主婦が就職・パート面接で採用されるには?面接官はココを見る!

主婦が就職・パートの面接を受けるとき、採用をつかむためのコツを専門家が教えます。面接官が見ているポイントから希望条件の上手な伝え方まで、評価アップにつながるポイントを紹介します。不採用となってしまった時の打開策を知りたいときも要チェック!
主婦の仕事探し
島谷美奈子
島谷美奈子 (しまたに みなこ)
キャリアカウンセラー

面接で採用をつかむポイント

wk03_面接の女性最大のポイントは、「この人と一緒に働きたい」と思わせること。
もちろん、その仕事に必要なスキルを持っていることも大切ですが、人柄も見られていることを忘れてはいけません。
採用側に一緒に働きたいと思わせるには、その会社で『働きたい理由』と『志望動機』が答えられ、自分がどのように活躍できるかといった『自己PR』をしっかり伝えることです。

自己PR方法以外で重要なポイントはマナーです。
明るい印象かどうか、動作がテキパキしているか、受け答えがスムーズか、論理的に話せているかといった部分などを見られています。
自信のなさそうな方や控えめ過ぎる方は、なかなか次へと進めません。
緊張するのは当たり前ですが、自信を持って普段の自分らしく挑みましょう。

緊張から相手の目を見られない方がたくさんいますが、これでは自信がないという印象を与えてしまいます。
ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、家族の前で面接の練習をしてみるのもおすすめです。

面接官はどこを見てるの?

主婦の方の就職・パート面接で見られるのは、ビジネスパーソンとしての適性です。
あまりにも生活感が漂っている印象を持たれたり、準備が出来ていないと思われたりすると、その時点で「仕事復帰にはまだ早い」と判断されることも珍しくありません。
そういう意味では、ヘアメイクや服装も重要なポイントと言えます。

最近の傾向と対策

最近の面接傾向としては、条件重視の方は敬遠されてしまいます。
応募した理由を家から近いからと答えてしまうと、家が近ければどこでもいいのかと思われてしまいます。
だからこそ、なぜこの仕事を選んだのか、なぜこの会社で働きたいのかをきちんと伝えることが重要になってくるのです。
面接を受ける前に、自分は条件重視の考えに偏っていないか見直してみましょう。

面接で希望条件を伝えるコツ

希望条件は自己PRのあとで条件重視の印象を与えることなく、上手く希望条件を伝えるには、まず志望動機や自己PRを伝えることがポイントです。
自己PRをしっかり行った上で、その後の質問時間などに自分の希望条件を伝えましょう。

伝え方の具体例としては、まず最初に「自分はぜひこの会社で働かせてもらいたいと思いました」「自分は会社にこのようなことで貢献できます」などと話します。
その上で、「ただ、ひとつだけご相談なのですが、4時までの勤務にさせていただくことは可能でしょうか?」などのように、質問形式で投げかけるといいでしょう。
一方的に条件を伝えるのではなく、すべて相手に対する質問として伝えるように心がけてください。

条件の伝え方で評価アップ!?

面接で希望条件を伝えるとき、実は交渉能力を見られているのです。
主婦の方には、自分のマイナス面をプラスに変えて交渉していくことを期待されています。
例えば、「5時までしか勤務できませんが、その分しっかりと時間管理をし、効率の良い業務進行に貢献します」というように、マイナスに思われる部分をうまく変換してプラス面を強調しましょう。
この勤務条件の伝え方が上手ければ、企業側の評価アップにつながる可能性も充分にあるといえます。

不採用になったときの打開策

条件を書き出す不採用になったということは必ず理由があるはずなので、まずは振り返りをすることです。
面接で自分はどのような質問を受けてどう答えたか、どのような対応をしたのかなどを書き出してみましょう。
それを働いている家族や友人、キャリアカウンセラーなどの専門家に一度見てもらい、フィードバックをもらうだけでも大きく違ってきます。

また、面接を一気にたくさん受け過ぎて疲れてしまうこともよくあります。
一度に何社応募するのか、一週間に何回面接に行くのかなど、事前にスケジュールを立てる必要もあります。

もし、次の行動に移せないほど落ち込んでしまった場合は、就職活動を一度止めてみてもいいでしょう。
思い切って応募する仕事や職種を変えてみるのもひとつの方法です。
少し時期をずらして、また再開するというパターンも考えられます。

面接に向けて出来ること

主婦の方の場合、子供と接する母親らしい振る舞いになっていることがよくあります。
面接で働く準備ができていると思われるためには、時々でもいいので普段から仕事モードになることを意識してみてください。
ヒールの靴を履いてセミナーに出掛けるのもいいですし、働いている友達とランチに行くだけどもちょっとしたモード変換のきっかけとなります。

仕事モードになれるきっかけ作りとして、『スーツ』を活用するという方法もあります。
スーツを着ることで気分が変わり、グッとビジネスパーソンに近づいて面接にも自信を持って挑めるというケースもよくあります。
特に女性は、見た目から変わっていけるという長所があるのです。
スーツを着こなし、メイクや持ち物をビジネス風に変えるだけで、不安に感じていた面接も楽しめるようになるでしょう。

シングルマザーの方向けの『レンタルスーツ』の利用ができる自治体もありますので確認してみましょう。

記事を書いた人

島谷美奈子
キャリアカウンセラー
島谷美奈子 (しまたに みなこ)
ライフイベントと仕事の両立や職場復帰に悩む女性をサポート。企業や団体、自治体向けのセミナー講師としても支持を得ています。
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

専門家の目線で主婦の悩みを解決してくれるプロフェッショナルを紹介します。
  • 渡邊隆徳
  • 黒田俊吉
  • 西條 喜博
  • 宮崎ますみ
  • 川島智世
  • 猪越英明
  • 米山絵美
  • 小川大介
  • 山本里佳
  • 太田智子
  • 藤崎徹
  • 小山智子

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる