ハンドメイド子ども服「Favorite-フェイバリット-」経営・財田ゆう子さんインタビュー

ハンドメイドの子供服、ベビー雑貨を製作・販売するネットショップ「Favorite-フェイバリット-」を経営している、シャイニスタNo.032の財田ゆう子さん。 公務員を辞めて夢を叶えた経緯や、職人気質な物作りへの信念について伺いました。
シャイニスタ
財田 ゆう子
財田 ゆう子 (たからだ ゆうこ)
ハンドメイド子ども服Favorite-フェイバリット-
シャイニスタNo.032 財田 ゆう子

なぜ、あなたは輝きはじめたのですか?

初めて出店したイベントで、ディスプレイから全て作りあげていく作業の大変さや、周りの作家さんのレベルの高さに、大きな衝撃を受けました。
楽しいだけの軽い気持ちでは無く、もっと本気で取り組んでいかなければと思ったんです。
そこから、どんどんイベントに出店するようになり、活動内容が大きく変化していきましたね。

財田ゆう子さん

物作りへの飽くなき熱意で前進!ハンドメイド子ども服「Favorite-フェイバリット-」オーナー・財田ゆう子さん

財田 ゆう子 取材05

── 財田さんの、現在の活動内容について教えてください。

カットソーを中心としたハンドメイドの子供服、ガーゼ素材のベビー雑貨を製作(既製品以外にもセミオーダー可能)し、それらを販売するネットショップ「Favorite-フェイバイリット-」を経営しています。

「カントリーフェスタin三木」など各地のイベントや、百貨店での期間限定イベントへも積極的に出店してきました。

財田 ゆう子 活動02

また、お中元や内祝いなど各種ギフト商品を扱うココロカラギフト(サラダ館西神平野店)さんから、サラダ館での大掛かりな委託販売を任されて3年になります。
他にも、ココロカラギフトで開催しているワークショップのファーストスタイ教室や、公民館でのサマースクール講師など、縫製を教える側の仕事も時々入るようになりました。

個人のオーダーメイド以外では、ハワイアン雑貨や衣類をプロデュースしているPONO by yukiyukiさんから発注を受けて、ハワイで買い付けた生地を使用した委託製作も請け負っています。
そして、思ってもみなかったことなのですが、「ふるさと納税返礼品事業者」に登録されました。

── 多方面で活躍されていますが、製作は全てお一人でしているのでしょうか?

基本的に全て一人でしています。
しかし、最近は商品数が増えてきた為、最終仕上げのみ母に手伝ってもらっているんです。

根っからの職人気質なもので、なかなか外注に委ねることが出来なくて。
イベント出店の際には、小学生の息子が店番などを手伝ってくれる時もありますね。

財田 ゆう子 活動05

三木市にある自宅がもともと店舗付き住宅でして、一階の店舗部分が空いていたんです。
そこでアトリエ兼ショップを平日(基本月曜〜木曜の10:00〜15:00※不定期休)のみオープンしており、ミシンを3台置いて作業しています。

物作りへの情熱から公務員を退職

財田 ゆう子 取材03
── 活動を始めるにあたり、何かきっかけはありましたか。

短大卒業後から15年間、地元である三木市の市役所職員だったんです。
税務課と市民病院の経理で、事務職をして働いてきました。

もともと物作りへの関わりが多い家系で、祖母は和裁士、祖父は書道家、父は模型屋、そして母もずっと縫製をしているという環境でした。
自分もまた、作業中の親の横でずっと絵を描いているような子供時代を過ごし、絵の道を志していましたが叶わず、市役所に就職したんです。

そして、公務員時代に24歳で結婚し、28歳、32歳の時に出産しました。
そうした日常生活を送りながらも、ずっと物作りをしたいという気持ちはあったんですね。

一人目出産後に子供の服を手作りし出したら、その楽しさにはまってしまいまして。
二人目出産後はますます気持ちが加速し、なんでも作りたいと思い、毎日早朝や深夜に起きて作り続けました。

財田 ゆう子 取材02

── 仕事と子供二人の育児を両立するだけでも多忙を極めると思いますが、本当に物作りが大好きなんですね。

作りたくてたまらなかったですね。
しかし、第一希望が公務員ではなかったため、そんな生活を続けていくうちに頭がついていかなくなってしまって。
35歳の時に、もう辞めようと決めて退職して、その2ヶ月後にはネットショップを開業しました。

── 安定した公務員を辞める事に対しては、葛藤はなかったんですか?

周りからは、「辞めるなんてもったいない」と、かなり反対されました。
しかし、決めたらスパッと行動する性格でして。

実は父も脱サラして模型屋になっており、会社を辞めた年齢が同じ35歳だったんですね。
そのことも、タイミングとしてあったかもしれません。

フリーランスになって広がった仕事の領域

財田 ゆう子 取材04

── 開業してから、何か最初にぶつかった壁はありましたか?

縫製技術の低さです。
開業した当初は、一定の技術力はあるつもりでいたのですが、やはり独学なので苦戦する事も多かったです。

技術の壁にぶつかっては一つ一つ乗り越えてきた感じですね。
よほどの無理が無ければ、自分にとって勉強になるという事もあって、特殊な注文も受けてきました。

財田 ゆう子 活動04

しかし、中には高度な技術を必要とするオーダーをされる方もいらっしゃる為、その場合は専門の業者を紹介します。
技術力に関しては、これからも地道に勉強していかなればならない試練であり、常に悩みは付きまといますね。

── 試練を重ねる事で、技術力も少しずつアップしていくわけですね。活動を始めてから、転機となった出会いや出来事があれば教えてください。

大きな転機としては、数年間ずっとネットショップ販売だけだった活動を、イベント出店に広げたことですね。
初期に出店した地元のカントリーフェスタin三木は、数回の出店経験がある時期に、初めて行ったカントリーフェスタでした。
そして、そのクオリティの高さとお客さんの楽しそうな雰囲気から、ぜひ出店してみたいと思っていたイベントだったんです。

ところが、いざ出店してみると、ディスプレイから全て作りあげていく作業の大変さや、周りの作家さんのレベルの高さに愕然として、それまで楽しみしか無かった気持ちが吹き飛びました。
大ショックで、出店するに際してもっときちんとしなければと思いましたね。
それから、経験を積むためにいろんなイベントに参加するようになったんです。

財田 ゆう子 活動03

あともう一つの転機としては、依頼者の趣旨に沿った委託製作を始めたことです。
イベント出店から流れが変わってきて、個人店など委託販売のお誘いを受ける事が増えました。

そうして始めた委託販売先からの紹介で、PONO by yukiyukiさんから委託製作を受けることになったんです。
委託販売でお世話になっているココロカラギフトさんとの出会いもまた、イベント出店でした。

好きな事を仕事にして続けていく覚悟

財田 ゆう子 活動06

── 活動を通して、何か自分自身の変化や新しく手に入れた物はありますか?

人との繋がりなど、得たものは数え切れません。
趣味では無く仕事として活動するようになって、公務員時代とは大きく意識が変わりましたね。
作品を作る時の材料の原価や工賃など、きちんとコスト計算をしたり、無駄の少ない工程を考えたりするようになりました。
その反面、コストがかかって非合理的なことであっても、出来る範囲でお客様の期待に応えたいとも思っているので、常に仕事のことを考えていますね。

実は、イベントに出店するようになった時期、私生活で離婚したんです。
自分で生活していかなければならなくなったその頃、PTA役員を引き受けた事もあり、製作時間が確保できなくったため、パートを掛け持ちしていました。
その後、ココロカラギフトでの委託販売がスタートすることになったんですが、PTAの任期を終えた頃に委託販売が軌道に乗ったため、パートを辞めて現在の仕事一本で生活していけるようになりました。

── 財田さんが現在の活動を続けている理由は何ですか。

一番の理由は、ただただ本当に作るのが好き、という事に尽きますね。
作ることを追求し続けたいという気持ちが強いです。

あとは、作り手である自分を使ってくれる人がいて始めて光が当たるので、その人達への感謝は尽きません。
その光を当ててもらったおかげで今があるんです。

財田 ゆう子 活動01

これからも、求めて頂ける限り、応えていきたいと思っています。
また、指導する側に回る機会も増えてきたので、先生と呼んでもらえるように日々作り続けるだけです。

15年勤め上げた公務員を辞めてまで始めた事なので、今更後に引けないという強い気持ちもありますね。

これからも作り続けて成長して行きたい

財田 ゆう子 取材01

── 最後に、今後の夢や目標を教えてください。

これまで、百貨店の期間限定イベントには参加させて頂いたんですが、今後の目標は百貨店にイベントを介さず出店する事です。
知名度のある百貨店に出店している、という信用はとても大きいものなので。
そして、とにかく縫製技術を磨きたいです。
こればかりは日々精進するしか無いので、ひたすら作り続けるだけですね。

あとは、時間が無くてなかなか手をつけられないんですが、アトリエ兼ショップを全面改装したいなと思っています。

── 財田ゆう子さんにとって夢とは?
財田 ゆう子さんにとって夢とは

撮影/松浦静香
取材・文/AyakoSugimoto

この記事のシャイニスタ

財田 ゆう子
ハンドメイド子ども服Favorite-フェイバリット-
財田 ゆう子 (たからだ ゆうこ)
やりたいことが見つからない、好きなことが分からないと嘆かないでください。 回り道もいい経験、思わぬ道が開けるかもしれません。
シャイニスタNo.032 財田 ゆう子
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 藤崎徹
  • 蔵本武志
  • 山本ユキコ
  • 西條 喜博
  • 佐々木恵一
  • 太田智子
  • 森口瑞恵
  • 井上めぐみ
  • やぐちくみこ
  • 岸智絵
  • 米山絵美
  • 古谷三十鈴

シャイニスタ一覧

チャレンジしている主婦&ママ「シャイニスタ」を紹介します。
  • 白鳥 知恵
  • 上野 由美子
  • 岩城 美穂
  • 都 あきこ
  • 上田 倫子
  • 戸田 美保子
  • mami
  • 中村智江
  • 趙恵美
  • 藤井 圭子
  • Maki
  • 岡 久美

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる