Hoolp Company (フールプカンパニー)代表・mamiさんインタビュー

フープダンスインストラクター・パフォーマーの育成を目指して活躍中の「Hoolp Company (フールプカンパニー)」代表、シャイニスタNo.036mamiさん。 フープダンスとの衝撃的な出会いや活動内容、今後の大きな目標について伺いました。
シャイニスタ
mami
mami (まみ)
フールプカンパニー代表
シャイニスタNo.036 mami

なぜ、あなたは輝きはじめたのですか?

親友を訪ねてアメリカへ遊びに行った時、その友人がフープダンサーとして活躍しているのを見て衝撃が走り、「これは絶対に日本で流行る!」と思ったんです。
帰国後に介護士を退職し、フープスクール開校を目指して、身体作りとフープダンスの猛練習を開始しました。
30歳にしてゼロからの無謀なチャレンジに周りは大反対でしたが、絶対大丈夫という確信がありましたね。
                                      

mami

日本中にフープダンスを広げたい!Hoolp Company(フールプカンパニー)代表・mamiさん

mami 活動内容01

── 現在の活動内容について教えてください。

フープスクールを運営する「Hoolp Company(フールプカンパニー)」の代表を務めながら、自らも講師としてフープダンスインストラクターとパフォーマーの育成に取り組んできました。
インストラクターは自分も含めて6人在籍しており、地元である奈良を始めとして、大阪・京都・三重でそれぞれ教室を担当しています。

教室は、5歳から小学生対象のkidsクラス、中学生対象のJrクラス、18歳から上限なしの一般クラスとあり、クラス内容はレベルによって初級・中級・上級に分かれています。
エクササイズコース(一般)、フープダンスコース(一般、kids、Jr)、フープパフォーマンスコース(kids、Jr)、インストラクター養成コース(認定資格18歳以上)の他に、プライベートレッスンとして、マンツーマンの個人レッスンと5人以上での出張レッスンも可能です。

mami 活動内容02

今は関西での活動だけなので、今後は全国に広めていきたいですね。
日本各地にスタッフがいて、各々の場所でインストラクターが育っていってくれるのが理想です。

── 教室以外の活動も、何かされているんでしょうか。

フープダンスショーの出演依頼を、国内・海外問わず受け付けています。
指定パフォーマーだけでなく、グループ、キッズなど、依頼者側のご希望に沿った演出が可能です。
これまでも、各種ダンスイベント、祭会場、ホテルや商業施設など、数々の場所で出演してきました。
他にも、ごきげんブランニュ、探偵ナイトスクープ、ちちんぷいぷいなどのテレビ出演を始めとして、各種メディアへ取り上げていただいた経歴があります。

30歳にしてゼロからのスタート

mami 取材01

── フープダンスを始めようと思った最初のきっかけは、何かありましたか?

もともとは、4年間介護士の仕事をしていたんです。
介護士になって3年目にフープダンスと出会い、介護福祉士の国家資格を取得した後、すぐに退職しました。

フープダンスと出会ったのは、アメリカへ移住した大親友に会いに行った時です。
その頃、アメリカではフープダンスが大流行していまして、友人はフープダンスを始めて一年で新人賞をもらって活躍していたんですね。
その姿があまりにも輝いていて、昔の彼女とは別人でした。
フープダンス自体もまた、とてもカッコよかったんです。
そんな彼女を見て、「自分もやりたい!」と強く思ったのと同時に、「これは絶対に日本で流行るに違いない」と確信したんです。

── フープダンスとの衝撃的な出会いだった訳ですね。
そこからは、どのような経緯で活動を開始されたんでしょうか。

 
帰国後に仕事を辞めてからは、「一年後にフープダンスの教室をする」という目標を決めて、身体作りとフープダンスの練習に明け暮れました。
6時間スポーツジムに通い、その後8時間ダンスの練習をする、という生活をほぼ毎日続けたんです。
日本のフープダンス先駆者であるフープ東京で、エクササイズ&フープダンスの資格も取得しました。

mami 活動内容03

周りの友人や母親からは、介護士を辞めるなんて勿体ない、しかもフープダンスで生計を立てるなど出来るわけが無いと猛反対されましたね。
しかし、逆にその猛反対が活力となって、絶対に成し遂げてやると気合いが入りました。
そして決意表明通り、一年後の2009年6月6日にフープスクールを開校したんです。

── まさに、有言実行ですね。
教室を始めてから、何か最初にぶつかった壁はありましたか?

やはり、日本ではまだまだフープダンスの認知度が低いこともあって、集客には苦労しました。
始めてから半年間は全く生徒が集まらなくて。
資金も無かったので、手作りのチラシを配っていましたね。
最初は友達が生徒になってくれて、次は友達の友達、という感じで徐々に生徒数が増えていきました。

教える立場になって生まれた試練

mami 取材02

── 活動をしていく中で、起こった最大の試練があれば教えてください。

人間関係ですね。
出だしが友達からだったので、生徒と深く付き合い過ぎてしまったんです。
だんだんと馴れ合いになってしまい、揉めることが多くなってきました。

こちらがお金をもらって教えているのに、ダンスの上手い子には所々講師をしてもらうなど、今思うとあり得ない事をしていましたね。
普通ならばクレームが上がるところを友達がゆえに我慢してくれていた為、結果的にみんな離れて行ってしまって。
そんな中、一人だけ残ってくれた生徒がいました。
彼がいなかったら、もう教室は辞めていたでしょう。
その彼が今の主人であり、お互いインストラクター、パフォーマーとして共に活動し、支え合ってここまできました。

── 生徒が離れてしまった時期をどのように乗り越えたんでしょうか。

生徒と講師という線引きをはっきりとさせる事を心がけました。
クラス以外での付き合いは極力避け、自分で決断して行動していくようにした結果、仕事がやりやすくなったんです。
基本的にやりながら学んでいくタイプなので、教えるという事に対して無知だった当初と比べると、少しずつ上手く出来るようになって来ていると思います。
今後も人間関係の悩みは尽きないでしょうけれど、そこに関してもプロフェッショナルになりたいですね。

── 関西で広がり始めるきっかけとなった出来事はありましたか?

テレビ出演による反響はとても大きかったですね。
なぜ出演することになったのかは覚えていないんですが、一時期立て続けに出演させてもらった時期があって、それを見た人からの問い合わせが凄かったんです。
その時に生徒として入って、今はインストラクターとして活躍してくれているスタッフもいます。

mami 活動内容04

あとは、フープダンスを知ってもらうために、様々なダンスコンテストに参加してきました。
しかし、ダンスというよりは大道芸の位置づけにされてしまうんです。
道具を使ってダンスをする、ということをなかなか理解してもらえないんですよね。
ダンスのジャンルとしては、まだまだ浸透していないのが現実です。

── 確かに、フープダンスはあまり聞き馴染みがありません。
どちらかと言うと、エクササイズとして痩せそうと言うイメージですね。

そうなんです。
実際、教室に来てくれる方は、最初はエクササイズ目的の方がほとんどで。
そこから段々とのめり込んで行って、残っている人がフープダンスを続けていく感じです。
エクササイズだけが目的だと、すぐに辞めてしまいますね。

フープダンスのおかげで自分を好きになれた

mami 取材03

── 活動を始めて、mamiさん自身の変化や新しく手に入れたものは何かありましたか?

自信がついて、ブレなくなった事です。
フープダンスに出会う前は、自分の事が大嫌いでした。
何をしたいかも分からないし、何をしても続かなかったんです。
そんな自分が、今は自分を好きだと言えて、昔は恐怖でしかなかった加齢に対しても怖くありません。
周りの目も変わりましたね。

以前は馬鹿にされているように感じることが多かったんですが、今は違います。
一生懸命に本気で活動していれば、人はきちんと耳を傾けてくれるんです。
主人をはじめ、人との出会いもたくさんあり、得たものは数え切れませんね。

── フープダンスのおかげで、人生が大きく変わった訳ですね。

フープダンス無しの人生はもう考えられません。
寝ても覚めても、フープダンスの事を考えています。
何かアイデアが浮かんだらすぐに身体を動かしたいので自宅にスタジオを作り、まだ幼い息子が寝た後は無心になって踊っています。
リフレッシュ出来る至福の時ですね。
好きな事が仕事になり、主人と出会って息子も授かり、親との関係も良くなり、良い事しかありません。

夢は大きく!関西のAvexを目指したい

mami 取材04

── 最後に、mamiさんの今後の夢を教えてください。

どうせなら大きな夢を持ちたいので、関西のAvexを目指しています。
フープダンスのアーティストを育てる会社にして行きたくて。
それぞれの持ち味を活かして活動してもらい、そのアーティストに憧れてどんどん人が入ってくるようなシステムを作っていけたら、と思っています。
自分はいつか現場を離れて、経営側に徹する予定です。

プライベートな夢としては、子供がもう一人欲しいです。
そして、家族みんなでフープダンスが出来たら最高かなと。
いずれは、子供が世界で活躍出来るアーティストになってくれたら嬉しいですね。

mamiさんにとって夢とは

mamiさんにとって夢とは

撮影/松浦静香
取材・文/AyakoSugimoto

この記事のシャイニスタ

mami
フールプカンパニー代表
mami (まみ)
主婦になりまだ一年目での初心者からすれば、主婦って素晴らしいお仕事?だと思います。 尊敬します。
シャイニスタNo.036 mami
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 荒川泰器
  • 関村順一
  • 永森咲希
  • 小山智子
  • 立川雅之
  • ENERGYeye/エナジーアイ
  • 宮崎ますみ
  • 大澤康典
  • 星山千晶
  • 島谷美奈子
  • 徐大兼
  • 藤崎徹

シャイニスタ一覧

チャレンジしている主婦&ママ「シャイニスタ」を紹介します。
  • 田中 寿美
  • こんどう ゆうこ
  • 新田佐和子
  • 岡 久美
  • 趙恵美
  • 三木 恭子
  • 藤井 圭子
  • 戸田 美保子
  • 西原 亜希子
  • 齋藤 由紀子
  • 上野 由美子
  • 合田 三奈子<なっち>

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる