就職に役立つ資格を取得!働きたい主婦におすすめの活用方法

就職を希望する主婦が今からでも取得できる人気の資格や、仕事に役立つ資格について紹介しています。また資格の取り方や、活躍するために必要なポイントをお教えします。
仕事
島谷美奈子
島谷美奈子 (しまたに みなこ)
キャリアカウンセラー

就活前に資格を取得したほうがいいのかどうかは悩ましいところです。
そこで「主婦が働きやすい職場の特徴」(注1)でも触れた、主婦が今からでも取得できる人気の資格と、実際の仕事への結び付け方について詳しくお伝えします。

求人が多いものから役立つ資格を知る

高齢化社会の現在、医療・介護の現場では主婦の力を必要としています。
手を握る
特に「介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)取得者」は、未経験でも就職に結びつくことが多い資格です。
また、経験を積んだ後に介護福祉士を取得し、キャリアアップする道も開かれています。(注2)
接客経験がある方や、人の役に立ちたいという方にはお勧めです。

また、医療機関の窓口や事務職では「医療事務資格」を優先して採用するところも多くあります。
事務経験があり、なおかつ医療の現場で働くことへ関心が高い方にはお勧めです。
電話対応をする事務員
事務職の求人では「日商簿記2級」を条件に挙げているものが多く見られます。
経理業務だけでなく、数字の取り扱いが多い一般事務、営業事務などでも見られます。
数字の取扱い経験があり、さらにスキルアップをしておきたいという方にはお勧めです。

資格の習得方法を知る

資格取得には主に2つの方法があります。

一つ目は職業訓練です。
働きながら取得する方には、雇用保険加入3年以上が条件の「教育訓練給付金制度」指定の職業訓練があります。

経費の20%相当額、上限10万円までを負担する制度です。
指定口座は厚生労働省のホームページから探すことができます(注3)。

尚、現在働いていない方、雇用保険に加入していない方には「職業訓練受講給付金(求職者支援制度)」があり、講座受講後に最大で10万円までの給付金が支給される制度があります(注4)。
職業訓練はお住いの地域のハローワークでの申し込みが必要です。

二つ目は独学で学ぶ方法や、ご自身でスクールへ通う方法です。
女性2人に英語を教える外国人講師
育児や家事の経験から興味を持ち、メイク・アロマ・カラーセラピスト・マッサージなどの資格取得を目指す方もいらっしゃいます。
また、以前使っていた語学力などの専門スキルをブラッシュアップする方もいらっしゃいます。
ご自身でスクールへ申込みとなります。

久しぶりの勉強は予想以上に疲れますし、家庭との両立は大変なものです。
金額や通学の距離、時間帯が自分に合っているかどうか、申込時には十分確認しましょう。

資格取得後就職するためには

勉強中の二人の学生
資格取得後に就職するためには、勉強を始める前から「求人」を探しておくことがポイントです。

そもそも求人が少ない、ある年齢層までの求人ばかりで自分の年齢は該当しないのであれば取得しても就職できないかもしれません。
その資格を取得したらどのような仕事につけるのか、求人サイトやチラシなどをチェックしておきましょう。

勉強中も、求人情報を収集して、就職後のイメージを付けておくとモチベーションも高まります。
もちろん、勉強に集中できる環境を整備しておくことも大切です。

家事育児との両立が図れるように、生活のリズムを整えておきましょう。

尚、職業訓練は、申し込めば必ず受講できるわけではありません。
面談があり志望動機などが明確でない場合は受講できない場合もあります。

また、人数が集まらなければ開講されないコースもあります。
それから、資格によっては難易度が高く合格までに期間がかかる可能性があるものもあります。
せっかく勉強を始めても途中で断念しないように合格率や合格までの平均の期間等を調べ、取得までの計画を立ててから始めましょう。

資格の活かし方は自分次第

資格は自分に自信がつき、就職へ背中を後押ししてくれる強力な味方です。
興味があることの勉強はやりがいにもなります。

けれども、取得したからといって、自動的に就職できるわけではありません。
書類選考、面接の段階でなぜこの資格を取得したか、自分がどのように役立つかを説明しなくてはなりません。
その説明がスムーズにできなければ、「資格マニア」とマイナスの印象になる場合もあるのです。

なぜ、その資格を取得したいと思ったのか、取得後どのような仕事に就きたいと思ったのか話せるようにしておきましょう。

自分がその資格を取得後、活躍しているイメージがつくかどうかがポイントです。

(注1:参考コラム)
就活前にチェック!主婦が働きやすい職場の特徴

(注2:日本ホームヘルパー協会HPより「訪問介護員の養成と現任者のスキルアップ」
http://nihonhelper.sharepoint.com/Pages/yousei.aspx

(注3:厚生労働省HPより教育訓練給付制度)
http://www.kyufu.mhlw.go.jp/kensaku/T_K_kouza

(注4:参考コラム)
女性も活用したい「教育訓練給付金制度」
http://jijico.mbp-japan.com/2014/09/24/articles12372.html

(注5:参考コラム)
【ママの就活】資格がないから応募できない?!
http://mbp-kanagawa.com/personal-life/column/8777/

記事を書いた人

島谷美奈子
キャリアカウンセラー
島谷美奈子 (しまたに みなこ)
ライフイベントと仕事の両立や職場復帰に悩む女性をサポート。企業や団体、自治体向けのセミナー講師としても支持を得ています。
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 泉 千恵
  • 米山絵美
  • 三宅 伸
  • 庭田真理子
  • 佐々木恵一
  • 篠塚和正
  • 谷口 教子
  • 宮崎ますみ
  • 福谷陽子
  • 小山智子
  • 小林潤子
  • Acky→

シャイニスタ一覧

チャレンジしている主婦&ママ「シャイニスタ」を紹介します。
  • 城 直子
  • 武貞 梢
  • 藤井 圭子
  • 嶋田 真里
  • 大坪 さやか
  • 高垣 潤子
  • 木戸 彩
  • 柴田 浩子
  • 羽藤 千恵
  • Maki
  • 趙恵美
  • 今藤 美穂

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる