日本武術太極拳連盟公認A級指導員・嶋田真里さんインタビュー

太極拳教室「真由太極拳」を開いて指導員をしている、シャイニスタNo.030嶋田真里さん。 太極拳を始めたきっかけや、教室を共に運営するパートナーとの出会いなどについて伺いました。自らも武術家として挑戦し続ける、凛とした志は必見です。
シャイニスタ
嶋田 真里
嶋田 真里 (しまだ まり)
日本武術太極拳三段
シャイニスタNo.030 嶋田真里

なぜ、あなたは輝きはじめたのですか?

太極拳2段の筆記試験を受けるにあたり、人体の仕組みを勉強し始めたんです。
すると、どういう理由で人の体が動くかのかが分かってとても面白くなり、「これは他の人にも教えたい!」と思い、指導員資格を取得する事にしました。
それまで、太極拳は友達を作る為の趣味でしか無く、特に楽しいと思ったことが無かったんです。
気持ちが大きく変わった瞬間でしたね。

嶋田真里

奥深い武術の魅力を伝授!日本武術太極拳連盟公認A級指導員・嶋田真里さんの挑戦

嶋田 真里 活動01

── 嶋田さんの現在の活動内容を教えてください。

太極拳の指導員をしています。
最初に始めたのが私立中高一貫校での土曜講座で、前期後期と合わせて年間14回の授業を担当してきました。
あとは、3つの教室での講師活動になります。
1つ目は、神戸市が開催しているアジサイ講座といって、怪我や腰痛などハンディキャップがある方向けに、健康体操のような感覚で行う教室。
2つ目は、気軽に参加出来る主婦向けの教室で、スポーツというよりは何となく雰囲気を楽しむ感覚の教室。
そして3つ目が、上級者向け教室である太極拳クリニックで、もっと詳しく体の構造を知りたい方向けの教室です。

嶋田 真里 活動02

── 指導するにあたり、何か太極拳の資格などは取得されたんですか?

太極拳は、指導するのに必ずしも資格が必要なわけでは無いんです。
しかし自分は、人体の仕組みをきちんと知っていなければ教えることは出来ないし危険だと思ったので、普及指導員からA級指導員まで全て取得しました。

── 教室以外の活動は何かされているんでしょうか。

2019年から実施予定の国体に向けて、選手を指導するために国体コーチの資格を取得しました。
しかし、2019年度は指導員では無く、自分が選手として出場を目指す事になったんです。
シニアの部は59歳までという年齢制限があるため、今挑戦しないと出来ないという事もありまして。
国体に向けて練習をし始めたら、凄く勉強になりますし本当に面白くて、出場を目指す決意をして良かったと思います。

何気ないきっかけで始めた太極拳

── 太極拳を始めようと思ったきっかけを教えてください。

太極拳を始めたのは14年前で、36歳の時です。
子供が二人いるんですが、下の子供が幼稚園に上がったタイミングで、何か身体を動かす趣味を始める事にしました。
しかし昔から運動が苦手で、球技に関しては一切ダメ。ダンスもスピードについていけない、という状態で。

どうしようかなと思っていた時に、上の子供が通っていた小学校で太極拳無料体験の張り紙をたまたま見つけたんです。
太極拳ならお年寄りもしているイメージだし出来るかな、と思い体験してみる事にしました。
週一回習い始めた当初は、特に面白いとも思わず過ぎて行きましたね。

── 偶然出会って、何気なくスタートしたという感じだったんですね。
太極拳に出会う前はどのような生活だったんでしょうか。

主人が商社に勤めていて、海外を含めとても転勤の多い仕事だったんです。
28歳で結婚後、一人目を出産してすぐに阪神・淡路大震災が起こり、その後香港に転勤が決まって家族で引っ越しました。
そこから3年ほどして日本に帰ってきて、4歳差で二人目を出産。
下の子供が小学校に上がる直前までは日本にいましたね。

当時は、商社の奥さんは駐在先で働いてはいけないというルールがあったので、ずっと専業主婦でした。
外国に住まわせて頂くという感覚で、いつでも駆けつけますというボランティア精神を持って、駐在婦人の務めを果たさなければならなかったんです。
それに、いつ転勤になるか分からない生活だったので、何かをじっくりと習うという気持ちにもなりませんでしたね。
上の子供が高校生になるまでは家族でついて行きましたが、それ以降は、自分と子供二人は日本に残り、主人は単身赴任生活になりました。

── 慌ただしい生活だったんですね。
身体を動かす趣味を始めようと思ったのは、何か理由があったんですか?

香港で習っていた手芸教室の先生から、インドアとアウトドアの趣味を両方持てば友達が出来ると言われたことがありまして。
それで、アウトドアの趣味として何かスポーツを始めようと思ったんです。

嶋田 真里 取材03

下の子供が小学校に上がるタイミングで、アメリカに転勤が決まり引っ越しました。
アメリカでも友達を作りたいと思い、公園でやっている太極拳に参加したんですが、そこの太極拳はカンフー映画のようにダンス的な感覚のものだったんです。

もっと本気で取り組みたいと思って、カリフォルニアにいる有名な先生に師事する事になり、日本に戻るまでの3年間通いました。
そこからは、ずっと日本に住んでいます。

嶋田 真里 活動04

── 趣味だった太極拳をもっと本気でやろうと思ったのは、何かきっかけがあったんですか?

太極拳には、「日本武術太極拳連盟」の公認技能検定である1〜5級、初段、2段、3段、4段とありまして。

日本にいる間に、初段までは取得していたんです。
次の目標として2段を取得する際に筆記試験があり、人体の仕組みを勉強し始めました。
どういう理由で人の体が動くか、という事が分かり出したら物凄く面白くなり、他の人にも教えたいと思ったんです。
そこから、「日本武術太極拳連盟」の公認資格である、太極拳指導員資格を取る事に決めました。
アメリカから帰国して3年後に普及指導員を取得してからは、一年おきにC級、B級を取得後、一年開けてA級を取得したのでトータルで5年かかかりましたね。

パートナーとの出会いで大きく飛躍

嶋田 真里 取材02

── 太極拳を教える活動を始めて、最初にぶつかった壁はありますか?

実は、あまり壁を壁と感じた事が無いんです。
太極拳で「無」になれる精神力が身についたせいか、ショックなことが起きてもあまりへこみませんね。
集客については、最初からビジネス目線では見ていなかったので、徐々に広がればいいかなという感じです。

── 太極拳のおかげで、何事にも動じない精神力を手に入れたんですね。
活動を通して、何か転機となった出会いや出来事があれば教えてください。

一緒に教室を運営している、パートナーの権藤由樹さんとの出会いです。

お互い同じ先生から同時期に太極拳を習い始めたんですが、自分は西宮市で彼女は神戸市の教室だったので、その頃は一度も会ったことがありませんでした。
アメリカから帰国して3年目ぐらいに、子供が怪我をして手術入院をしたことがあって、入院中はそれまで通っていた西宮市の教室にはなかなか通えなかったんです。
嶋田 真里 活動03

病院が神戸市だったため、太極拳の先生からの勧めで入院中は神戸市の教室に通う事になり、権藤さんと初めて出会いました。
その後、先生が神戸市の教室を閉めて西宮市に絞る事になったので、そこからはずっと一緒でしたね。
太極拳を始めた時期、子供の年齢など、いろんなことがよく似ていたので意気投合したんです。
昇段試験のタイミングも同時期だったので、共に切磋琢磨しながらここまで来ました。
言いたいことを言い合えて喧嘩にもならないので、相性が良いのでしょうね。

── 年齢を重ねてから、同じ目標を持っていて相性も良い友達に出会えるなんて、なかなか無いですよね。
権藤さんと教室を始めたのは、どのようなタイミングだったんでしょうか。

普及指導員資格を取得した後に、自分一人で学校の土曜講座を先に始めていたんです。
一年遅れで権藤さんが普及指導員に合格して、彼女から一緒に教室をやらないかと誘われました。
教室をやるなんて全く考えもしなかったので驚きましたが、そういう考え方もあるのかと思ってやってみる事にしたんです。
そこから、二人でスタジオを探し教室を始めて今に至ります。

嶋田 真里 活動05
2019年に出場を目指している国体では、太極拳の推手(すいしゅ=ペアで行なう太極拳の型の名称)という套路(とうろ=攻撃、防御、呼吸法、歩きかたなどを総合的に 盛り込んだ一連の動き)を行うことが決まっているので、権藤さんと組んで挑む事になったんです。
教室だけでなく、国体の練習でもずっと一緒なので、家族よりも共にいる時間が多いですね。

── 活動をする中で、最大の試練は何かありましたか?

習いに来てくれている友達からもお月謝をいただくことで、シビアな対応をしないといけなくなった事ですね。

一人だったら心が折れるような出来事も、パートナーの権藤さんとお互いに助け合える関係性を築けていた事で乗り越えられました。

太極拳で心身ともに大きく変化

嶋田 真里 取材05
── 活動を通して、嶋田さん自身に何か変化はありましたか?

自分は凄く人見知りで、人付き合いも嫌い、新しく付き合いを増やすのも面倒というタイプだったんです。
太極拳教室を始めてから、人と話して指導していかなければならない状況下に置かれて、以前の自分では考えられないほど積極的に話すようになりました。
いろんな人と出会い、知り合いも増えましたね。

身体にも変化があって、太極拳を始めてからは感染症以外で風邪をひいていないんです。
腰痛があるなど体調が悪い時でも、太極拳をやる方がむしろ元気になるという。

── 健康を維持するためにも辞められませんね。

そうですね。
それに、太極拳はやってもやっても終わりが無くて奥が深く、毎回新しい発見や驚きがあるんです。
だから、飽きるという事もありませんし、まだまだ勉強することはたくさんあって面白いですね。

目標とされる武術家を目指したい

嶋田 真里 取材04

── 最後に、今後の夢や目標があれば教えてください。

「全日本武術太極拳連盟」主催の全日本大会が毎年開かれていまして、そこではいつも沢山の憧れの先生達に出会うんです。
いつかあのレベルに達したい、と自分が目標に出来る凄い方達ばかりで。
自分もまた、同じように生徒さんから憧れてもらえるような武術家を目指したいですね。

あとは、パートナーの権藤さんから中国留学をしようと誘われていまして。
中国には凄い先生達がたくさんいらっしゃるので、今後機会があれば、ぜひ学びに行きたいと思っています。

── 嶋田真里さんにとって夢とは
嶋田 真里さんにとって夢とは

撮影/松浦静香
取材・文/AyakoSugimoto

この記事のシャイニスタ

嶋田 真里
日本武術太極拳三段
嶋田 真里 (しまだ まり)
きっかけはたくさんあります。やるかやらないかは自分次第です。 結果を出そうとか、こうしなければ!とか考えず、とりあえず関わってみることで新しい世界を広げていってください。
シャイニスタNo.030 嶋田真里
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 西條 喜博
  • 森口瑞恵
  • 山本ユキコ
  • 井上めぐみ
  • 福谷陽子
  • 立川雅之
  • 荒川泰器
  • 米山絵美
  • 小松美和
  • 関村順一
  • 岡井 有子
  • 太田智子

シャイニスタ一覧

チャレンジしている主婦&ママ「シャイニスタ」を紹介します。
  • 首藤 美幸
  • Maki
  • 大形 恵美
  • 城 直子
  • 今藤 美穂
  • 北秋 愛子
  • 宏美 﨑元
  • 西原 亜希子
  • 上野 由美子
  • 嶋田 真里
  • 浦田 遥
  • 合田 三奈子<なっち>

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる