実はみんなも借りてる!?主婦のカードローン事情を専門家が解説

夫の給料だけで家計を守れる!? 夫の給料だけでは、将来の生活が不安であると考えている専業主婦のかたは多いかと思 ...
お金

夫の給料だけで家計を守れる!?

夫の給料だけでは、将来の生活が不安であると考えている専業主婦のかたは多いかと思います。
ここで問題になるが、自分が働いて収入をアップさせられるか?ということ。
そして、この時必ず考えなければならないのが、子供の年齢とケアです。

子供が3歳にも満たないようなうちはなかなか働きに出ることは厳しく、夫の収入のみに頼らざるを得ない事が多くあります。
この時期、毎月の定期的な支出以外に、外食代や遊興費が重むと家計が苦しくなってきます。
基本的に夫がサラリーマンである限り、ボーナス時期以外は臨時収入は望めません。
よって、普段の生活外での余計な支出は、家計を苦しめる結果となります。

子供が小学校になるぐらいになると、教育費の問題が出てきます。
この時期になれば、奥さんが自ら働きに出て、収入アップを図ることも可能。
その収入を子供の教育費に充てることで、家計は少し助かる状況にはなるでしょう。

ただし、ご近所つきあいや子供のPTAへの参加などで、交際費も増えてきます。
この交際費は急な出費となり、やはり家計を苦しめる要因となりえます。

そして、夫の給料が段階的に上がっていけばよいのですが、最近では正社員で働ける人が減っている状況があります。
非正規社員の場合、定期昇給は望めず家計の支出の増加を補填することができません。
これらの状況を考えると、夫の給料だけで家計を守れない家庭が増えている傾向があるといえます。

主婦の借入が増えた理由

okane09_家計簿をつける
前述したように、夫の毎月の給料だけでは家計がやりくりできず、自分も働きに出れない。
そして当面のお金が足りないという場合、お金を借りる以外に方法はありません。

親・兄弟が近くにいて、経済的に余裕があれば頼ることもできるでしょう。
しかし、年金生活の親に頼ることは気が引け、兄弟も連絡できる状況にないとなかなか頼れません。
最近では、核家族が増えている状況なので、このような状況は多いといえます。

そうなると正式に銀行等から借り入れをするしかありません。
この場合、専業主婦はお金を借りることができるのでしょうか?

一般的にお金を借りる方法は下記の3つです。

  • クレジットカードのキャッシング
  • 消費者金融
  • 銀行カードローン

ただしこれらを利用する場合、総量規制といって年収の3分の1以上は貸出ができないという規制があります。
そのため収入の無い専業主婦は借入が厳しいということになっていまします。
しかし、現在は総量規制対象外の銀行があります。
年収に関係なく借り入れが可能なので、このような銀行を利用して借入を申し込むという専業主婦のかたが増えてきています。

ATMとカード専業主婦の場合、夫に心配をかけたくないという思いがあり、内密に借入している傾向があります。
銀行のカードローンの申し込みは自動契約機やインターネットからできるため、手軽で内密に契約ができます。
借り入れる際にも、ATMで利用が可能なのでとても手軽なのも理由の一つです。

もうひとつお金を借りる方法として、クレジットカードのキャッシング枠があります。

この場合もATMで借入ができるので、傍目には借入していることが分かりにく、限度額の枠内であればいつでも引き出しができるためとても手軽なのです。

カードローンを上手に活用する方法

主婦の借り入れの理由は、毎月の生活費を補填するために利用する方が多いいです。
急に10万円以上のお金を借りるとなると、利息だけでも相当な負担となりますが、1万円から3万円ぐらいであれば、利息の負担は少なくなります。

そして、なるべく借りたお金は短期間で返済するのが、カードローンの上手な利用方法になります。
例えば、2万円をカードローンで借りて1週間以内で返済した場合、利率を15%として、20,000円×15%÷365日×7日=57円の利息で済みます。
よって、カードローンは必要な資金だけを少額で借りて、なるべく早い時期に返済していくのが上手な利用方法となります。

お金を借りる注意点

chui01
カードローンは資金が足りない時、自動契約機やインターネットを利用すれば簡単に申し込みができます。
そして審査に通れば、いつでも借入ができるというメリットがあります。
ただし、利率は15~20%と高く設定されており、返済期間が長引くと利息の負担が高くなるため、なるべく短期間で返済するように気を付けるべきです。

また、クレジットカードのキャッシングをした場合に、返済方法としてリボ払いという方法があります。
この方法は、どれだけ借入金額が増えても、返済金額が一定で済むという方法です。
返済の負担をあまり感じることなく行えるというメリットがありますが、返済期間が長引き、利息の負担が増えていくというデメリットもあります。
なので、できる限りリボ払いの返済方法は行わないようにするべきでしょう。

銀行のカードローンはとても手軽にお金が借りられます。
また、クレジットカードのキャッシングも限度額の枠内であればいつでも引き出しができます。
どちらも、簡単なので借りている感覚が無くなりやすいので、借入が重みやすいことに注意しましょう。

賢く返済するコツ

クレジットカードのキャッシングは借入金額の枠が少額のケースが多いですが、カードローンの場合働きに出て収入がある主婦の方でしたら100万円程度の大きな金額になるものもあります。
その為、カードローンの利用には、厳しい審査があるのです。
審査を通過し、カードローンで多額の借り入れをしている場合借入の返済期間が長くなり、賢く返済していかないと利息の負担が大きくなる可能性もあるので注意が必要です。

カードローンの返済方法は、単なる分割払いではなくリボ払いの形式が多いです。
前述したように、リボ払いは返済金額が一定で済みますが、元金が減少しないと利息の負担がなかなか減りません。

リボ払は元金の返済金額の変更もきくので、余裕がある場合は元金の返済金額を増額して、利息の負担を減らすようにしましょう。
また、カードローン会社の中には初めて契約をした場合、1ヶ月間は利息が無料ですむという会社もあります。
そのような会社を選択して最初のうちは、できるだけ利息の負担のない形で借入を検討しましょう。

クレジットカードでショッピングを行う際に気を付けたいのが、カードの締日です。
締日の翌日にカードを利用して、ショッピングを行うと支払をかなり先に伸ばすことができます。
締日と支払い期間
例えば、末締めの翌25日払いの場合で、2月1日にカードでショッピングを行うと、支払は3月25日にできます。
支払までの期間が1ヶ月と25日もあるので、支払に余裕がもてます。
また、ショッピングの時に1回払いにしていても、後に分割払いへの変更がきくカードもあるので、カードを作る際には締日と支払日を意識して、支払の予定金額をこまめに確認するようにしましょう。
そして、無理のないように長くなり過ぎない程度の返済回数を設定して、返済計画を立てましょう。

家計のために考えるべきこと

カードローンの利用に関して確認してきましたが、なるべくなら頼らないようにするべきでしょう。
そのためには、なんとか収入の範囲内でやりくりをして、少しでも貯金をするべきです。
強制的に自動積立預金を毎月、行うことも検討してもよいでしょう。
そして、どうしても家計が苦しい月は親族に交渉することも方法の一つです。
ただし友人には、借金をしないようにしましょう。
後々のつきあいに支障が出る可能性があります。

まとめ

カードローンは審査さえ通れば非常に便利なもので、資金不足を補うには役に立つものです。
ただし頼りすぎると、借入金額だけが増えていき借りている感覚がマヒします。
よって、毎月の収入に範囲でやりくりして少しでも貯金をする癖をつけるべきでしょう。

小額から借入可能なカードローンは便利ではありますが、利息もかかります。
生活費の補填として借りるのであれば、金利も考慮し必要最低限の額に留めましょう。
借りる前から返済のことも考えておくことは重要です。

また収入ありの主婦と収入なしの専業主婦とでは借りれるキャッシング会社には違いがあります。
申込み前に確認が必要です。
(参考サイト:かんたんWEBで申し込み完結!専業主婦でも借りられるカードローン特集!!

本来は夫の収入でやりくりするのがベストですが、難しい場合もあります。
そのような時のみ、カードローンを利用するようにしてください。

記事を書いた人

藤崎徹
簿記講師歴10年以上のマネーの専門家。資格学校やファイナンシャルプランナー研修機関で、簿記講座や財務分析セミナーを担当。
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 松原好克
  • 杉浦詔子
  • 山本里佳
  • 飯沼 暢子
  • 黒田俊吉
  • 勝山昭人
  • 河合寧子
  • 永森咲希
  • 鈴木 安希子
  • 島田和美
  • 林 晶子
  • 西條 喜博

シャイニスタ一覧

チャレンジしている主婦&ママ「シャイニスタ」を紹介します。
  • 堀池 りさ
  • 大形 恵美
  • 武貞 梢
  • 幟建 由佳
  • 谷澤 明子
  • 加藤 みき
  • 三木 恭子
  • 三村 由紀子
  • 藤井 圭子
  • 林 美智世
  • 北野 麻紀子
  • 趙恵美

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる