中村 智江さん シャイニスタNo.021

神戸でネイルサロン「Leglige Nail(レグリジェネイル)」を経営するシャイニスタNo.021中村智江さん。 現在の活動を始められたきっかけや今後の夢について伺うと共に、ネイリストとして貪欲に学び続けられる姿勢にもスポットを当てました。
シャイニスタ
中村智江
中村智江 (なかむら ともえ)
ネイルサロンオーナー
シャイニスタNo.021 中村 智江

なぜ、あなたは輝きはじめたのですか?

育児をしながら家でできる仕事はないだろうかと考えていたとき、友人に誘われてフットネイルを体験。
そのネイルのかわいらしさとキラキラとした美しさが、子育てまっただ中の暮らしに彩りを与えてくれました。
そして、その時のネイリストの方が子どものいる主婦だったことから、私もこの方のようなネイリストになりたいと思い始めました。

中村智江

育児と両立できる仕事を!ネイルサロンのオーナーネイリスト・中村智江さん

中村 智江 活動写真01
── 中村さんの現在の活動内容について教えてください。

ネイルサロン「Leglige Nail(レグリジェネイル)」を経営して、オーナーネイリストとしてお客様の施術をしています。

── ネイリストになりたいと思われたきっかけは何ですか?

育児をしながら家でできる仕事はないかなとずっと考えていました。
私には3人の子どもいるんですが、下の2人が双子だということもあり、家で過ごす時間がどうしても多くなってしまって。
中村 智江 取材01

「社会に出たいけれど、育児もおろそかにしたくない…」そんな気持ちと葛藤していた時、出張ネイルに来てもらうから一緒にしてもらわないかと友達に誘われたんです。
その時に施術してもらったフットネイルはとても可愛く、周りのママ友にも褒めてもらいうれしい気持ちになりましたね。

そして、出張ネイルに来てくれていたネイリストの方が、お子さんをお持ちの主婦であることを知り、私もたくさんの人に喜んでもらえるネイリストになりたいと思うようになって。
もともと細かい作業が好きだったこともあり、「もしかしたら私に向いているかもしれない」と考え 、すぐにネイルスクールに通い始め、資格を取得しました。

── 実際に、中村さんがネイルサロンをオープンされたのはいつ頃ですか?
中村 智江 活動写真05
2008年に自宅でネイルサロンオープンし、2013年からは店舗サロンに移転したので、ネイリストとしての活動は9年になります。
店舗サロンは自宅から比較的近い場所にあるので、自宅サロンに来てくださっていたお客様も変わらず通っていただいています。

お店は駅からそう近くはないんですが、大通り沿いにある分かりやすい場所で、駐車場も完備。
ネイルのために三宮までは出られないという方も、よく車でいらっしゃいます。
主婦層のお客様の中では、専業主婦の方よりも仕事をしている方が多いですね。

── 現在の活動を始める前は、何か別のお仕事をされていたのでしょうか。

結婚前は、実家の寿司屋の手伝いをしていました。
子どもの頃から自然な流れでお店を手伝っていたので、昔から接客は得意な方だったとは思います。
結婚後は家庭に入り、専業主婦として3人の子どもの育児に専念していました。

現在も子育て中ではありますが、一人でネイルサロンを運営していますので、子どもの行事に合わせて仕事ができるのは大きな利点だと思っています。
午前中は参観なので午後から営業をするとか、体育祭のときは一日休むとか、気兼ねなくお休みがとれるのはありがたいことですね。

仲間からのアドバイスで乗り越えた壁

中村 智江 取材02
── ネイリストの活動を始められて、最初にぶつかった壁は何ですか?

ネイルスクールに通うまでは順調でしたが、いざお客様を集めるとなるとご予約がなかなか入らなかったことで す。
集客はやはり難しいですね。
ママ友には練習させてもらっていましたが、お客様として営業をしてお金を取りたくはなかったですし。

── その時は、どのようにしてその壁を乗り越えられたのでしょうか。

すでに仕事を始めていたネイルスクールの仲間に助けられました。
当時流行っていたSNS「mixi(ミクシィ)」でネイルのモデルさんを募集したらどうとか、ブログを書いたらいいよなど、いろいろと教えてくれたんです。
とりあえず、日記を書くのは好きだったので毎日ブログをアップするようにして。

自宅サロンなので、私がどんな人なのか知ってもらったほうが来ていただきやすいと思ったので、子どもが3人いることなど、プライベートなこともどんどん発信しました。
おかげさまで徐々にブログを見てくださる方が増え、集客につながっていったんです。
今もブログの更新は積極的に続けています。

ネイリストとして飛躍するための大きな挑戦

中村 智江 活動写真04
── これまでの活動の中で、転機となった人の出会いや出来事はありますか?

自宅サロンから店舗に移転したことです。
実は、今の店舗を構えているビルのオーナーさんは、自宅サロンにお客様として来てくれていた方なんです。
そしてある時、「ひとつ店舗が空いているから来ませんか?」と声を掛けてくれました。

店舗になってからはお客様が増え、サロンが大きくなるきっかけにもなってので、その方にはとても感謝しています。

── 自宅サロンから店舗になったことで、何か変わったことはありましたか?

中村 智江 活動写真02

お客さまの目がシビアになり、厳しい口コミをいただくことがありました。
店舗に変わってからは経営に力を入れていたのですが、ネイリストとしてのスキルもあげていかないといけない と続かないなと思いましたね。
今は、2ヶ月に一度、大阪の教室に習いに行って、新しい技術や流行のデザインに ついて学んでいます。
店舗にしたことでネイリストとしての自分を客観的に見つめ直すきっかけになりました。

試練を乗り越えた先にあった自身の変化

中村 智江 取材03
── 活動を始められてからの最大の試練は何でしたか?

JNECネイリスト検定1級をなかなか取得できなかった時が、最大の試練だったと思っています。
家事と育児の合間に練習を重ね、スクールに通って、4回目にしてやっと合格できました。
その時は、ありがたいことに主人の父が子どもたちの世話をして助けてくれました。

── これまでの活動を通して、自身の中で変化したことがあれば教えてください。

自分に対するケアが変わりましたね。
専業主婦だった時は子どもが第一で、自分のことは二の次でした。
美容院にもなかなか行けず、服も靴も楽なものを選んでいましたが、ネイリストは美容の仕事なので、人に見られる世界。
当たり前ですが、おしゃれにも気を配って、自分の身なりをきれいにしようと見直しました。

── ネイルサロンを始めたことで、新たに手に入れたものは何でしょうか。

やはり、大きく得たものはたくさんの人との出会いです。
お客様との会話が本当に楽しくて。
ネイルをしながら悩みを相談し合ったり出来るので、とても有意義な時間を過ごしていると思っています。
中村智江 活動内容03

サロンは狭い空間だからか、お客様とプライベートな話や、ちょっと込み入った話をすることもあります。
例えば、子どもが受験生の時は「こうしたらいいよ」と教えてもらったり、またそういった情報を他のお客様にもアドバイスさせていただいたりしています。

子どもたちのためにもネイリストを続けたい

中村 智江 取材04
── 最後に、今後の「夢」について教えてください。

お店を増やしたいとか、大きくしたいという思いは全くなくて。
たくさんのお客様に満足していただき、リピートしてもらえるような店にしていきたいというのが夢です。
ネイルの技術を向上するのはもちろんのこと、ゆったりとした特別な時間を過ごしていただける雰囲気づくりもしていきたいですね。
子どもたちの幸せのためにも、ネイリストとしてますます仕事をしていきたいと思っています。

── 中村智江さんにとって夢とは
中村 智江さんにとって夢とは

この記事のシャイニスタ

中村智江
ネイルサロンオーナー
中村智江 (なかむら ともえ)
やりたいことはいつ訪れてくるか分かりません。「やりたい」と思ったときが始めるチャンスです。 自分の可能性を導いてくれ、輝き続けられると思います。
シャイニスタNo.021 中村 智江
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 勝山昭人
  • 小松美和
  • 宮崎ますみ
  • 阪口珠未
  • 庭田真理子
  • 國井兵太郎
  • 橘凛保
  • 立川雅之
  • 徐大兼
  • 山本里佳
  • 島田和美
  • 井上めぐみ

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる