妊婦に葉酸が必要なのはナゼ?その理由と不足の原因を徹底解説!

妊婦に必要栄養素として注目を集めている【葉酸】なぜ積極的に取る必要があるのか?必要な理由と不足の原因について栄養学の専門家がわかりやすく教えます。
葉酸
源伸介
源伸介 (みなもと しんすけ)
東大阪大学短期大学部教授

葉酸とは?

ほうれん草から見つかり、特に緑黄色野菜の葉っぱに多いことから葉っぱの酸で、「葉酸」という名前がつけられました。
水溶性のビタミンBの仲間で造血に作用し、不足すると貧血になることがあります。
また、細胞の分裂・増殖に作用する為、赤ちゃんがお母さんの体内で生まれて育つ上で、欠かせない栄養素のひとつです。

妊婦に葉酸が必要な理由

細胞分裂の資料遺伝子、DNAを作っている「核酸(かくさん)」というものがあり、核酸の中には更に「塩基(えんき)」というものが入っています。その塩基を作る時に必要なのが葉酸です。
細胞が増えて分裂する時、DNAも倍に増えて分裂するので、細胞分裂する際には必ず葉酸が必要なのです。

私たち大人も毎日細胞が分裂していますが、特にお腹の赤ちゃんは成長する際、爆発的に細胞の数が増えていくので、たくさんの葉酸が必要になります。
もしその時期に葉酸が不足すると、胎児に先天性異常が発症する可能性が増え、妊娠合併症による胎盤早期剥離や胎児発育遅延、高血圧症候群の発症リスクが高まります。
特に影響があるのが先天性異常の発症。
神経管閉鎖異常という病気になる確率が上がるのです。

神経管閉鎖異常とは?

本来なら脊椎の中に入っていなければいけない神経が外に出てきてしまい、神経管が閉じない状態のこと。
その結果、二分脊椎症(にぶんせきついしょう)や水頭症(すいとうしょう)などの障害が起こります。
二分脊椎症は中枢神経がむきだしで大変危険な状態なので、手術によって取り除かなくてはなりません。ですが神経を取り除く場合、下半身不随になってしまうことが多くなります。
神経管閉鎖障害のイラスト
これらの病気は、元々ヨーロッパの白人に多くみられ、白人特有の遺伝病と思われていました。
しかし研究が進み、神経管がきちんと閉まらないのは葉酸が足りないため、赤ちゃんの時期に細胞分裂が正常にできていないことが原因ではないかということがわかってきたのです。

葉酸摂取が普及したきっかけ

1980年代に入ってからようやく葉酸摂取による発症リスク試験が始まりました。
各国で1980年代から1990年代まで試験を行い、葉酸を摂取することにより神経管閉鎖異常の発症リスクを30%~70%に下げることを確認。
その結果、米国、英国、オランダ、ニュージーランド、中国、ノルウェー、南アフリカ、カナダ、オーストラリア、中国などで相次いで葉酸摂取推進政策がとられるようになりました。
特に米国では、月経がはじまって閉経していない、すべての妊娠可能な女性が対象となっています。

諸外国の勧告の状況
国名勧告年対象者
アメリカ1992すべての女性
イギリス1992妊娠を計画している女性
カナダ1993妊娠を計画している女性
中国1993妊娠を計画している女性
アイルランド
1993妊娠しそうな女性
ニュージーランド1993妊娠を計画している女性
ノルウェー1993すべての女性
南アフリカ1993すべての女性
オランダ1993妊娠を計画している女性
オーストリア1994妊娠を計画している女性

日本での対応母子手帳の画像

日本では2002年から母子手帳に、「神経管閉鎖障害の発生リスクを低減するために」と記載され、世界から少し遅れて葉酸を妊娠前から服用することを進めています。
遅れた原因は、昔の日本では発症がほとんど無かったからです。
そのため、医療関係者にも葉酸に関する教育がされておらず、必要性の認識も高くありませんでした。

現在、自治体によってはサプリメントを一緒に渡すところもあるようですが、対応はまちまちという状態なので、海外レベルでの認知はないのが現実です。

二分脊椎発症の確率は?

二分脊椎の発生頻度グラフ昔の日本人ではこれらの病気発症が1万人に1人いるかいないかで、ほとんどありませんでした。

しかし発症人数は少しずつ増加傾向にあり、2009年には1万人に6人発症というデータがでています。

これは5万人のうち30人が、50万人なら300人が発症という計算になります。

なぜ増えているの?

妊婦さんの画像このように、昔はほとんど発症しなかった二分脊椎症が増えた原因は、若い世代の女性の食生活の乱れから、葉酸の摂取量が足りなくなったことにあります。
昔は一汁三菜といったバランスの取れた食生活をしていた日本人ですが、現代では朝食を抜いたり、お菓子やラーメンなどで一食としたり、ダイエットのために食事を抜くという人が増えています。
そのため、妊娠が分かった時には、すでに自分自身への栄養が不足している状態の人も多いのです。

葉酸認知度は2009年以降、母子手帳にも書いていることもあり、妊娠経験者ではかなり増えてはいます。
2012年では妊活中の7割近くの人が知るようになっていました。
しかし、受け取った方ですら実際どのくらい葉酸を意識して取り入れているかというと、大部分の人がサプリなども飲んでいないとの結果がでたのです。
妊娠すると薬を飲んではいけないという思いから、サプリに拒絶反応を示す人が多いのも原因の一つかもしれません。

このように現代女性の食生活の変化による葉酸摂取量の低下や葉酸の必要性に対する認知度が低い為、赤ちゃんの障害が発生するリスクがあがってしまったのです。

おすすめの葉酸サプリ&妊娠希望女性必見の比較ポイントはコレ!

記事を書いた人

源伸介
東大阪大学短期大学部教授
源伸介 (みなもと しんすけ)
東大阪大学短期大学部教授 源伸介(みなもと しんすけ) 栄養学の観点から『葉酸』の認知向上や摂取推奨活動を行い、『葉酸たまご』など食品の生理機能の研究・開発実績のある学術博士。
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

専門家の目線で主婦の悩みを解決してくれるプロフェッショナルを紹介します。
  • 島田和美
  • 渡邊隆徳
  • 山本ユキコ
  • 岸智絵
  • 緒方美広
  • 黒田俊吉
  • 宮崎ますみ
  • 古谷三十鈴
  • ENERGYeye/エナジーアイ
  • 篠塚和正
  • 小林潤子
  • 源伸介

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる