今藤美穂さん シャイニスタNo.003

「ミポリンダイエット協会」と、NPO法人「神戸ママキラ子育て応援パーク」の両代表を務める、シャイニスタ№003の今藤美穂さんに、に2つの活動を立ち上げた経緯についてうかがいました。 転機を迎えた45歳からのエネルギッシュな行動力に注目です。
シャイニスタ
今藤 美穂
今藤 美穂 (こんどう みほ)
ミポリンダイエット協会 代表
シャイニスタNo.0003 今藤美穂

なぜ、あなたは輝きはじめたのですか?

タレントの清水国明さんの講演会に参加したとき、本人が60歳で子どもが2歳であることを知り、「何歳からでも何だってできる」と衝撃を受けました。
そして、「今の私、なにやってるんだろう」と思ったことから、45歳での夢探しがはじまりました。

今藤美穂

ママを応援!今藤美穂さんの2つの活動と夢の見つけ方

活動内容

ダイエット教室「ミポリンダイエット協会」と、NPO法人「神戸ママキラ子育て応援パーク」、2つの活動をされている今藤美穂さん。
どちらの活動も「ママを応援」するという共通テーマをもち、関りをもったかたちで活動を広げています。
これらの活動を始めたきっかけや、最大の壁だったという家庭生活との両立などについてうかがいました。

── 現在、どんなかたちで活動をされているのですか?

ダイエット教室「ミポリンダイエット協会」とNPO法人「神戸ママキラ子育て応援パーク」、それぞれの代表を務めています。

ミポリンダイエットは2011年に神戸で始めた、ママ向けの「ボディシェイプ&ストレッチ教室」を前身とするダイエット教室です。
ミニトランポリンとストレッチポールを組み合わせた、独自メソッドがベースになっています。

もう一つの活動、NPO法人「神戸ママキラ子育て応援パーク」は、2014年に設立しました。
ママの得意を生かした起業のサポートを行ったり、子ども連れのママが交流できる場を作ったりする活動をしています。

45歳でスタートした「夢探し」

今藤美穂 取材04
── 「ボディシェイプ&ストレッチ教室」を始める前は、どんなライフスタイルだったのでしょう?

それまでは、子どもが幼稚園に行っている間にランチに行ったり、週3日パートで働いたりという生活でした。

── 教室を始めたきっかけについて教えてください。

私が45歳の時、タレントの清水国明さんの講演会に参加したことが、人生の大きな転機となりました。
最も衝撃を受けたのは、ご本人が60歳でお子さんが2歳だということ。

それを聞いて、「何歳からでも何だってできる」と刺激を受けたのと同時に、「今の私、なにやってるんだろう」と思ったんです。
「今の私は20歳の自分から見て、本当になりたかった自分なの?」と自問自答したんです。
答えは「ノー」。
「じゃあ何がしたいの?」というところから、夢探しが始まりました。

エアロビクスのインストラクターをしていた経験が生かせる仕事で、まだ小さい子どものために時間の自由がきく自営が良いと考え、まず始めたのはママ友の家でのエクササイズレッスン。
1時間500円のワンコインレッスンに、たくさんのママ友が喜んで参加してくれました。

でも、これは本格的な仕事の準備段階。
半年後、いざ本番に移ろうと新たに会場を借り、料金を1000円に設定したところ、誰も来てくれませんでした。
これが最初の挫折でしたね。

── でも、あきらめなかった?

はい。そこから2000枚のチラシを手撒きしたら、2か月ほどで100人のメンバーさんが集まったんです。
2か所の教室で、週1回ずつのレッスンがスタートしました。

そして順調なまま半年が経った頃、メンバーさんにお礼をしようと、感謝祭の開催を企画。
実はこれが、NPO法人「神戸ママキラ子育て応援パーク」の前身、「ママキラフェスタ」というイベントです。
今藤美穂 取材01

── ママ向けを意識したイベントなんですね。

以前からの親友で、今は仕事のパートナーでもある西原亜希子さんも、ちょうど同じ時期に子ども向けの教室を始めていたので、その親も対象にして、共同で感謝祭をしようということになったんです。
ネットや知り合いの人脈を頼り、ワンコインで足ツボマッサージやボディジュエリーをしてくれる人、パンが焼ける人、子ども向けグッズを作れる人など10人を集めてブースを用意し、ママの癒しがテーマのイベントを開きました。

この「第1回ママキラフェスタ」には、子育てフリーペーパー「クルールはんしん」編集長の福山静さんも取材で来られていて、その後、ある提案をいただいたんです。
それは、「クルール」の顧客様であるクレストホームの2世帯住宅を使って、「ママキラ」をしませんかというものでした。

── イベントスケールが大きくなりますね。

プレッシャーも大きかったですが、それより「やりたい!」という気持ちが勝ち、5か月後に「第2回ママキラフェスタ」を開催。
その成功が自信となり、西原さんと2人でこの「ママキラフェスタ」を積極的に売り出すことにしました。

活動の低迷を新たな工夫で打破!

活動写真 ママキラ

── その後、NPO法人にしたのは、何か理由があるのですか?

当初はママ2人の個人イベントとして売り込んでいましたが、営業先を企業などに広げていくと、社会的な信用度が低いという理由で協賛や後援を取ることができず、落ち込むこともありました。
そこで、ママキラを始めて4年が経った頃、信用度を高める狙いでNPO法人にしたのです。

実際は、それで企業の反応が急に変わるということはありませんでしたが、正会員の夢が叶えられていく姿を目にすると、お金では計れないNPOならではの良さを得られたと思います。

── 特技やスキルを生かしてビジネスを始めたいママと、お客様としてのママを、イベントを通してつなげる活動ですね。

コンセプトの一つが「ママの社会参加の応援」で、もう一つは「ママとキッズの小さな遊園地」。
だから、子どもが楽しめるブースも充実しているんですよ。
子どもがパーツを選んで、小さな手で一生懸命にキーホルダーなどを作り、それをママがとびっきりの笑顔で見守るんです。
そんな親子の姿を見られるのがすごく嬉しくて、「だから、やっているんだ」という気になります。

── 一方、「ボディシェイプ&ストレッチ教室」は、どのような経緯で「ミポリンダイエット協会」に発展したのでしょう?

ママの運動は目標となる等級がないことなどもあり、教室を始めて3年くらいから、メンバーが目に見えて減っていきました。
どうしようかなと考えていたとき、西原さんがアメリカの動画で、一人用トランポリンを使ったエクササイズを発見したんです。
面白いかもしれないと考え、私自身もトランポリンレッスンの受講を始めました。

活動写真 ミポリンダイエット

自分でも勉強を重ね、ダイエットに特化した仮説・検証を繰り返し、そこに有資格のストレッチポールも組合せることで、オリジナルのエクササイズ2時間コースが完成したんです。
この独自メソッドを広げたいという考えもあり、経営コンサルタントに相談し、2016年に「ミポリンダイエット協会」を立ち上げました。

「家庭と仕事」という壁の乗り越え方

── 2つの活動を始めたり続けたりするなかで、最大の壁はありましたか?
最大の壁は家庭でした。
仕事を優先してしまって、家族に嫌な思いをさせてしまったことがあったんです。
とはいえ、私の思いはやっぱり「家庭が1番、仕事は2番」。
主人ベースで「この人が嫌がらないことをするべき」という考えも大切にしています。

今藤美穂 取材03

これから新しくなにかをし始める方も、自分にとって本当に大切なものを勘違いしてしまう時期が来るかもしれません。
本人や家族にもよるとは思いますが、起業するママは「家庭と仕事どっちが大事?」というポイントをよく考えてほしいですね。
そして家庭が大事となったら、どのようにして仕事とのバランスをとるか…というのが、最終的に当たる壁じゃないかなと思います。

── ここまで活躍されてきたなかで、手に入れたものや、ご自身の変化についても教えてください。

手に入れたものでは、「この人のために役立ちたい」と思える人にたくさん出会えたことが一番大きいです。

自分自身も大きく変わりました。
6年前はラーメン屋さんで働いていたのですが、けっこうトロくて、人に使われるのは嫌だなと感じていました。
でも今は、自分のできることしかしないので馬鹿にされませんし、ステップアップして自分を褒めることもできます。
今の自分が一番好きだし、一番幸せです。

それぞれの活動、それぞれの夢

今藤美穂 取材02
── では最後に、今後の目標や夢について教えてください。

ミポリンダイエットについては、毎年3人ずつくらい先生を増やし、この独自メソッドを全国に広げたいと考えています。
レッスンの動画配信もしたいです。

また、ママキラに関しては、100名以上いる登録出店者さんたちに「なりたい自分」を実現してもらい、「ママキラ出身です」という人を輩出するのが夢です。

プライベートでは、年1回は海外旅行に行けるようになりたいです。
お金さえかければ出来る旅ではなく、自分がやりたいことをするために計画を立てて行く「オリジナルプラン」の旅をしたいですね。

── 今藤美穂さんにとっての『夢』とは
今藤美穂さんにとっての夢とは

輝く女性「シャイニスタ」募集

この記事のシャイニスタ

今藤 美穂
ミポリンダイエット協会 代表
今藤 美穂 (こんどう みほ)
たった一つの出来事で、人生が変わることもある。 私は、仕方なく参加した講演会で人生が変わりました。 何事もチャレンジすることで、次のステージが見えてくるのかな、と思います。
シャイニスタNo.0003 今藤美穂
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

専門家の目線で主婦の悩みを解決してくれるプロフェッショナルを紹介します。
  • 勝山昭人
  • 國井兵太郎
  • 小川大介
  • 福谷信治
  • 山本ユキコ
  • 猪越英明
  • 庭田真理子
  • ENERGYeye/エナジーアイ
  • 渡邊隆徳
  • 福一由紀
  • 坂本優子
  • 古谷三十鈴

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる

シャイニスタ名鑑vol.1