葉酸サプリは病院でもらえる?市販の葉酸サプリとの違いは?

葉酸には、病院で処方されるものと市販のサプリがあります。病院によっては市販の葉酸サプリをおすすめしていることもあります。病院でだされる葉酸の特徴と市販の葉酸サプリの違いを解説しています。
葉酸
葉酸サプリ 病院

葉酸サプリ、病院で処方してもらう?お店で買う?

葉酸サプリ 購入場所
特に妊娠中の方が葉酸を摂取することは厚生労働省でも推奨され、自治体によっては母子手帳にも記載があり、葉酸サプリを推奨する産婦人科やウィメンズクリニックもあります。

ママと赤ちゃんの健やかな成長のために重要な栄養素である葉酸ですが、病院で処方される葉酸サプリメントがある一方で、ドラックストアやインターネットで気軽に買うことができる葉酸サプリメントもあります。
病院で処方されるほうが安心して飲めるような感じを受けますし、市販のサプリメントで大丈夫なのかと戸惑ってしまう方も多いかもしれません。

スポンサーリンク

病院で処方される葉酸について

葉酸サプリ 処方薬

葉酸が処方される場合は薬として

葉酸欠乏症や血液疾患などの明らかな葉酸不足の症状が出ている場合は医師の判断で処方されます。
医師の判断で葉酸が処方される場合、薬として葉酸がでます。
この葉酸は、市販されている葉酸サプリとは違うものです。

推奨の葉酸サプリは病院の方針次第

薬として服用の必要があると判断された葉酸以外に、栄養補給目的での処方を患者本人が希望する場合は必ずしも処方されるとは限りません。
日々の食事で葉酸を積極的に摂るようにとの食事指導や、市販のサプリメントでの摂取をおすすめし葉酸サプリの処方をしてくれない場合もあります。

有効成分は「葉酸」のみ

病院が薬として出す葉酸は有効成分が葉酸のみで、その他の成分が含まれることはありません。
葉酸だけでできているわけではなく、有効とされる成分が葉酸ということです。

副作用は基本ない

葉酸は栄養素であり薬剤のため基本的に副作用はありません。
ごく稀なケースとして葉酸を摂取することにより発汗や倦怠感、多少のふらつきなどを感じる方がいます。
また、特に強いアレルギー症状などを起こすこともあります。
処方される葉酸に使われる成分はすべて食品からも摂取できるものなので副作用はあまりありませんが、体調不良を感じた場合はすぐに医師や薬剤師に相談しましょう。

治療の場合は保険適用

葉酸欠乏による血液疾患などが出ている場合など、治療目的で葉酸の処方が必要と判断された場合には保険が適用となります。
栄養補給のサプリメントとして処方されると医療保険は適用されず全額自己負担となりますので、費用については予め確認しておいたほうがよいでしょう。
基本的には毎日摂取することになりますので、保険適用外の場合は予想外に高額な費用負担になる可能性もあります。

病院で処方される葉酸摂取時の注意点

処方薬 注意点

含有量が多く過剰摂取に注意が必要

妊娠している方の1日の摂取推奨量は480μg(※)、1日の上限摂取量は1000μgです。

一方、病院で処方される葉酸は、錠剤で一粒に5mgの葉酸が含まれています。
粉末タイプの場合は、1gに100mgの葉酸が含まれており、0.2gに分けられた一袋分を摂取したとしても一日の摂取量としては過剰摂取となってしまいます。
1mgは1000μgなので、錠剤に含まれる5mgでは5000μg、粉末では0.2gでも200,000μg摂取していることになります。

葉酸は体内で使われなかった分は体外に排出されるとはいえ、過剰摂取することで食欲不振や吐き気、むくみ、悪性貧血を起こすリスクもあります。
薬としてだされた場合は別として、栄養補給のためには過剰すぎる摂取量といえます。

(※)
成人女性 240μg
妊娠中の付加量 +240μg
授乳中の付加量 +100μg
妊娠希望、妊娠の可能性がある人 +400μg(サプリ)

市販の葉酸サプリメントについて

市販の葉酸サプリメント
病院で処方されるサプリメントは葉酸以外の有効成分が含まれていないため、葉酸のみを摂取したい場合は安心して服用できます。
ただし、妊娠中の栄養補給の目的で葉酸サプリを摂取するのであれば、市販のサプリメントをうまく利用するのもよい方法です。

葉酸以外の栄養素も配合されている

市販の葉酸サプリには、葉酸の働きを助けるビタミンB群や妊娠中に特に大切な栄養素であるカルシウム、鉄分、ビタミンCなどが配合されている場合が多いので、総合的に栄養補給したいということであればおすすめです。

過剰摂取に配慮されている

特に妊婦が服用する前提で製造販売されている製品は、妊婦の推奨葉酸摂取量である480μgが摂取できるように配慮されている製品が多くあります。
一日に決められた量のサプリメントを飲めば、推奨される葉酸摂取量をカバーできるというのであれば便利に継続しやすいと思います。

買い求めやすくコストパフォーマンスに優れている

妊婦さん用のサプリメントはドラックストアにもありますし、赤ちゃん用品の店頭にも並んでいますので簡単に手に入ります。
様々な栄養素も含まれており価格も様々ですが、コストパフォーマンスに優れている点は見逃せません。

自分の状況に合わせて、経済的な面でも無理なく継続していけるサプリメントを選ぶのが大切です。
ただし、コストパフォーマンスを意識しすぎて「安いから」という理由だけで選ぶのはおすすめできません。
葉酸はもちろんその他のビタミンなど含有成分、安全性などをきちんと確認することは当然です。

病院で処方される葉酸とおすすめの葉酸サプリの違い

病院で処方されて飲む葉酸は、赤ちゃんのために飲むのではなく、ママの体に薬としての服用が必要な場合です。
この場合の葉酸はサプリメントではなく、薬です。
一方で、薬ではなく葉酸サプリメントをおすすめする病院もあります。
この場合は、赤ちゃんのため。
薬ではない葉酸サプリは、妊活中の女性や妊婦さんにあった量に設定されているので安心して飲むことができます。

市販の葉酸サプリメントを選ぶ際の判断基準

葉酸サプリ 選ぶポイント
市販のサプリメントには様々な製品があり、各社がメリットを打ち出していますが、サプリメントを選ぶ際の判断基準の主なものとして以下のことが明記されていることを確認してください。
必ずしも以下の全てを満たしていることが必須ではありませんが、ご自分のライフスタイルや信条と合わせて、安易に葉酸サプリメントを選ぶことのないようにしたいものです。

厚生労働省推奨のモノグルタミン酸型の葉酸摂取量を表記

厚生労働省が400μgとしている妊婦の推奨量はモノグルタミン酸型の葉酸の量です。
食品中の葉酸の多くはポリグルタミン酸型葉酸であり、小腸の酵素によって体内でモノグルタミン酸に分解されてから小腸細胞内に吸収されます。
サプリメントの成分としてモノグルタミン酸の葉酸が配合されていれば、効率的に体内に葉酸の成分を取り込むことができます。

一日の摂取量について明記

妊婦の葉酸摂取量について明記、それに対応した製品であることは毎日継続的に葉酸の過不足にならないよう服用する上で重要です。
毎日飲んでいても、葉酸が足りていないのでは飲むメリットが減ってしまいます。
せっかく飲むのであれば、十分な摂取量が得られるサプリを選びましょう。

スポンサーリンク

安全性への配慮

放射線濃度や残留農薬の残量についても配慮のある製品が望ましいです。
商品を生産している工場が衛生・品質管理を認定しているGMP認定工場であることも、安全性を確かめるポイントになります。

必要成分の配合

葉酸以外にもビタミンやカルシウムなどの配合成分が含まれていることが、市販のサプリメントを摂取することのメリットの一つともいえます。
ご自分に必要な成分が含まれているかを確認して摂取してください。

中には美容成分が含まれているサプリメントもあります。
妊娠中は赤ちゃんのことばかり考え、自分の美容への関心がおろそかになしまうことも。
必要成分の葉酸を摂取しながら、自分もきれいになれる成分もが含まれているサプリもおすすめです。

まとめ

葉酸サプリ 選び方
特に妊娠希望中から妊娠中に必要な栄養素である葉酸。
医師の判断で補給が必要となれば処方された葉酸をきちんと摂取することはもちろん必要です。

薬としての処方が必要ではない場合は、市販のサプリメントを利用することで総合的な栄養補給が可能です。
市販のサプリメントは、多くの製品が店頭またはインターネットで販売されており、成分やメリット、価格も様々なことから、選択基準に迷う方も多いようです。
自分のライフスタイルに合い、無理なく継続していけるようなサプリメントを選びましょう。

いずれにしても、女性の身体と赤ちゃんの健やかな成長のために、葉酸をはじめとする必用な栄養素のバランスの取れた摂取を継続していくことが最も重要です。

おすすめの葉酸サプリ&妊娠希望女性必見の比較ポイントはコレ!

記事を書いた人

syufeel編集部
主婦の『変わりたい』を叶える情報メディア、syufeel編集部です。
葉酸サプリ 病院
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 福谷信治
  • 宮崎ますみ
  • 小川大介
  • 岡井 有子
  • 大澤康典
  • 立川雅之
  • 永森咲希
  • 阪口珠未
  • 星泰衣
  • 井上めぐみ
  • 荒川泰器
  • 島田和美

シャイニスタ一覧

チャレンジしている主婦&ママ「シャイニスタ」を紹介します。
  • 城 直子
  • 大形 恵美
  • 永井 友理
  • 小賀真紀
  • 上野 由美子
  • 西原 亜希子
  • 高垣 潤子
  • 嶋田 真里
  • 宏美 﨑元
  • 山本 理恵
  • 財田 ゆう子
  • 中村智江

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる