おうち教室『Vegemile(ベジマイル)』主宰・田中寿美さんインタビュー

パンとお菓子作りを教える「おうち教室Vegemile(ベジマイル)」を主宰するシャイニスタNo.034の田中寿美さん。 教室を始めるきっかけや今考えていること、そしてこれから実現させたい夢についてなどのお話を伺いました。
シャイニスタ
田中 寿美
田中 寿美 (たなか としみ)
おうち教室Vegemile(ベジマイル)主宰
シャイニスタNo.034 田中 寿美

なぜ、あなたは輝きはじめたのですか?

ふと、人生一度きりなので悔いのないようにしたいなと思ったんです。
それでこのままパートで働いていくのかなと考えた時に「あ、違う!」と気付きました。
「じゃあ、今の自分にあるもので何ができるだろう」と考えはじめた時、ずっと前からやりたかった手作り教室のことが頭に浮かんだんです。

田中寿美

家族や子どもが喜ぶ手作りおやつを!パンとお菓子の手作り教室主宰・田中寿美さん

田中 寿美 活動03
── 現在の活動内容について教えてください。

2017年の夏から自宅でパンとお菓子の手作り教室を運営しています。
現在スーパーでのパートの仕事もしているため、レッスンはパートのシフトが空いているときに組み込む形で週2回ほど開催。

子育て中のお母さん達にとっての自由な空き時間は、幼稚園や小学校の子どもが帰ってくるまでの間なんです。
それが大体午前10時から午後2時。私はこの時間を「エンジェルタイム」と呼んでいますが、この時間帯に教室のレッスンを行っています。
このエンジェルタイムを利用して、家族や子どもに安心安全なパンやお菓子を作ってほしい。
そしてまた、この時間を自分のための時間にしてほしいと思っているんです。

田中 寿美 活動02

教室では生徒さんが希望するパンやお菓子を作ってほしいので、基本的に申し込みの際にご自身が作りたいものを言ってもらうリクエスト制にしています。

── 作りたいもののリクエストは、どういうものが多いですか?

多いのは、ツナマヨやソーセージパンなどのお総菜パンですね。
できるだけその生徒さんの家にある道具だけで作れるようにレシピを考えて、アドバイスしています。

一度きりの人生を悔いなく過ごすために

田中寿美 取材03

── 現在の活動を始める前は何をされていたのでしょうか?

学校を卒業後は就職してOLをしていました。
結婚を機に退職して子どもが生まれて、その後は専業主婦です。

── パンやお菓子の手作りは、もともと好きだったのですか?

はい。中学生の頃から手作りのお菓子やパンに興味があって、自分で本を買って作っていました。
20年ほど前に講師の資格も取りましたが、仕事にしようとは全く考えておらず資格を活かす機会はなかったんです。
教室を開く以前にも友人から教えてほしいと言われれば、たまに教えることはあったのですが、その頃は趣味の延長という感じで本格的なものではありませんでした。

── では、教室を始めることになったきっかけは何だったのでしょうか。

2017年のお正月頃に、ふと、人生一度きりなので悔いのないように送りたいなと思ったんです。
それでこのままずっとパートで働いていくのかなあと考えたら「あ、違う!」となって。
そこから今の自分が持っているもので何ができるかを考えたときに、ずっとやりたかった手作り教室のことが浮かびました。
年齢のこともあるので、やるなら今しかないと思い立ち、じゃあこれから具体的に何をどうやっていけばよいのかとなったときに、まずはちゃんとした屋号を決めることから始めようと思いました。

田中 寿美 活動05

── 「Vegemile(ベジマイル)」という名前を付けることから始めたんですね。

そうですね。
私には3人子どもがいるんですけれど、一番下の息子は野菜も果物も全く食べないんです。
どうしたら野菜が嫌いでも食べられるか、色々考えて工夫した経験があって。
固形では食べてくれないので、パンに練り込んだこともあります。
そういう経験のなかで得た技術を、子育て世代の方にお伝えしていきたいなと思って名前を付けました。
「ベジタブル」と「スマイル」を併せた造語で、「ベジマイル」です。

── どのように教室を始める準備を進めたのでしょうか。

自宅の外でサロンを持つとなると、どうしても経費がかかります。
夢の実現のためには、まず極力経費をかけずに何ができるかを考えて自宅で始めることにしました。
準備としては、FacebookやInstagram、ブログで手作り教室を開くと告知することだけでした。

難題を乗り越えるためのモチベーション

田中寿美 取材04

── 教室をスタートしてみて、最初にぶつかった壁は何でしてか?

集客はなかなか難しいなと思っています。
今はママ友のつながりで、SNSのタイムラインなどを見て来られるお客様が多いのですが、つながりのない方にはまだほとんど来てもらえていません。

SNSは広告の大切なツールですが、思うように広がらないのが現状です。

田中 寿美 活動04

いわゆるお情けで一回だけ来てもらうのではなく、本当にパンやお菓子作りを習いたい方に来てもらいたいと思っています。
それに、そういうところからスタートしないと、おそらくこの後のビジネスも成り立たないのではないかと考えているんです。

── これからどのようにしていこうと考えていますか。

よく要望としていただくのが、受けやすい土日にレッスンをしてほしいということなんですね。
けれど自宅では土日のレッスンが難しいため、外に場所を借りてサロンを設けることを検討しています。
いずれは物販もしたいと思っているので、不動産屋さんに店舗型という希望を伝えて調べてもらっているところです。

── 活動をするなかで転機となった出会いや出来事があれば教えてください。

活動する前からの友達ですね。
もともとはママ友ですが、今は何でも話せる親友でありライバルのような存在です。
彼女も自分の資格を活かしていきたいと思ってきた人で、本業を持ちつつ副業で耳つぼジュエリーをしているんです。

田中寿美 取材02

一昨年くらいから二人で会うたびに「こういうことをやりたいね」とお互いの夢を語ってきました。
これからやりたいことを言葉に出すと、自分の性格上その実現に向けて動かないといけなくなるんです。

それが行動するモチベーションに繋がっています。

教室を始めて変化した暮らし

田中寿美 取材01

── 活動を始めてから現在までの最大の試練は何でしょうか。

始めたばかりで、まだ試練というところまで至っていない気がしています。
今はまだパートの仕事が週4日でメインになっていて、教室のための時間が取れていない状況なので。
パートを全くゼロにはできなくても徐々に減らしていって、教室を中心にしてくというシフトチェンジをどこですべきかのタイミングを考えているところです。
もしかしたらそうやって形態を変えた後に試練があるのかもしれません。

── 現在の活動を通して新たに手に入ったものやご自身の変化はありますか?

手に入れたものはご縁ですね。
去年の6月にデコ食パン講師の資格を取ったのですが、その講師同士で集まる機会が多いんです。
協会のイベントにもお声がけいただいて、いろんな資格を持つ講師の方と知り合いになることができました。

田中 寿美 活動06

自身の変化としては、オンとオフの時間の差が激しくなりました。
一度オフのスイッチが入ると本当に何もしたくなくなって、再度オンのスイッチを入れるまでにすごく時間がかかってしまう。
それで、そのオンのスイッチを押してくれるのが先ほど話した友達なんです。
ちょうどオフになっていたり、悩んでいたりするタイミングで、ふと「今どうしてる?」と連絡をくれて。
彼女と話すことでまたエンジンをかけて動き出せるんです。

あとは教室を始めたことで、普段の生活でも食に気を配るようになったと思います。
以前は材料を食べられるように調理して家族に提供しているだけでしたが、出すときにも一工夫するようになりました。

例えば大皿にドーンと盛って出していた料理を、個々に小さな器に盛ってみるとか。
器一つ変えるだけでも全く違うみたいで、下の息子も野菜をちょっとがんばって食べてくれるようになってきました。
見せ方も大事だということですね。

かなえたい夢は教室だけじゃない

田中寿美 取材05

── 最後に、今後の夢を教えてください。

最終目標と決めているわけではないですが、物販と教室ができるカフェをしたいと思っています。
そして教室のレッスンがなくて空いているときは、レンタルスペースとして貸し出せるような場を作っていきたいです。
なぜかというと、最近の主婦の方には個性的な資格を持っている人がたくさんいらっしゃるんですが、力を発揮する場所がないんですよね。
自宅でするには子どもがいて難しかったり、他人を家に上げることに抵抗があったりする方が、活用できるスペースを作りたいと考えています。

ただ、昨年通った経営塾でその考えを話した際に、自宅で教室をしている今の状況からいきなりそのアイデアを実現するのは、「ちょっとプランが大きすぎる」と言われてしまったんですね。
もう少し段階を踏んだほうがいいと。

── 経営塾にも通われていたんですか。

去年の夏頃に勉強のために行っていたんです。
商工会議所でやっているほとんど無料のものですけれど、そこで経営についての考え方などを教えてもらいました。

私としては最初に必要な経費を全部かけて器を作ればどうにかなるのではと思っていましたが、「そういうものではない。プランはすごく良いから、いくつかステップを踏んで実現していく形に考えなおそう」とアドバイスされました。
ですので、まずはこれから自宅の外でのサロンを実現させて、いずれはそういう場所を作っていきたいと考えています。

── 田中寿美さんにとって夢とは

田中寿美さんにとって夢とは

撮影/松浦静香
取材・文/Sachiko Kikutani

この記事のシャイニスタ

田中 寿美
おうち教室Vegemile(ベジマイル)主宰
田中 寿美 (たなか としみ)
諦めず恐れず自分のやりたい事をして一緒にキラキラ輝きましょう!!
シャイニスタNo.034 田中 寿美
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 小川大介
  • 山本里佳
  • 米山絵美
  • 勝山昭人
  • 関村順一
  • 永森咲希
  • 岡井 有子
  • 坂本優子
  • 渡辺紀夫
  • 福谷陽子
  • 藤崎徹
  • 島谷美奈子

シャイニスタ一覧

チャレンジしている主婦&ママ「シャイニスタ」を紹介します。
  • 財田 ゆう子
  • 西原 亜希子
  • mami
  • 戸田 美保子
  • 高柳 なえか
  • 宏美 﨑元
  • 田中 寿美
  • 藤井 圭子
  • Maki
  • 都 あきこ
  • 白鳥 知恵
  • 村松 文子

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる