【夫婦喧嘩の仲直り方法】円満になる言葉&コツを専門家が伝授!

夫婦喧嘩を翌日に引きずっていませんか? 喧嘩をしてしまった後の仲直りの仕方について心理療法カウンセラーがアドバイスしています。 言ってはいけない禁句や自分が悪い時と相手が悪い時、それぞれの対処法も紹介しています。
人間関係
森口瑞恵
森口瑞恵 (もりぐち みずえ)
心理療法カウンセラー

どんな喧嘩をしていますか?

喧嘩と一口に言っても、人それぞれの仕方があると思います。
大切に想うからこその喧嘩もたくさんあるので、喧嘩自体は悪いことではないのです。
以下のような想いから、エネルギーがぶつかり夫婦喧嘩が起きるのです。

  • 自分の気持ちを伝えて解ってもらいたい
  • 相手のことを理解したい
  • 違う環境で育ち、価値観も違う二人に分かり合いたい

しかし子どもの前での喧嘩が多いと、子どもにとって良い環境とは言えなくなってしまいます。
いつも同じパターンになってしまう人は自分達の喧嘩ってどうだろう?と一度振り返ってみましょう。

喧嘩を大きくしないコツ

kenka
感情が高ぶっても、できるだけ冷静に話すことが喧嘩をエスカレートさせずに早く仲直りする近道です。

喧嘩の最中は感情的になってしまい、冷静に相手の言うことを聴くことが難しいものです。
感情論で言い合っているうちはエスカレートすることが多く、収拾がつかなくなりがちです。

そんな時は、いくら言っても相手の心の中までは届きませんし、相手の言葉も自分の中にしっかり入ってこないことが多いのではないでしょうか?

冷静な話し方とは

喧嘩をしたら少し頭を冷やした後でも良いので冷静に話す時間を持つこと、一つの喧嘩をきちんと過ぎたことにしていくことが大切だと感じます。
冷静に話すときに心がけたいことは、相手の言い分をしっかり聴くということです。

まずは相手がどう思いどう感じているのかを最後まで口を挟まずに聴きましょう。
その後、私はこう思うけれどあなたはどう思う?という風に自分のことを話します。
皆それぞれ違いがあって、自分と同じではないのです。

冷静に一歩引いた対応が出来ると素敵です。
それが出来た時にはいっぱい自分を褒めましょう。

反論したいことがある時

しかし「どう考えても相手が悪い・きちんと謝ってもらいたい」という時もありますよね。

まず相手がどう思いどう感じているのかを、最後まで口を挟まずに聴きましょう。
それから、私はこう思うけれどあなたはどう思う?という風に自分のことを話します。

こちらが感情的になっている限り、相手も素直に謝ることは難しくなるのでそんな時ほど冷静に話しましょう。

ポイント
「あなたはいつもそう」と責める言い方ではなく「こういうことがあると、私は○○な気持ちになる」と「私は」を主語にして、自分の気持ちを伝える話し方を心がけましょう。
黙ってしまう人の場合は根気よく待つことが必要です。

なぜ素直に謝れない?

ayamru
自分が悪いと思う時、素直に謝れたらいいけれどそれがうまくできない人もいるでしょう。
謝りたいけど謝れないってどういう気持ちでしょうか?

  • 照れくさい
  • 素直に気持ちを表現することが苦手
  • どこかで許してくれるだろうと思って甘えている

その本音を認めて勇気を出すことも必要です。
それには普段から気持ちを表現する練習をすることも一つです。

  • 嬉しいことがあった時、出来事だけでなく自分の気持ちを一言添える話し方を習慣づける
  • 「今日○○があったんだよ」だけではなく「○○があってすごくうれしかったんだよ」という感じです。

日々の中で練習して習慣づけをしていくと、素直に感情を外に出せるようにもなります。

現代ではメールなどのツールを使うのもありでしょう。
「私が○○だったから、とても辛い思いをさせたよね」など、相手の思いを汲んだ表現ができると伝わりやすいと思います。

してはいけないこと

  • 相手の存在自体を否定するような言葉
  • 家族の悪口

喧嘩の相手以外を引き合いに出すのは厳禁です。
売り言葉に買い言葉で、本音ではないとしても言ってしまったことが消えることはありません。

  • 「もうわかった」「もういい」「もうやめよう」
  • 話を切って終わっていないのに終わったことにするのは解決とはいえません。

  • 謝って済まそうとする
  • 何となく平和が戻っていきますが、その出来事は過ぎたことにならず、小さなそれが繰り返されることで大きな問題に変わってしまうことがあります。

お互いの気持ちを伝え合って、一つの喧嘩をその都度過ぎたことにしていけると良いですね。

『枠』もっていますか?

waku
「こうあるべき」「こうでなければならない」が多いと許容範囲も狭くなりがちです。
「○○の方が良い」と思ったとしても「○○でなければならない」ということはそんなに多くないのではないでしょうか。

男とは・女とは・夫とは・妻とは等、どんな立場にも世間の枠・自分なりの枠があると思います。

枠の外の言動、行動を目にすると「許せない」「何でそうなの?」となることがありますが、自分の思う枠が絶対正しいとは限りません。
自分と相手の枠を知ることで喧嘩を減らすことも出来るのです。

良い悪い・正しい間違いで分けるのではなく『違い』としてみてみると自分の感じ方も変わるものです。
枠を広げたり、枠の外も認める事も一つの方法です。

自分自身も嫌な気持ちを早く解消するために、なるべく早く仲直りしたいですね。

記事を書いた人

森口瑞恵
心理療法カウンセラー
森口瑞恵 (もりぐち みずえ)
もっと楽に生きられるよう、あらゆる人間関係の悩みをサポート。対面や訪問相談だけでなく、メールや電話カウンセリングも対応。
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 奥 光帆
  • 鈴木 安希子
  • 阪口珠未
  • 檜垣 暁子
  • 大柳 珠美
  • 庭田真理子
  • 橘凛保
  • 倉田友宏
  • 小山智子
  • 猪越英明
  • 西尾 節子
  • 松原好克

シャイニスタ一覧

チャレンジしている主婦&ママ「シャイニスタ」を紹介します。
  • mami
  • 首藤 美幸
  • 堀池 りさ
  • 谷澤 明子
  • 都 あきこ
  • 加藤 みき
  • Maki
  • 岩城 美穂
  • 趙恵美
  • 三木 恭子
  • 三村 由紀子
  • 戸田 美保子

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる