不足に注意!葉酸の欠乏が招く健康と妊娠中の赤ちゃんへの影響

葉酸は妊娠初期はもちろん、授乳中や妊娠していない成人男女にも必要な栄養素。 葉酸が不足してしまうとおきる葉酸欠乏症や葉酸不足によって起こる貧血や動脈硬化などの健康障害について説明しています。
葉酸
葉酸 欠乏

葉酸欠乏症とは?

葉酸欠乏症とは?

貧血(巨赤芽球性貧血)

異常な赤血球が多くなることで、息切れやめまい、蒼白などの症状が表れます。
それらの気付きやすい症状だけでなく、疲労やイライラなどの放置してしまいがちな症状として表れることもあります。

スポンサーリンク

重症化すると

葉酸の働きが低下することで、現れる症状もあります。

症状理由
舌が赤くなり痛む
(メラー舌炎)
味覚の低下
活発な細胞分裂が行われず、粘膜が良い状態に保たれていない
抑うつ自律神経やホルモンバランスの乱れによる
錯乱ホモシステインの働きを抑制できなくなり、脳の血流や神経に悪影響を及ぼす
認知症

他にも、葉酸は細胞が生まれるのを助ける働きがあることから、盛んな細胞分裂が必要なところで欠乏症状が現れやすく、その一つとして免疫機能が落ちてしまうことが挙げられています。

血中ホモシステイン濃度の上昇

葉酸やビタミンB6が不足するとアミノ酸の代謝で一時的に作られるホモシステインの量が増えます。
血中のホモシステイン濃度が上がると心筋梗塞、脳卒中といった動脈硬化が起因する症状のリスクが高まります。
ホモシステインが過剰に作られないようにするためには、葉酸と共に働くビタミンB12とビタミンB6も不足しないようにする必要があります。

妊娠初期に葉酸欠乏症があると

胎児の脊髄や脳に先天性の奇形が表れるリスクがあります。
先天性の奇形には二分脊椎症などの神経管閉鎖障害や無脳症などがあり、成長しても障害が消えるということはありません。
近年は母子手帳にも葉酸の重要性が記載されるなど、妊娠初期に葉酸が欠乏しないように呼びかけられています。

葉酸欠乏症の原因

葉酸欠乏症の原因

不十分な摂取量

生の葉野菜や柑橘類を十分に食べていないことが考えられます。
葉酸は体内にためておくことができない水溶性ビタミンなので、毎日取り入れる必要があります。

熱に弱い性質もあり、十分な量を摂っているつもりでも実際には栄養素が失われている可能性もあります。
調理方法を工夫し、なるべく多くの葉酸を取り入れられるようにしましょう。

アルコールの摂取

アルコールを分解するためにはビタミンが必要なので、葉酸だけでなく様々な栄養が不足した状態となります。
また、葉酸を摂取しても大量のアルコールを分解するという働きが優先されるため、吸収が阻害されてしまいます。

葉酸の必要量の増加

妊婦や授乳中の女性、透析患者は葉酸の必要量が通常時よりも増加するため、葉酸不足になりやすいです。

通常時は240μg程度摂取していれば大丈夫ですが、妊娠中は400μg、授乳時は340μg程度必要であると言われています。
不足しないようサプリメントで補うなど、毎日の対策が必要です。
透析患者の場合は医師と葉酸投与について相談し、処方された量を摂取するようにしましょう。

吸収障害

セリアック病(自己免疫性障害)やスプルー(慢性無熱性栄養吸収不全症候群)などがあります。
小腸が栄養を吸収しにくい状態となり、葉酸も不足してしまいます。

薬の中には葉酸の吸収や働きを阻害するものがあります。
該当する薬を服用している場合は、阻害されるため意識的に葉酸を摂取するようにしましょう。
ただし、サプリメントを用いる場合は薬を摂取してから時間を空けるなどの対策が必要となることがあるため、医師に相談することが大切です。

薬名影響
経口避妊薬
(ピル)
葉酸の吸収が阻害される
潰瘍性大腸炎治療薬
(サラゾスルファピリジンなど)
卵胞ホルモン製剤
抗けいれん薬、抗てんかん薬
(フェニトイン・フェノバルビタールなど)
高血圧治療薬
(トリアムテレン)
糖尿病治療薬
(メトホルミン)
抗菌薬
(トリメトプリム‐スルファメトキサゾール)
ガン・関節リウマチ治療薬
(メトトレキサート)
葉酸を摂取することで薬の働きが弱まる

スポンサーリンク

葉酸欠乏症の治療法

葉酸欠乏症の治療法
葉酸のサプリメントを1日1回400~1000μg経口投与します。
巨赤芽球性貧血の場合は、ビタミンB12欠乏症があるままでは貧血が解消しても神経症状がさらに悪化する恐れがあります。
そのため、まずビタミンB12欠乏症の治療をしてから葉酸欠乏症の治療をする必要があります。

葉酸の吸収を阻害する食べ物・飲み物に注意

吸収を阻害する食べ物
妊娠中は特に気を付ける必要がありますが、普段から意識することで葉酸不足を予防することができます。

食べ物・飲み物ポイント
タンニンを含むもの
(いんげん豆、キャベツ、オレンジ、緑茶)
タンニンは酸化するとカテキンになり、葉酸の吸収を阻害する
タンニンは鉄分の吸収を阻害するため、妊娠中は特に摂取を控えた方が良い
アルコール大量の摂取は分解するために多くのビタミンを必要とするため、影響が大きい
たばこ有害物質によってビタミン類が破壊される

妊活中の男性の葉酸不足にも注意が必要

葉酸が不足することで、精子の運動量が低下したり、精子の奇形が多くなるなどの影響があります。
良い状態ではない精子で受精すると流産の確率が増加し、胎児の先天性奇形にも影響する可能性があります。

おすすめの葉酸サプリ&妊娠希望女性必見の比較ポイントはコレ!

記事を書いた人

syufeel編集部
主婦の『変わりたい』を叶える情報メディア、syufeel編集部です。
葉酸 欠乏
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 山本里佳
  • 庭田真理子
  • 小林潤子
  • 坂本優子
  • 猪越英明
  • 西條 喜博
  • 小松美和
  • 蔵本武志
  • 大柳 珠美
  • 島谷美奈子
  • 星山千晶
  • 岸智絵

シャイニスタ一覧

チャレンジしている主婦&ママ「シャイニスタ」を紹介します。
  • 田中 寿美
  • 井上 やすこ
  • 北秋 愛子
  • 小川太美子
  • 高柳 なえか
  • Maki
  • 中村智江
  • 合田 三奈子<なっち>
  • 宏美 﨑元
  • 白鳥 知恵
  • 永井 友理
  • 小宮 悦子

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる