室内への侵入を徹底ブロック!花粉を除去する部屋別の掃除方法

掃除をしても花粉症状が治まらない…その掃除方法間違っていませんか?花粉を家の中に持ち込まない方法や換気の仕方・布団・窓の掃除法を掃除のプロが紹介します。場所・物別の正しい掃除で花粉症対策をしましょう。
生活
髙橋美穂
髙橋美穂 (たかはし みほ)
ルームスタイリスト・プロ

花粉症で悩まされてる方は多いですよね。
屋外だけでなく家の中にいても、症状が収まらない方も多いのではないでしょうか。

窓を開けていないから安心!掃除をしているから大丈夫なはず!と思われてる方、気を付けていても花粉は、家の中の意外な場所に入り込んでいるのです。

住人が外から持ち込んだり、掃除の仕方を誤っていて取り除けていない等、居住空間の花粉を意識すれば、ツライ時期も家の中では快適に過ごすことが出来ますよ。

花粉の居場所

家の中でも花粉が溜まり易い、花粉の居場所ってあるんです。

玄関人が持ち込んだり風で侵入
トイレ・洗面所服の着脱で落ちたり、換気扇に吸い寄せられる
キッチン・浴室換気扇に吸い寄せられる
室内畳の目に引っかかっていたり、ソファー・カーペット等の繊維に絡みついている
風に乗って入り込み、カーテンの繊維に絡み着く

何だか家の中まで花粉だらけ…と思ってしまいますね。
空気の流れがある場所は要注意です。

侵入を防止する

まず花粉を家へ入れないように気をつけましょう。
家の中の花粉は、帰宅時に住人が持ち込んでくる事も多いのです。

玄関

moppugake
先ずは、一番入り込みやすい玄関からの侵入を防ぐ対策です。
ちょっとだけならと、庭やテラスに出たりしても花粉は着いてくるので注意です。

コート等衣類だけでなく、髪の毛・帽子・鞄・小物にもついているのです。
衣類に着いた花粉は、叩いて落とそうとしても取れ難く、逆に繊維の奥に絡んでしまう原因にもなります。
叩かず、脱いで勢いよく振り払うようにしましょう。

振り払うと花粉も舞い上がってしまうので、気になる方はコロコロ(粘着テープ)で衣類の表面を優しくなでます。

玄関は人の出入りも多く、度々掃除をするのは大変ですね。
そこで簡単に玄関(たたき)の花粉を取り除く方法を紹介します。

  1. たたきに新聞を敷く
  2. 上から水を撒く
  3. 新聞に花粉を吸着させてそのまま丸めて処分する
  4. 後は軽く水拭きする
水拭きを消毒用エタノールに変えるとカビ対策にもなります。

 

換気

換気は時間帯に気を付けましょう。
花粉が多く飛ぶといわれるAM9:00~PM3:00は避けるようにし、なるべく短時間で行いましょう。

花粉は、窓を開けると風にのり家の中に入ってきます。
侵入を最小限にする為、網戸は閉めレースカーテンも引いておきます。

換気や掃除が終われば、カーテンにコロコロを掛け付着した花粉を取り除きます。

カーテン素材はツルツルした物の方が、花粉の付着が少なくて済みます。

 

室内掃除

掃除に適した時間帯をご存知ですか?
それは朝一です。

夜間、花粉は下に落ちるので人がまだ行動をしていない朝がお勧めなのです。
上記で説明したAM9:00~PM3:00の掃除に適さない時間帯は避けるようにします。

花粉はとても軽く宙を舞っているので、呼吸をする時に吸い込んでいます。
室内の湿度を加湿器などで上げると、空気中の花粉は水分で重くなり下に落ちてきます。
目では見えませんが、加湿により重くなった花粉は床・棚やテーブルの上に落ちています。

掃除の時にもマスクをする習慣をつけ、出来れば毎日水拭きの後、乾拭きの順番でいつもより丁寧に拭き取ります。

拭き掃除が難しい場合は、使い捨てのウエットタイプのシートワイパーもおすすめです。

 

掃除機

この時期はどうしても舞い上がった花粉を吸い込んでしまうので、掃除機の使用はなるべく控えます。
使用する時には先に拭き掃除をしてから行います。

最近は排気循環型やフィルターの細かい物がありますので、そういう物を選ぶ事も一つの方法です。

布団

bed
天気が良い日は布団を外に干したくなりますが、これは厳禁です。
どうしても干したい場合は、室内の日当たりの良い場所に広げておきます。

布団乾燥機があるときは上手に使用し、布団の湿気を減らして快適に過ごしましょう。
干していなくともカバー類には衣類から花粉が移ってしまうので、花粉の時期は清潔さを保つだけでなく、対策としてマメに洗濯をしましょう。
洗濯物を室内干しにすれば室内の湿度も上がり、花粉が空気中に舞うのを防ぐ効果もあります。

使用していない時

空気中に舞っている花粉が布団に落ちるのを防ぐため、カバーを掛けておきましょう。
それでもわずかに付着してしまった花粉を就寝中に吸い込まないように、カバーは顔が触れる周囲を中心に掛けます。

掛けたカバーは就寝前にそっと外し、そのまま洗濯しましょう。

家電製品

cleaing-mom
電気機器は静電気によって花粉やほこりが引き寄せられますので、小まめに掃除しましょう。

掃除には洗濯用の静電気防止効果と書かれた柔軟剤を使用します。(リンスでも代用可)

 

  1. バケツに柔軟剤を入れ水で5倍~10倍程度に薄める
  2. 布を2分程度浸し固く絞る
  3. 洗濯機の脱水機能でも可

  4. 5分程乾かして電気機器を拭く

花粉が付き難くなり、掃除もし易くなりますよ。

注意

テレビの画面をティッシュや乾いたタオルで拭くことは余計に静電気を発生させる原因になるので避けましょう。

畳・フローリング・カーペット

  1. 目に沿ってしっかりと固く絞った雑巾で水拭きする
  2. 目に沿って乾拭きする
  3. 目に沿って掃除機をかける

特に窓付近や出入り口近くは念入りに、花粉をしっかりと拭き取るようなイメージで行います。
カーペットは花粉が潜んでいる量が多いので、出来れば毎日念入りに掛けて下さいね。

注意

目に逆らうと花粉が絡みつく原因になるので避けましょう。

場所によって使い分け

家の中の花粉対策は道具の使い分けも大切です。

舞う花粉対策に空気清浄機を使ったり、正しいタイミングで掃除機を上手く使いましょう。
ひどい花粉症に悩まされている方には、衣類や寝具の掃除も重要です。
窓際・玄関は花粉が侵入しやすいので特に念入りな掃除を行います。

一番重要な事は【こまめな掃除】です。

花粉症でお悩みの方はこちらもおすすめ

アロマで鼻づまりを解消する方法をご紹介

これでスッキリ!花粉症の鼻づまり※寝るときも使える簡単解消法

記事を書いた人

髙橋美穂
ルームスタイリスト・プロ
髙橋美穂 (たかはし みほ)
片付けから掃除、模様替えまで、家の整え方をトータルにサポート!暮らしがちょっと豊かになる空間づくりの提案が好評です。
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

専門家の目線で主婦の悩みを解決してくれるプロフェッショナルを紹介します。
  • 宮崎ますみ
  • 星山千晶
  • 川島智世
  • 福一由紀
  • 小松美和
  • 西條 喜博
  • 松原好克
  • 佐々木恵一
  • 星泰衣
  • 岸智絵
  • 黒田俊吉
  • 緒方美広

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる