電力自由化についての主婦の疑問に専門誌の編集長が答えます!

電力自由化が話題になっているものの、本当のところどうなのかわからないこともあります。 そこで、主婦の方から寄せられたさまざまな疑問に、電力専門誌【ENERGYeye/エナジーアイ】の編集長が徹底回答! 電力自由化に関するあらゆる種類の疑問を解決してくれています!
電力乗り換え
ENERGYeye/エナジーアイ
ENERGYeye/エナジーアイ (エナジーアイ)
電力選びのサポートマガジン

電力自由化についての主婦の疑問を解決!

電力自由化の基本内容やメリット・デメリットを知っていくと、新たにさまざまな疑問が生まれてきます。
今回は、電力自由化についてsyufeelに寄せられた質問の中から、意外と知られていない内容について回答しました。
これから家庭の電力や契約する電気事業者を見直すとき、ぜひ参考にしてみてください。

我が家はオール電化なのですが、電力自由化での乗り換えメリットはありますか?

オール電化の家庭の方は、現在のところ既存の電気料金プランが一番お得だと言えます。
全国10地域の一般電力会社は、電力自由化になる前からオール電化世帯を増やそうとして、夜間の電気料金が安いプランを用意するなどの努力をしてきました。
この価格設定は、新規参入の電力小売事業者が太刀打ちできないレベルとなっていて、なかなか対抗できるプランが出せないでいます。
オール電化の家庭の場合、新電力に乗り換えるとかえって電気代が高くなり、損をしてしまうことになるので注意してください。

自由に選択できるのであれば、原発由来でない電気を販売している会社を選びたいと思っています。
契約する小売電気事業者の電源を見極めることはできるのでしょうか?

原発を使用していない電力小売り事業者を選びたいのなら、まずは電源構成を見てみるといいでしょう。
「電力会社は電源構成を開示しましょう」といったガイドラインが作られているのですが、残念ながら現時点では電源構成が見られる企業は一部しかありません。
開示する電源構成は過去の実績でいいのですが、ほとんどが今回の電力自由化で新規参入した会社なので開示できる実績がないのです。
しかし、これからは新電力も販売実績ができていくので、今後は電源構成を開示していく企業が増えると予想されます。

海外では電力の原材料表示がされている国もあると聞きました。日本でも原材料表示がされるようになりますか?

経済産業省の有識者会議では、電力の原材料表示は難しいという方向で終わっています。
電気というのは色もニオイもない上に電線を通じて混ざり合うので、どの発電所で作った電気がどの家庭に届くかということを紐づけようとしてもなかなか難しいのです。

実際のところ電気に色はつけられませんが、疑似的に出来る技術はあるため、原材料表示を義務化したいという意見もありました。
その一方で、「技術的に難しいものを義務化させるのはどうなのか」という意見もあり、結局はガイドラインを元に電源構成を開示しようというニュアンスで落ち着きました。
この決定によって、ガイドラインに抵触しない範囲であればPRすることはできますが、原材料表示が義務化される予定は現在のところないと言えます。

電力自由化により、自宅での太陽光発電の買い取り方法も変わるのでしょうか?

自宅での太陽光発電の買い取り方法は、基本的にはこれまでと変わりません。

現在、太陽光発電の買い取りをしているのは、一般配送電を持っている企業と買い取り事務所のようなところです。
一般送配電を持っている企業とは、東京電力や関西電力などの電線を持っている会社のこと。
この一般電力会社の送配電部門が、これからも自宅の太陽光発電を買取ってくれるので、電力自由化により買取りに問題が起こることはないでしょう。

電力自由化に関して、どんな詐欺や悪質な勧誘などが考えられますか?

まず気をつけてほしいのは、「スマートメーターを設置するためのお金を支払ってください」と言われるケースの詐欺です。
そもそもスマートメーターの設置は基本無料で行われるものなので、費用を請求されたら怪しいと思ってください。

また、「電気料金を一年間前払いすると安くなります」と言われるような営業や訪問販売なども考えられます。
これは冷静に考えるとすぐにわかることですが、電気代は月々の電気使用量によって変わるため、事後請求するものです。
前もって一年分の料金を明確に算出することなど普通はできません。
もし前払いしてしまった場合、その会社がすぐに無くなってしまうケースなどもあり得るので、十分に気をつけましょう。

離れて暮らす両親などにも、悪質な営業や訪問販売、電話勧誘などの詐欺には注意するよう、早めに情報共有することも大切です。
もしこのような会社と契約をしてしまった場合は、すみやかにクーリングオフをしてください。
今回の電力自由化のスタートと共に、電気契約もクーリングオフ制度の対象となったため、7日以内に解約すれば契約破棄ができます。

節約したい主婦注目!電力自由化の乗り換え方法をプロが徹底解剖

記事を書いた人

ENERGYeye/エナジーアイ
電力選びのサポートマガジン
ENERGYeye/エナジーアイ (エナジーアイ)
エネルギーに関するあらゆる情報を掲載する専門誌。エネルギーを使用するすべての人に向けた、省エネ・再エネ情報等を発信中。
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

専門家の目線で主婦の悩みを解決してくれるプロフェッショナルを紹介します。
  • 福谷信治
  • 立川雅之
  • 國井兵太郎
  • 蔵本武志
  • 福一由紀
  • 森口瑞恵
  • 勝山昭人
  • 黒田俊吉
  • 篠塚和正
  • 島谷美奈子
  • 古谷三十鈴
  • 山本里佳

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる