冬の暖房器具はこれがおすすめ※種類別の電気代や特徴を徹底解説!

そろそろ暖房器具が欲しくなってくる季節。でも色々な種類があってどれを選ぶか迷いますよね、主婦にとっては光熱費も気になるところ。省エネで安全なものを選びたいかた必見!この冬チェックしておきたい暖房器具の種類や特徴、賢く選ぶポイントをご紹介しています!
トレンドニュース
暖房器具 おすすめ

暖房器具で冬支度

朝夕冷え込む季節がやってきました。
寒い冬に備えてそろそろ暖房器具を準備しようと考えている方も多いと思います。
暖房器具とひとくちに言っても、いろんな種類があって迷ってしまいますね。
適切な暖房器具の置き場所や効果的な使い方を知らずに選んでしまうと、暖まり方が悪かったり電気代が高額になったりということも。
暖房器具の種類や特徴を知って生活に合ったものを選びましょう。

スポンサーリンク

暖房器具の種類と特徴

暖房器具は暖め方によって「対流式」「輻射(ふくしゃ)式」「伝導式」の3種類にわかれます。
それぞれについての説明と、代表的な暖房器具を紹介します。

対流式

対流式とは暖房器具が暖かい空気を出し、その空気が循環することでお部屋を暖めるもの。
エアコン、石油ファンヒーター、ガスファンヒーター、セラミックファンヒーターなどが代表的です。
短時間で空気そのものが暖かくなるので、お部屋全体を暖めるのに適しています。

暖房以外の機能が充実した機種も多く、人を検知して自動で運転や停止をする人感センサー搭載の機種や、自動温度調節機能付、加湿器機能付、空気清浄機能付などもあります。
一般的に輻射式のもの(オイルヒーターや電気ヒーターなど)に比べると経済的です。
空気を暖めることを得意としますが床や壁まで暖めることができないため、室温に対して体感温度は低くなることも。

とくに木造家屋では熱が外に逃げやすいので、消すとすぐに寒くなってしまいます
空気を循環させるために、ほこりなどが舞い上がりやすい点もデメリットです。

エアコン

s022_エアコン
広いお部屋を全体に暖めるのに有効。
温度調節が簡単で、細やかな風量調節ができるDCモーター搭載機種や、設定温度に達すると自動で省エネ運転をする機種もあります。
最近の上位機種には人感センサーが搭載されており、より効率よく暖めることができるようになっています。

主なデメリットは本体以外に室外機が必要なことや、壁や天井に設置するため気軽に動かせないこと、本体価格が高いことなどです。
また、暖かいのは空気なので高気密住宅でなければ熱が逃げやすいのもデメリットのひとつです。

amazonで探す楽天市場で探す

石油ファンヒーター

s022_石油ファンヒーター
灯油を燃焼させることで暖かい空気を送ります。
立ち上がりが早くパワーもある為、お部屋がすぐにあたたまります。

エアコンに比べて電気代は安く済みますが、別途灯油を買わなければなりません。
また、灯油を燃焼させるため独特のにおいがするので、こまめに換気をする必要があります。

amazonで探す楽天市場で探す

ガスファンヒーター

s022_ガスファンヒーター
石油ファンヒーターと似ており、灯油の代わりにガスを燃焼させて暖かい空気を送ります。
部屋の暖まり方は早く、ガス燃焼時に水蒸気が発生するので乾燥しにくいというメリットも。
ガス式の暖房器具を設置するにはガス栓が必要となり、ガス栓からヒーター本体までのガスホースも必要となります。

こちらもエアコンに比べると電気代は安いのですが、ガス代もかかるので一概に「安くつく」とは言えません。
石油ファンヒーターほど気になるにおいは発生しませんが、こまめな換気は必要です。

amazonで探す楽天市場で探す

セラミックファンヒーター

セラミックファンヒーター
電気ファンヒーターとも言われ、電気で温風を発生させ速暖性があります。
人感センサー付セラミックファンヒーターや加湿機能付セラミックファンヒーターといった付加機能が充実している機種が多くあります。
他にも空気清浄機能付ファンヒーターや脱臭機能などを併せ持った高性能ヒーターが、ダイソンやパナソニック、シャープなどの各メーカーから販売されています。

amazonで探す楽天市場で探す

輻射(ふくしゃ)式

輻射式とは暖房器具自体が発熱することで周囲を暖めるものです。
空気を暖めるものではなく、赤外線により熱の向かう方向にある物を暖めます。
石油ストーブやオイルヒーター、電気ヒーター(カーボンヒーター、ハロゲンヒーター、パネルヒーター)、床暖房などが代表的です。
足元から暖めてくれる床暖房などは、底冷えするのを防ぎ体感温度が高くなります。

石油ストーブ

s022_石油ストーブ
石油ストーブは昔から使われている暖房器具ですが、暖房効果が高く輻射式と対流式の良いところを併せ持っています。
灯油を燃焼させることで得られる遠赤外線の輻射熱と、自然対流による暖房効果があり広いお部屋を暖めるのにおすすめです。

基本的に電気が必要ないのでアウトドアでの使用も可能。
構造が単純なためメンテナンスが楽で、故障しにくいところも大きなメリットです。

デメリットとしては、灯油を燃焼させる為まめな換気が必要なこと、温度調整が難しいこと、本体がかなり高温になるため火傷のおそれがあることなどがあげられます。
小さいお子さんのいる家庭ではとくに注意が必要です。

amazonで探す楽天市場で探す

オイルヒーター

s022_オイルヒーター
本体の中に入っている難燃性のオイルを電熱線で暖めることにより輻射熱が発生します。
立ち上がりには時間がかかりますが、一度暖かくなると冷めにくく、対流効果もあるので
お部屋全体が暖まります。
またオイルを温めるものであって、燃焼させることはないので安全性が高く乾燥しにくいというメリットも。
立ち上がりに時間がかかることと、他の暖房器具に比べ電気代が割高になることがデメリットといえます。

amazonで探す楽天市場で探す

ハロゲンヒーター

s022_ハロゲンヒーター
ハロゲンランプを加熱することで近赤外線を発生させます。
遠赤外線ヒーターと比較すると、立ち上がりが早く、体の表面を暖めるのに適しています。
お部屋全体の温度は上げられないという点がデメリットです。

amazonで探す楽天市場で探す

カーボンヒーター

s022_遠赤外線ヒーター
発熱体の材料にカーボン(炭素繊維)を利用しています。
立ち上がりは早いのでスイッチを入れるとすぐに暖かくなります。
ハロゲンヒーターに比べて熱効率が高く、少ないワット数でも暖かく感じられ経済的です。
部屋全体を暖めるには不向きであるというデメリットがあります。

amazonで探す楽天市場で探す

パネルヒーター

s022_パネルヒーター
パネル面全体にある電熱線から直接輻射熱が発生します。
立ち上がりが早いため、すぐに暖かくなり音も静かです。
軽量で動かしやすく狭い場所でも邪魔になりません。
パネル面しか暖まらないこと、パワーが弱くすぐに冷めてしまうことがデメリットです。

amazonで探す楽天市場で探す

床暖房

s022_床暖房
床を暖めることで輻射熱が発生し、お部屋全体を暖めます。
住宅の床下に設備を埋め込み、電熱線に電気を流して暖める電気式と、ガスや電気で作った温水を流して暖める温水式があります。
お部屋が乾燥しにくいので体感温度が高く、空気も汚れません。

デメリットとしては暖まるまでに時間がかかること、設置には床の工事が必要であること、初期費用がかかることがあげられます。
また、電気式のものはかなりの電気代がかかります。

伝導式

伝導式の暖房器具は、発熱体で直接「体」を温めるものです。
ホットカーペット、電気毛布、こたつなどが代表的。
値段も高くなく気軽に買え、電気代などのランニングコストも安く済みます。

対流式(エアコン、ファンヒーターなど)と違って空気が動くものではないので、ほこりが舞う心配もありません。
デメリットは、体を離すと寒いこと、部屋全体が暖まらないことがあげられます。
また体が温まる分乾燥もしやすく、長時間接触していると低温やけどの原因になることもあります。

ホットカーペット

s022_ホットカーペット
カーペット生地の中に電熱線が埋め込まれており、そこに電流を流すことで暖めます。
電気カーペットとも言われており、電気カーペット本体とカバーがセットになった電気カーペットセットとして販売されていることも。

カーペット本体にお好みのデザインのカバーを掛けて、お部屋のインテリアと調和させて楽しむことができます。
広範囲を暖めることができますがが、電気毛布などに比べると動かしにくいのがデメリットです。

amazonで探す楽天市場で探す

電気毛布

s022_電気毛布
ホットカーペットと同じく生地の中の電熱線に電流を流して暖めます。
掛けるタイプの他にも敷くタイプの電気敷毛布や、掛敷兼用電気毛布もあります。
手頃な大きさの電気ブランケットや電気ひざ掛けなど種類もデザインも豊富です。

小さく薄いのでどこでも使いやすくランニングコストが安いのもメリット。
1時間あたりの電気代が1円に満たないものが多くとても経済的です。
寝るときに使用すると低温やけどや体が乾燥するなどのリスクがあるので、あらかじめ布団を暖めることに利用して、寝る前は消すなどの工夫をしましょう。

amazonで探す楽天市場で探す

こたつ

s022_こたつ
石英管(せきえいかん)を暖めることでその輻射熱を発生させ、こたつ布団の中を暖めます。
布団で密閉するので熱効率がよく、ランニングコストが安く済みます。
場所をとること、布団をまめに干さないと不衛生になりやすいことがデメリットです。
布団のいらないコタツもあり、足元を暖めてくれるダイニングテーブルとして常に出しておくこともできます。

amazonで探す楽天市場で探す

複合型の暖房器具

ハイブリッドヒーター
2種類の暖房器具を組み合わせたハイブリッドヒータも注目されています。
代表的なのは、石油ファンヒーターとの組み合わせ。
石油ファンヒーターも立ち上がりが早い暖房器具ですが、さらに速暖性のあるセラミックヒーターやグラファイトヒータを一緒にすることにより、効果的に空間を暖めてくれます。

オイルヒーターとパネルヒーターを組み合わせたハイブリッドヒーターは、イギリスの電気暖房器メーカーDimplex (ディンプレックス)の商品が有名。
部屋全体を暖めるオイルヒーターと速暖性のあるパネルヒーターの、両方の機能を兼ね備えています。

ハイブリッドヒーターは組み合わせた器具を単体として使い分けられるものがほとんど。
すぐに暖めたい場合にはハイブリッドヒーターとして運転し、お部屋が暖まったら単体の運転に変更するという使い方がおすすめです。
ハイブリッド運転中は消費電力が大きくなるので、電気代が割高になるというデメリットがあります。

amazonで探す楽天市場で探す

暖房効果を高めるために

s022_温かい格好

最適な設置場所

部屋の暖房効果を高めるためには、熱が逃げやすい窓際や壁際に暖房器具を設置しましょう。
暖まった空気は窓や壁から逃げやすく冷気も入りやすくなっています。
窓際や壁際に暖房器具を置いて冷気の侵入を防ぎ、部屋全体を暖める効果を高めましょう。
また、部屋(場所)ごとに適した暖房器具を設置することでも電気代節約や暖房効果アップにつながります。
使う部屋ごとに適した主な暖房器具を紹介します。

リビングに適した暖房器具

家族が長時間集まるリビングには、広いお部屋全体を暖められるエアコンが適しています。
足元の冷えが気になる場合は、床暖房やホットカーペット、こたつなどを組み合わせましょう。

寝室に適した暖房器具

睡眠のために使う寝室には、空気を汚さず部屋全体が暖まるエアコンが適しています。
電気毛布で布団を暖めておくのも効果的。
就寝中の喉や肌の乾燥を防ぐために加湿機能付きの機種もおすすめです。
またスチーム式加湿器などを併用することでも乾燥を防ぐことができます。

脱衣所・洗面所・トイレに適した暖房器具

換気扇やドアの開閉により換気量の多い場所なので、速暖性があり体を局所的に暖められるファンヒーターや電気ヒーター(遠赤外線ヒーター、ハロゲンヒーター、カーボンヒーター、パネルヒーター)が適しています。
持ち運びしやすく邪魔にならないコンパクトタイプがおすすめです。

参照元:暖房器具をかしこく使い分けよう ダイキン工業株式会社
参照元:TEPCO 各部屋の特徴と適した暖房器具

効果的な組み合わせ方

違う種類の暖房器具を組み合わせることで、それぞれのデメリットを解消し効果的に暖めることができます。

エアコン+ホットカーペット

下半身を暖めることで室温が低くても体は十分に温まります。
エアコンの設定温度を低めにしてホットカーペットの電源を入れておくことで、室温が低めでも体感温度は高くなり、電気料金も安くなるのがポイント!
保温効果を高めるために、ひざかけやブランケットなどで足元をカバーすればより暖かく過ごすことが出来ます。

さらにこたつをプラス!
ホットカーペットの上に電源を入れずにこたつを置くと、こたつ布団の中に熱がこもり暖かくすごせます。

エアコン+ファンヒーター

エアコンと一緒に立ち上がりの早いファンヒーターを使うことで、早くお部屋を暖めることができます。
お部屋が暖まったところでファンヒーターの電源を切ると、後はエアコンでも十分暖かさを保つことができます。

基本的に「お部屋を暖めるもの」と「体を温めるもの」を組み合わせることで効率的に暖まることができます。

おすすめしない組み合わせ方

「対流式」プラス「対流式」など同じ方式のものを組み合わせると無駄にコストがかかるので、基本的にはおすすめしません。
エアコン+ファンヒーターをおすすめの組み合わせとしてあげましたが、あくまでも一気に室温をあげるために使うのであって2つを同時につけっぱなしにしておくのは電気代の無駄になります。

湿度と体感温度

梅雨の時期はそんなに気温が高くなくても暑く感じますよね。
それは湿度が高いから。
冬場は乾燥しがちなうえ、暖房を使うことでさらに湿度は下がります。
加湿を心がけて体感温度を上げましょう。

方法としては、加湿器を使うのが一般的。
アロマオイルを使って香りを楽しめる加湿器もあります。
濡れタオルを部屋に干すのも適度な加湿効果があるので、加湿器が無い場合はこの方法でもOKです。
ただし、温かいからと言って、湿度を上げ過ぎると結露の原因にもなりますので注意してください。

暖房器具にかかるコストは?

s022_貯金箱と電卓

電気代について

暖房器具にかかる光熱費はとっても気になるところ。
機種により消費電力に違いがあり、またお住まいの地域の電力会社で電力単位が違うのでこの暖房器具ならこのくらいかかる、というのは難しいのですがだいたいの目安を紹介します。

1時間あたりの電気代
(木造家屋で8畳のお部屋を想定)
エアコン3~50円
石油ストーブ0円
(電気を使わないため)
石油ファンヒーター約30円
ガスファンヒーター20~30円
セラミックファンヒーター13~32円
オイルヒーター13~32円
ハロゲンヒーター約25円
カーボンヒーター約24円
パネルヒーター10~27円
床暖房19~40円
(床暖房は暖まると電気代が約1/2になります。)
ホットカーペット8~10円
電気毛布0.9~1円
こたつ2~4円

参照:電気代の安い暖房器具を知って暖房費を節約しよう|エネチェンジ

その他のコスト

ガスファンヒーターは電気だけではなくガスを燃料に使います。
一般的にプロパンガスを利用するよりも都市ガスの方が料金が安いのですが、電気とガスを組み合わせて使用するのでコストは高め。

エアコンに比べるとガスファンヒーターの電気代は高いので、使用するときは温度設定を低めにするなどの工夫をしましょう。
ガス料金についてはガス自由化となりさまざまな料金設定が用意されているので、現在の契約を変更することも可能です。

石油ファンヒーターも電気と灯油の併用です。
昔は灯油が安上がりだといわれていましたが、近年石油価格の高騰で灯油も値上がりしています。
選ぶ際には省エネタイプを選ぶことをおすすめします。

石油ストーブは灯油代と、乾電池式のものだと電池代が別途必要となります。

温度設定を見直す、対流式の暖房器具はフィルターをきれいにしておくなど、少しの工夫をするだけで光熱費を抑えることができます。

スポンサーリンク

syufeelはココに注目!

暖房器具をきちんと選ぶことは、電気代節約においてとっても重要。
購入前に、暖房器具の商品や機能を慎重に比較して、自分の家庭に合う商品を選びましょう。

また、新築や引っ越しなどでこれから暖房器具の購入を考えている家庭や、最新家電への買い替えを考えている家庭は、あらかじめweb価格を調べた上で実店舗に行くと賢く買い物ができます。
購入の際にはポイント進呈されることが多いので、ポイント分も価格から割り引いて比較して、よりお得に購入しましょう。

価格の比較には税抜か税込か、表示の違いにも注意が必要です。
通販での注文はお届けまでに時間がかかることも。
在庫と配達日の確認をし、寒さが本格的になる前に早めに手配しておきましょう。

電気代を見直そう

暖房器具の使用で電気代がかさむ時期だからこそ、各家庭のライフスタイルに合った電気料金プランに変えることで、年間電気代の節約が期待できます。
現在、電力自由化によって選べる電気料金プランの選択肢がぐんと広がりました。
たくさんの料金プランの中から最適なプランを選ぶ方法をまとめたサイトや家庭の電気料金を比較できるサイトもあるので、ぜひチェックしてみましょう。

部屋全体を早く暖めるには

セラミックファンヒーターは温風が出て、部屋の隅々まで熱が行きわたるので、部屋全体が早く暖まります。
一方、電気ストーブは部屋全体が暖まるまでに時間がかかりますが、つけるとすぐにストーブ付近は暖かくなります。

一人暮らしなら電気ストーブで十分かもしれませんが、寒冷地の住宅や吹き抜けのある家、広いリビングのある家などではそうはいきません。
すぐに部屋全体を暖めたいならエアコンだけでは不十分なので、セラミックファンヒーターや石油ファンヒーターなどをプラスして、部屋の隅々まで温風を行きわたらせ快適に過ごす工夫をしましょう。

防寒対策と暖房費節約術

暖まった室温を保ち暖房器具の運転を安定させることで、電気使用量を抑える効果が期待できます。
そのためには暖まった空気を逃がさないように住宅の気密性をアップさせることがポイント。
窓には厚手のカーテンや断熱パネル、すき間テープなどを利用して冷気を遮断しましょう。

気密性をアップさせると暖房効果が高まり室温が安定するのでエアコン代節約につながります。
住宅の気密性アップさせる対策グッズは、ホームセンターが種類も豊富で便利です。
また、ルームシューズやレッグウォーマーなど足元の防寒グッズを併用するのもおすすめ。
見ているだけでも暖かく感じられる暖炉型ヒーターなど、インテリア性のある暖房器具で暖かい雰囲気を演出するのもよいでしょう。

賢く使って快適に冬を過ごそう!

それぞれのライフスタイルによって適した暖房の仕方は違います。
赤ちゃんがいればホットカーペットなどでを使用する際、低温やけどのリスクは避けたいですし、コンクリート住宅より気密性が低い木造住宅ではエアコンだけで暖かく過ごすことは難しいですね。
さまざまな暖房器具それぞれの特性を知り、上手に選んで快適な冬を過ごしましょう。

記事を書いた人

syufeel編集部
主婦の『変わりたい』を叶える情報メディア、syufeel編集部です。
暖房器具 おすすめ
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

専門家の目線で主婦の悩みを解決してくれるプロフェッショナルを紹介します。
  • 國井兵太郎
  • 西村史子
  • 島谷美奈子
  • 髙橋美穂
  • 小山智子
  • 渡辺紀夫
  • 小林潤子
  • 福一由紀
  • 星泰衣
  • 勝山昭人
  • 古谷三十鈴
  • 阪口珠未

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる