ
谷崎 仁子 (たにざき よしこ)
子育て中でも自分の夢に向かってできる準備はきっとあるはず。少ない時間も無駄にしないで、いつか夢を掴んでくださいね。
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 庭田真理子
  • 井元 雄一
  • 小林 恵里子
  • 山本美央
  • やぐちくみこ
  • 西尾 節子
  • 加納 信子
  • 大澤康典
  • 山崎 麻峰
  • 河本 奈緒(はなお)
  • 小松美和
  • 橘凛保

シャイニスタ一覧

チャレンジしている主婦&ママ「シャイニスタ」を紹介します。
  • 小賀真紀
  • 後藤 真弓
  • 大坪 さやか
  • 谷崎 仁子
  • 白鳥 知恵
  • 中村智江
  • 新田佐和子
  • 谷澤 明子
  • 人見 麻衣
  • 木戸 彩
  • 羽藤 千恵
  • 藤原 智加

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる