ケフィアの効果はヨーグルト以上!?健康力&美容力アップの秘密

豊富な効能があることで注目されている『ケフィア』。健康効果だけでなく、美容・ダイエット効果も期待できるということから、女性たちの間でも話題となっています。ケフィアとは何なのか、どんな栄養成分がどのような効果をもたらすのかをご紹介します。
トレンドニュース

ケフィアとは

ケフィアは、黒海とカスピ海の間に位置するコーカサス地方で生まれた乳飲料の一種。
白い色味や柔らかい酸味、とろりとした食感はヨーグルトと似ていますが、「ケフィアグレイン」という種菌を使うところがヨーグルトと異なっています。

「ケフィアグレイン」は、乳酸菌と酵母が結合した種菌です。
ケフィアは、ケフィアグレインを牛・羊・ヤギなどの乳に混ぜる共生発酵によって作られ、乳酸菌による単独発酵で作られるヨーグルトよりも豊富な成分をバランス良く含んでいます。

ケフィアに含まれる栄養素は、体内環境の改善に役立つといわれており、健康・美容促進、ダイエットなど、私たちの身体にさまざまなメリットをもたらします。
発祥地であるコーカサス地方を中心に、東ヨーロッパ、ロシアなどで古くから親しまれており、日本でも手軽に手にいれることができるようになり、注目度も高まっています。

スポンサーリンク

豊富な成分と栄養素

健康、美容、ダイエットなどにも効果的と言われており、身体のさまざまな調子を整えてくれるケフィア。
どのような成分や栄養素が含まれているのかを紹介します。

・乳酸菌
乳酸菌は腸内環境を整える善玉菌の代表格。
乳酸菌には大きく分けて「乳酸球菌」「乳酸桿菌 (かんきん)」「ビフィズス菌」の3種類があり、ケフィアにはそれぞれがバランス良く含まれています。
・酵母
糖質や脂質をアミノ酸やクエン酸に変換させるなど、エネルギー代謝を促進させる成分。酵母を摂取することで、代謝の促進が期待できます。
また酵母は、肌を老化させる原因となる活性酸素を除去する働きがあることでも知られています。
・ビタミンB群
たんぱく質、糖質、脂質の3大栄養素をエネルギーに変える働きと、皮膚の形成を促進させる働きがあります。
ケフィアには、エネルギー代謝と皮膚の形成に関わるビタミンB2・B6・B16など、ビタミンB群がバランス良く含まれており、肌質向上をサポートします。
・葉酸
葉酸はビタミンB群の仲間で、細胞の再生や赤血球の働きを促進させる栄養素。
肌のターンオーバーを助け、貧血を予防するなど、女性に嬉しい効果が期待できます。
・カルシウム
「乳酸カルシウム」という形でカルシウムが豊富に含まれています。
一般的にカルシウムは体内への吸収率が低いといわれていますが、乳酸カルシウムは水に溶けやすく、体内への吸収率が高いことで知られています。
吸収率の高い乳酸カルシウムを摂取することで、丈夫な骨や歯が形成されます。

ケフィアの効果・効能

豊富な栄養素を含むケフィアを摂取することで、どのような効果が得られるのかも気になるところ。
ケフィアを食べることによって、私たちの身体にもたらされるメリットについて詳しく紹介します。

整腸作用

整腸作用
腸内には悪玉菌と善玉菌の2種類があり、悪玉菌が増殖すると腸の働きが悪くなります。
腸の働きが悪くなると、便秘、免疫力の低下など、身体にさまざまな悪影響が現れます。

この状態を改善するには、悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌の働きを活性化させる必要があります。
善玉菌の代表である乳酸菌を豊富に含むケフィアは、善玉菌の補給に最適な食品。

ケフィアを摂取することで、腸内の善玉菌の数が増え、悪玉菌の働きが抑制されます。
その結果、腸の働きが整い、便秘の解消・免疫力の向上が期待できます。

美肌効果

美肌効果
乳酸菌の摂取によって腸内環境を改善。便秘が解消することで、ニキビや吹き出物など、肌のトラブルが解消されます。
また、ケフィアに含まれるビタミンB群と葉酸の働きによって、代謝や肌の形成が促進され、肌質の向上が期待できます。
さらに、酵母の働きによって活性酸素が除去され、肌の衰えを防ぐアンチエイジング効果もあると言われています。

花粉症の緩和

花粉症緩和
花粉症の原因といわれるIgE抗体は、身体に入った花粉に対して過剰反応を起こし、くしゃみ・鼻水・涙などのアレルギー症状を引き起こします。
このIgE抗体の反応を抑制する成分が、ケフィアに含まれている乳酸菌です。
乳酸菌を豊富に含むケフィアを継続的に摂取することで、IgE抗体の反応が抑制され、くしゃみ・鼻水・涙などの花粉によるアレルギー症状を緩和させることができるのです。

太りにくい身体作り

基礎代謝UP
ケフィアに含まれている酵母は、微生物の一種。糖質や脂質を餌にして、消化や代謝を助ける消化酵素や代謝酵素を生み出します。
消化酵素や代謝酵素が増えることで基礎代謝が高まり、脂肪を燃焼させるスピードが早まります。
そのため、酵母を豊富に含むケフィアを摂取することで脂肪燃焼が早まり、太りにくい体質を作ることができるのです。

スポンサーリンク

ケフィアの食べ方

ケフィアの食べ方
ケフィアは、さまざまな食材と組み合わせることで、さらに美味しく食べられる食品。
自分の好みの食べ方をみつけることで、ケフィアをもっと楽しむことができます。
ここでは食べ方のバリエーションをいくつか紹介します。

・はちみつやグラニュー糖、ジャムをかけて食べる
ケフィアの食べ方として最もポピュラーなのが、はちみつやグラニュー糖を加えて食べる方法。
はちみつやグラニュー糖の甘みで酸味が和らぎ、とても食べやすくなります。
また、好みのジャムを加えて食べると、フルーツの風味が加わってさらに美味しくなります。

・ジュースを加えてドリンクとして飲む
ほどよい酸味とマイルドでクセのないケフィアの味わいは、フルーツジュースとも相性抜群です。
オレンジジュースやグレープジュースなど、好みのジュースを混ぜてドリンクにすれば、より手軽にケフィアを摂取することができます。

・フルーツグラノーラやシリアルにかけて食べる
フルーツグラノーラやシリアルなどかけて食べるのもおすすめです。
ケフィアのやわらかい酸味と爽やかな風味にサクサクとした食感が加わり、より美味しく食べられます。

作り方

日本でも手軽に購入できるようになったケフィアですが、作り方もとても簡単です。
粉末状のケフィアの種菌を牛乳で溶き、常温で24時間ほど放置するだけなので、誰でも気軽に手作りし始めることができます。

また、ケフィアの成分を凝縮したサプリメントも販売されています。
手早くケフィアの効果を体感したい方は、サプリメントから試してみてもよいでしょう。

記事を書いた人

syufeel編集部
主婦の『変わりたい』を叶える情報メディア、syufeel編集部です。
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 福谷陽子
  • 緒方美広
  • 萬代誓
  • 橘凛保
  • 川田清弥
  • 星泰衣
  • 森口瑞恵
  • 西條 喜博
  • 山崎 麻峰
  • 古谷三十鈴
  • 杉浦詔子
  • 井元 雄一

シャイニスタ一覧

チャレンジしている主婦&ママ「シャイニスタ」を紹介します。
  • 土井 恵子
  • 今藤 美穂
  • 三ツ木 美奈
  • うちぼり かえ
  • 菊地 裕美子
  • 河上 真紀子
  • 上野 由美子
  • 加茂 有美
  • 大形 恵美
  • 松嵜 まゆみ
  • 長岡 ひろみ
  • 後藤 真弓

人気記事ランキング

 

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら

ページトップへもどる