合同会社Roof(ルーフ)代表・浦田遥さんインタビュー

シャイニスタNo.046の浦田遥さんは、合同会社Roof(ルーフ)を立ち上げ、まちづくりの専門家として活躍中。 住宅設計の道に進んだきっかけや、理想とする暮らしの在り方について伺いました。 心地よいまちづくりにかける、浦田さんの探究心と行動力は必見です!
シャイニスタ
浦田 遥
浦田 遥 (うらた はるか)
まちづくりシンクタンク合同会社Roof 代表
シャイニスタNo046 浦田遥

なぜ、あなたは輝きはじめたのですか?

転勤族の妻になり退職した事で、自分の人生における主導権のなさや積み上げてきたスキルを活かす場のない無力感に気づいて、孤独に陥った時期がありました。

しかし、なんとか自分らしい形で社会に属したいと思い立ち、まちの人達がどんな活動をしているのか、どんな暮らしをしたいのか意見を聞く為、1ヶ月毎日知らない人と話すと決めたんです。

試練を逆手に取って実際に活動を始めた事で、思わぬ出会いやチャンスに恵まれて、同じ志を持つ仲間とRoof(ルーフ)を立ち上げるに至りました。

浦田 遥

みんなが心地よい暮らしを作りたい!まちづくりシンクタンク「合同会社Roof(ルーフ)」代表・浦田遥さん

浦田遥 取材01
──最初に、浦田さんの現在の活動内容について教えてください。

2016年11月に合同会社Roofを立ち上げ、住んでいる人達が心地よく、自分らしく暮らせるようになるプロセスをお手伝いする、まちづくりコンサルタントとして活動しています。
心地がよいという基準は人それぞれですよね。

そこで、「あなたのやりたいことの最初のファンになります」というコンセプトを掲げ、自分が欲しい暮らしを自分でつくれるように、まちづくりの知見を活かして実現までのプロセスをサポートしています。

例えば「こども食堂」を作りたいと相談があったとしても、ただ単に子供に無償でご飯を食べさせる場所が欲しい、という訳ではありません。
悩みを深く掘り下げていくと、子供自身が自分でご飯を作れるようになって欲しい、子供が困った時に頼れる人を増やしたい、というのが本当にやりたい事なんです。
浦田遥 活動内容01
そのような本来の目的を整理し、達成するまでの具体的な仕組みを提案し、その為に必要な人材や資源と相談者を繋いで実行。
そして、それが上手くいけばさらに展開していく、という4段階のプロセス(分析・仕組み化・実行・展開)を様々な分野で行っています。

──様々な分野というのは、具体的にはどのような分野でしょうか。

農業分野から福祉や教育の分野、特産品開発や空き家対策など行政の分野まで、本当に多岐に渡ります。
共通するのは、未来に残していく意味のある内容にすること、持続可能にするために地域で仕事やお金をまわすように意識していることです。

例えば、2年に一度全国の女性町長が集まって、まちづくりに関する意見交換を行う「全国女性町長サミット」が開催されるんですが、2017年度は兵庫県播磨町で開催されたんです。
その時に、出席者の方達がコサージュをつける事が決まっており、造花でブローチを作れないかと播磨町の方から相談がありまして。
浦田遥 活動内容02
サミットのテーマの一つが「女性の活躍」だった事もあり、以前「女性や障がい者の活躍に貢献したい」とおっしゃっていた水引の女性職人の方に、花に見立てた物を制作出来ないか相談しました。
水引の花の土台となるミラーアクリルのブローチ部分は、大阪から播磨町へ越してきて、面白い着眼点でまちを分析されていた銅版画作家の女性に播磨町をイメージしたデザインをお願いすることに。

そして、そのデザインをレーザーカッターの機械に取り込み量産する作業に関しては、好きな時間に出来るという事で、毎月わざわざ場所を借りてお茶会をしている主婦の方達などを起用して、皆でお茶を飲みながら作業しました。
浦田遥 活動内容03
作業場所には、「ファブラボ」というデジタルからアナログまでの多様な工作機械を備えた、市民に開かれた工房を利用させていただきました。
また、梱包は障がい者の方達にお願いしているんですが華やかな仕事だと、とても喜んで作業して頂いています。

まち全体で全ての工程を賄い一つの価値ある製品を作りだし、その中でお金が回り、携わる人みんなが幸せになるウィンウィン(win-win)な仕組みを作ることが出来ました。

プロジェクトを考えるときは、仕事の役割に人を当てはめているわけではありません。
まちの人の普段の声をよく聞いておいて、その人達の望みを実現する仕事にできないかと考える中で企画やつながり方のアイディアが湧いていくことが多いんです。

そうすると、皆がハッピーでやる気になり、勝手にどんどんつながった人同士で商品を改良したり、新しいプロジェクトが始まったりするのが、本当に面白いです。

核家族の子育ての難しさに直面した大学時代

浦田遥 取材02
──活動を始めようと思ったきっかけは何かあったんでしょうか。

一つ年上の義姉ととても仲が良いんですが、当時、東京に住み、若くして出産した彼女は子育てをきっかけに適応障害という病気になってしまったんです。
こうありたいという理想の母親像と、彼女が本来持っていた社会に貢献したい、人生を楽しみたいという素直な気持ちとの間にギャップが生まれてしまったことが原因なのではないかと感じていました。

「母親だからしょうがないよね」と、諦めることが必要以上にたくさんあり過ぎたというか。
彼女の姿は、そのまま未来の私の姿のように感じて、「彼女がハッピーに暮らすには、まちや暮らし、周りの人との関係がどうなったらいいんだろうか」という疑問から、活動は始まりました。

自分は茨城県土浦市という郊外で育ち、年の差がある5人兄弟の2番目でした。
1番下の弟は10歳年が離れていて、赤ちゃんの頃から皆で面倒を見るのは当たり前で、のびのびと楽しかったのを覚えています。
しかし、大学進学で上京した時に義姉の状況を目の当たりにして、子供を育てる目線で見直せば、それがいかに難しく窮屈なものなのかを実感しました。

最先端の子育て支援施設などでアルバイトもしてみましたが、そもそも都市の道路や建物の空間には余裕がなく、子ども一人連れて歩くのも気を使う。
困ったときに負担をシェアできるつながりや仕組みもあまりに少なく、子育て当事者だけでは解決できない問題だと感じました。

その事がきっかけとなって、それまで全く興味が無かったまちづくりというものを意識するようになりました。

──現代の社会問題を身近で経験したんですね。大学卒業後は、まちづくりのお仕事につかれたんですか?

大家族の中で育った自分だからこそ提案できることがあるかもしれないと思い、注文住宅の会社に新卒で就職して営業設計の仕事につきました。
住宅設計や都市計画の分野でバリバリ働いているのは、男性や子供のいない方が多いんです。
浦田遥 取材03
子育ての中で一番多くの時間を過ごすのは家であり、その家が暮らしやすい空間であれば何か貢献出来るのではないかと思ったんです。

しかし就職して3年経った頃、仕事内容はやり甲斐があったんですが、自分一人では年間に家10軒しか変えられないし、家だけ残ってまちが衰退すれば暮らしが維持できず、意味が無いと考え始めました。

そして、空間だけでなくて人のつながりでまちを暮らしやすくしたいという自分と同じ志を持った人達が増えれば、まち全体が活性化していくに違いないと気づきまして。
まちづくりを勉強しようと思い立ち、試験を受ける条件であるまちづくりに関わる分野における2年以上の実務経験をクリアしていたので、決めてから2ヶ月後には受験して都市計画を学べる大学院に入学したんです。

時間帯などを考慮された社会人向け大学院だったので、大学院に通えるように仕事の調整をしてもらいつつ、会社で働きながら2年間勉強しました。

──大学院では、具体的にどのような勉強や研究をされていたんでしょうか。

人がどうやってつながれば良いネットワークが生まれて場が発展するか、排除される人たちを社会に巻き込んでいけるかなどを考えて、実践的な数値で提案する方法や仕組みを勉強しました。
浦田遥 活動内容04
具体的な結果や分析を先に数字にして見せる事で、提案を採用してもらいやすくなるんです。
来ている方は皆さん建築や土木、行政、交通といった専門性を持っている方達で、それぞれが違う視点から、より良いまちづくりに関して意見を出し合うんですね。

その時に、専門家が集って共同でまちづくりを行うと、とても良いものが出来ると分かりました。
しかしそれでもこの超高齢社会に対する明確な答えはまだ無く、それぞれの分野で新しい答えを見つけようと試行錯誤している段階だというのが現実です。

1 2

記事を書いた人

浦田 遥
まちづくりシンクタンク合同会社Roof 代表
浦田 遥 (うらた はるか)
挑戦したいこと、困っていることがでてきたら、是非井戸端会議しましょう!きっと沢山の仲間が応援してくれるでしょう。私も是非、その一人でありたいなと思っています。
シャイニスタNo046 浦田遥
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 蔵本武志
  • 星山千晶
  • 大柳 珠美
  • 松原好克
  • 古谷三十鈴
  • 川田清弥
  • 杉浦詔子
  • 清水 なほみ
  • 國井兵太郎
  • 橘凛保
  • 萬代誓
  • やぐちくみこ

シャイニスタ一覧

チャレンジしている主婦&ママ「シャイニスタ」を紹介します。
  • 上田 倫子
  • 岡 久美
  • 中村智江
  • 財田 ゆう子
  • 大形 恵美
  • 戸田 美保子
  • 新田佐和子
  • 都 あきこ
  • 武貞 梢
  • 谷澤 明子
  • 西原 亜希子
  • 今藤 美穂

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる