お米屋さん『トラとウサギの茶飯事』店主・城直子さんインタビュー

お米屋さん「トラとウサギの茶飯事」を経営しながら、5ツ星お米マイスターとして活動するシャイニスタNo.048の城直子さん。 やりたいことに辿り着くためには、自分から動くことが大事。城さんが今そう思うに至るまでのお話を伺いました。
シャイニスタ
城 直子
城 直子 (しろ なおこ)
5ツ星お米マイスター
シャイニスタNo048 城直子

なぜ、あなたは輝きはじめたのですか?

同年代の⼥性たちが楽しそうに働いている姿がまぶしくみえ、⼈との繋がりをたくさん持っていることを知りました。
私は働いているとはいえ、⼈との付き合いも繋がりもほとんどなかったので、世間知らずだということに気がつきました。
そこから私も、彼⼥たちのようになろうと行動しはじめました。

城直子

お米と高知の魅力を伝える5ツ星お米マイスター!「トラとウサギの茶飯事」店主・城直子さん

城直子 活動内容01

── 現在の活動内容について教えてください。

大阪の堺市で夫と共にお米屋さんを経営しており、全国から取り寄せたこだわりのお米と、高知県から取り寄せている販売しています。
2015年10月に開業し、現在は2年半ほどたったところです。

開業後に5ツ星お⽶マイスターの資格を取ってからは、この資格を持つ⼥性が少ないこともあり、お店の外での活動にもお声掛けいただけるようになりました。
お⽶コンテストでの審査員をさせて頂いたり、TOSHIBAさんの炊飯器のパンフレットに出させて頂いたりといったお仕事もさせて頂いてます。

城直子 活動内容05

── お店ではお米だけでなく、高知県の商品も扱っているのですか?

私の出身が高知県なんです。
お⽶と⼀緒に私の⼤好きな⾼知のおいしいモノを、アンテナショップのような感じで100種類ほど販売しています。

── 5ツ星お米マイスターの資格を取得するには、どのような知識が必要なのですか。

お米に関する幅広い知識を持ち、米の特性(品種特性、精米特性)、ブレンド特性、炊飯特性を見極めることができ、その米の特長を最大限に活かした「商品づくり」を行い、その米の良さを消費者との対話を通じて伝えることができる知識が必要です。

城直子 活動内容03

── しっかりとした知識を身に付けていないと取れない資格なのですね。

そうですね。
3ツ星お⽶マイスターの資格を取得していたのですが、それに⽐べるとかなりハードルが
⾼い資格です。

── 女性の5ツ星お米マイスターが少ないということですが、何人くらいなのでしょうか。

大阪全体で5ツ星お米マイスターが50名ほど、そのうち女性は5名ほどです。
⼥性の5ツ星お⽶マイスターはとても少ないので、⾃分の想像よりも早く、以前からやってみたいなと思っていた
お仕事を頂けたのには驚きました。

実家を離れて大阪でお店を開くまで

城直子 取材02
── 現在のお店を始める前は、何をされていたのか教えてください。

⼤学卒業後は⾼知県内の銀行に就職し、2年ほど勤めた後に結婚退職しました。
結婚してからは、夫の地元の⼤阪で暮らしていましたが、 いつかは⾼知に戻り家業の⽶屋を継ぎたいなと思っていたこともあり、⾼知に戻ることに。
そこから14年ほど、⼦育てをしながら私の実家の⽶屋で仕事をしていました。

── では、大阪で新たにお店を始めたきっかけは何だったのでしょうか。

きっかけは、実家を離れて⼤阪に引っ越ししたことです。
これから何をしようかと考えたときに、私も主⼈も強みはお⽶の知識があること、お⽶の美味しさやご飯を食べる楽しさを伝えたいと思い⾃分たちのお店を開業することにしました。

── 家業を継ぐために戻った高知をまた出るというのは重い決断だと思うのですが、そこに至るまでを詳しくお聞きしてよいでしょうか。

実家で働き始めて10年ほど経ったころ同年代の⼥性経営者の⽅にお会いすることがあり、
「私と彼⼥は歳もそんなに変わらないのに、なぜこんなに違うの?」と思ったことがありました。
私は働いているとはいえ、家業の手伝いをしているという感じで。
⼀⽅彼⼥はしっかりと仕事をしている経営者という印象でした。
城直子 取材04

その後、⼥性経営者の集まるランチ会などに誘って頂くようになり、「こんな世界があるのか」と衝撃でした。
そこに集まっている同世代の⼥性たちは、皆ばりばりと仕事をしていて。
⾼知では男勝りの⼥性のことを「はちきん」というのですが、まさに、はちきんが私の周りには多く、とてもステキだなと思っていました。
同時に、私の住んでいる世界はなんて狭いのだろうと思いました。

── もっと人との付き合いや繋がりが必要だと思われたんですね。その後はどのようにされたのですか。

経営者の勉強会に参加するようになりました。
学んでいくうちに、社長の経営⽅針と私のやりたいことが合わないことがわかり、実家をでることに。
⾼知を離れ、主⼈の実家のある⼤阪に引っ越すことにしました。

1 2

この記事のシャイニスタ

城 直子
5ツ星お米マイスター
城 直子 (しろ なおこ)
やりたいと思ったことは行動するとかならず出来る
シャイニスタNo048 城直子
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 松原好克
  • 岡井 有子
  • 徐大兼
  • 福谷信治
  • 大澤康典
  • 島谷美奈子
  • 篠塚和正
  • 猪越英明
  • 山本里佳
  • 佐々木恵一
  • 星泰衣
  • 西村史子

シャイニスタ一覧

チャレンジしている主婦&ママ「シャイニスタ」を紹介します。
  • mami
  • 北野 麻紀子
  • 西原 亜希子
  • 小川太美子
  • 田中 寿美
  • 木戸 彩
  • 都 あきこ
  • 中村智江
  • 白鳥 知恵
  • 首藤 美幸
  • 高柳 なえか
  • 山本 理恵

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる