雛人形を処分したいけど迷う…捨てる?ゆずる?どうしたらいい?

自立や結婚などで飾らなくなった雛人形。人に譲ったり、捨ててもいいものか、捨てるにはどうしたらいいか悩むものです。大人になるまで一緒だったおひなさまに感謝を込めてお別れをする方法を解説しています。
トレンドニュース
雛人形 処分

飾らなくなった雛人形はどうする?

雛人形は女の子の幸せを願い、以前ではお嫁入りまで飾り続けるという家庭が多数ありました。
現在では結婚に限らず、立派に大人の女性に成長したということで成人を節目とするなど、さまざまなタイミングで雛人形を飾らなくなるケースも見られます。

雛人形を処分したい

年に一度の出番さえなくなってしまうと、保管スペースなどの理由で思い切って処分したいという人も少なくありません。
大切なお子さんの成長を見守り続けてくれる雛人形ですが、役目を終えて処分に困るという人も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

雛人形の役割とは?

桃の節句に女の子の幸せと健やかな成長を願い飾られるのが雛人形です。
古くは人の姿を象った「人形(ひとがた)」「形代(かたしろ)」と呼ばれるものに身代わりとなってもらうという意味合いがありました。
大切な子供を災厄から守る身代わり守りのような存在であったため、女の子一人に雛人形一体が用意されていたのです。

人に譲るのはNG?

雛人形は本来わが子の幸せを心から祈って飾られるお守りのようなものですから、人に譲るのはよくないという考え方も。
ただ、処分に困って捨てるよりは、大事にしてくれる人に譲るという判断もあり。
親戚や親しい友人などで大切にしてくれる人がいれば場合によっては検討してもよさそうです。

雛人形には持ち主本人の身代わりとしての意味合いもあることから、厄がついているとも言われます。
人に譲る際に気になる場合は人形の厄落としをするという方法も。
人形の厄落とし(厄払い)をしてくれないか神社などに問い合わせてみましょう。

人形の持ち主本人と譲られる人の双方が納得することが大事です。
雛人形は譲り受けたり、引き継がないものという風習が根強い地域もあり、もらい受けたくない人もいます。
捨てたくないがあまり、親戚などに無理矢理譲るのは避けましょう。

寄付や供養も考えて

雛人形はお守りに通じる意味合いがあるものです。
お子さんの成長を守ってくれた存在として、手放すにしても最後までに大切に丁寧な扱いを心がけましょう。
ごみと同様に捨ててしまうなどせず、寄付や供養といった方法も検討してみましょう。

雛人形を処分する方法

供養に出す

雛人形を供養する

お子さんを守り続けてくれた雛人形は、大切に供養してあげたいもの。
寺社をはじめ雛人形の供養は全国で行われています

寺社で供養してもらう

お寺や神社で人形供養をしてくれるところは多くありますが、受付時期や供養料などは寺社によって異なるため事前によく確認しましょう。
雛人形を自分で持参するだけでなく、近年では郵送での受付を行っているところも見られます。
料金の相場は3,000円~10,000円くらいです。
中には、供養したい人形を入れる箱があり、無料で供養してくれるところもあるようです。

明治神宮人形感謝祭 http://ningyou-kanshasai.com/index.html

日本人形協会「人形感謝(供養)代行サービス」を利用する

一般社団法人日本人形協会が提供している「人形感謝(供養)代行サービス」では、WEBか電話で申し込み後、送られてくる専用キットを使って人形を梱包して郵便局に集荷を依頼するだけで荷物を送ることができます。
毎年9月末までに供養料金を振り込めば、10月開催の東京大神宮「人形感謝祭」にて供養してもらえます。
費用は箱の大きさが170cm以内(縦+横+高さの合計)かつ重量が30kg以内のもので1箱5,000円です。
1箱の中に雛人形や他のお人形など複数個を入れてもOK。
ただし受け付けてもらえるのは人形のみとなるため、付属品などは入れないように要注意です。

日本人形協会 http://www.ningyo-kyokai.or.jp/kuyou/index.html

葬祭場で供養してもらう

葬祭場の中には人形供養を行なうところもあります。
僧侶を呼び、読経をして供養してくれます。
中には、お焚き上げをしてくれるところと読経のみのお焚き上げはなく、その後処分されるところがあります。
読経後にお焚き上げまでして欲しい場合は、開催場に問い合わせると確実です。

毎年決まった時期に開催しているところもあれば、一定数の人形が集まった時点など開催時期は不定期のところもあります。

供養料は、葬儀社(葬儀場)の会員になると無料で、非会員の場合は500~1500円程度のところが多くあります。

各地の人形供養祭に参加する

このほかさまざまな団体が全国各地で雛人形供養のイベントを行っています。
こうしたイベントに直接持ち込んで合同供養してもらうのもおすすめです。
費用の相場は3,000円~が目安となっています。

雛人形に関連する業界や、人形作りが盛んな町などのイベントとして、人形供養祭りが開催されます。

長野県信州須坂信州須坂「わくわく」おひなめぐり http://hinamatsuri.suzaka.jp/

ひな祭りイベントに寄付する

雛人形を譲る

各地のひな祭りイベントの中には数千体から数万体もの雛人形を飾るビッグひな祭りがあり、毎年2月から4月にかけて多くの観光客を集めています。
飾られる人形は全国からの持ち込みや送付を受け付けており、まとめて供養が行われます

徳島県勝浦町ビッグひな祭り 

昭和63年から始まった日本有数のビッグひな祭りイベントです。
受付は1月末の土日2日間のみ現地への持ち込みまたは郵送で、料金は一律5,000円となります。

和歌山県南紀勝浦ひなめぐり

日本一の落差133mを誇る「那智の滝」にちなんだ13,300体の雛人形が飾られます。
供養費用+保管費用として5,000円を納付し、人形は実行委員会宛へ送付します。

千葉県かつうらビッグひな祭り

関東随一のビッグひな祭りイベントとして知名度が定着しつつあります。
申し込みは4月初旬より電話にて受け付け、人形は9月から持ち込みまたは送付できます。
参加協賛金として5,000円を納付します。

埼玉県鴻巣びっくりひな祭り

約380年もの人形製作の歴史を持つ鴻巣ならではのひな祭りイベントです。
申し込みは1月初旬~1月下旬にかけて電話にて受け付けますが、先着300名までとなっています。
参加協賛金は5,000円で、人形は持ち込むか郵送します。

ニーズのある所に寄付する

雛人形を寄付

保育園や老人ホーム、児童養護施設や介護施設など、地域のさまざまな福祉施設で寄付を募ることがあります
こうした施設では年間を通して、季節を大事にした行事を行うことも多いので、雛人形のニーズがあることもあるのです。
地域の情報をこまめにチェックして、雛人形募集のお知らせがないかみてみましょう。

また雛人形を寄付することで発展途上国への貢献を行うこともできます。
現地への現物寄付だけでなく、寄付をワクチンに還元するなど、さまざまなかたちで途上国支援につなげている団体が活動しています。
人形は自分で梱包して送付しますが、費用は大きさなどにより異なるため確認が必要です。

知人に譲る

本来一人一体所有するお守り代わりの雛人形は、できるだけ人手に渡るのは避けるべきといわれています。
ただ時代の流れとともに柔軟な考え方の人も多くなっているので、身近に欲しい人がいれば譲って大切にしてもらうというのも選択肢の一つでしょう。
譲る相手は間接的な知り合いなど信頼関係が薄い人は避け、親しい間柄で安心して引き継げる人に譲りましょう。
雛人形は高価ですから、保存状態が良いものなら相手側にも喜んでもらえるでしょう。

自治体の広報誌やフリーペーパー

地元で譲れば手渡しできる可能性が高くなり、荷物を送る手間が省けます。
新聞の地域欄、自治体が発行している広報誌やフリーペーパーなどの「譲ります」欄に情報を載せたり、人に品物を譲るための専用サイトを利用する方法もあります。

売る

雛人形を売る

高価な雛人形を手放すなら、少しでもお金に換えたいという人もいます。
ただし雛人形は需要がある時期が限定されるため、大体1月~2月くらいまでしかニーズがありません
保管場所のこともあり特定の時期以外は買取を渋る業者も多いため、タイミングを逃すとなかなか売り先が決まらない可能性がある点に注意しましょう。
またほとんどの場合大した値段は付くことはありません。
見積料や処分料を取られることもあります。

リサイクルショップ

状態の良い人形であれば買取対象となる可能性がありますが、買取価格は期待できません
無料で引き取ってもらえるかも、くらいのつもりで問い合わせてみましょう。

フリーマーケット

全国で週末などに開催されるフリーマーケットを活用します。
場所によっては外国人のお客さんが多く、日本の伝統的な雛人形に興味を持つ人も見られます。

買取業者

高級な人形や歴史ある年代物の場合、人形を専門に扱う買取業者や骨董品店であれば一般的なリサイクルショップよりも多少は良い査定結果が得られる可能性があります。

フリマアプリ

メルカリをはじめとするフリマアプリを使えば、手軽に出品して欲しい人を見つけることができます。
雛人形は大型で送料が高くなるので、送料込みで掲載したほうが売れやすいでしょう。

ネットオークション

ネットオークションでも雛人形が扱われています。
フリマと違って、場合によっては競り合いで高値で売れることもあります。

スポンサーリンク

ごみとして処分する

譲り先がどうしても見つからない、急ぎで処分する必要がある、などやむを得ないときにはごみとして回収してもらいます。

自治体のごみ回収サービスを利用

小さめのアイテムや分解して小さくできるものは通常ごみとして出せることがありますが、燃やせるごみか不燃ごみかはルールはまちまちです。
ひな段骨組みなどサイズが大きいものは粗大ごみとして出します。

処分料も含め雛人形の回収については自治体によって対応が異なるので、HPや市報などで確認したり窓口に問い合わせしてみましょう。

民間のごみ処理業者を利用

処分料は自治体よりも高めになりますが、申し込みや手続きが簡単な民間業者を利用するのもおすすめです。
回収品の総重量で料金が決まる場合は、他に不用品があればまとめて出すことも可能です。

雛人形を処分する場合の注意点

処分する場合の注意点

雛人形を処分する祭には、いくつか注意したいポイントがあります。

寄付する場合や供養してもらう場合

寄付や供養を考えるなら、受付時期受付品目について事前に確認しておくと安心です。
供養料や供養への参加の可否についても聞いておきましょう。
基本的に供養してもらうのは人形本体だけであり、付属品などは別に処分するようにします。

買取業者・ごみ処理業者を利用する場合

手軽に回収を依頼できる民間業者ですが、中には不法投棄を行ったり高い処分料を請求するなど悪質な業者も横行しています。
自治体の許可証があり、店舗や事務所の住所が明らかな信頼できる業者を選びましょう。
できれば複数の業者から見積を取るのがおすすめです。

雛人形を処分しない場合

処分しない場合
結婚や成人といった節目を過ぎるとお雛様を飾るのをやめてしまう家庭が圧倒的に多いようですが、元々は身を守ってくれるお守りだから一生身近な存在であるはずです。
結婚や独り立ちで家を出た後も、さまざまなかたちで末永く飾ってあげるのが理想といえます。
譲る以外にも、場所を取る段飾り一式などであれば、女雛と男雛のみを残して飾り、それ以外は供養するなどして処分するのもひとつの方法です。

結婚しても飾る

雛人形はお嫁入り後は飾るべきではないという人もいますが、そうした決まりやいわれは特にありません。
嫁ぎ先のお家の考えなどにもよりますが、ぜひ雛人形も一緒に持って行って結婚後も飾ってほしいものです。
もしご自身に女の子を授かったときには、新たに用意したお子さんの雛人形と並べて飾れば、いっそう華やかでにぎやかなひな祭りを楽しめます。

実家で飾り続ける

新居の事情などで雛人形を持って行かれない場合でも、実家のご両親にこれまでと変わらず飾ってもらいましょう。
里帰りの際などに自分の子供と一緒に飾り付けをしたり目に触れさせる機会を持つことも、情緒を育む上で大いに役立ちます。

雛人形の処分 まとめ

家族の日々を見守り続けてきた雛人形には大切な思い出がたくさん詰まっています。
できるかぎり手元に置いて飾ってあげたいですが、子供の結婚や独立を機にやむを得ず手放す際には、人形供養をする、大切にしてくれる人に譲ったり寄付をする、など真心と感謝をこめてお別れをしましょう。

記事を書いた人

syufeel編集部
主婦の『変わりたい』を叶える情報メディア、syufeel編集部です。
雛人形 処分
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 宮崎ますみ
  • 西尾 節子
  • 谷口 教子
  • 太田智子
  • 参納初夏
  • 橘凛保
  • 泉 千恵
  • 小森 聡子
  • 大柳 珠美
  • 加納 信子
  • 片山 香南
  • 吉田 容之

シャイニスタ一覧

チャレンジしている主婦&ママ「シャイニスタ」を紹介します。
  • 中村智江
  • 後藤 真弓
  • 財田 ゆう子
  • 小賀真紀
  • 林 美智世
  • こんどう ゆうこ
  • 新田佐和子
  • 西原 亜希子
  • 木戸 彩
  • 吉川真実
  • 奥野 恵子
  • 北秋 愛子

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる