おすすめの妊娠線クリーム※妊娠線をしっかり予防!1つ買うならコレ

妊娠線は残るとなかなか消えません。予防をするには早くからケアを始めることと、正しいケアを続けることが大事です!たくさんある妊娠線予防クリームの中から、お気に入りが見つかる、選び方のポイントを紹介します。
妊娠線

妊娠線クリームの選び方のポイント

クリーム選びのポイント1

保湿力

妊娠線クリームに最も求められるのはズバリ保湿です。
表皮への保湿性だけでなく、真皮層や皮下組織といった肌の深層まで届く浸透性と、潤いを持続させるはたらきが必要になります。

妊娠線予防に効果的な成分

妊娠線はお腹の皮膚が伸びる際に、真皮のコラーゲン繊維などが破壊されて亀裂が生じることから起こります。
そこで真皮を構成するコラーゲンを補うことでハリのあるしなやかな肌になり、お腹が膨らむときにも深層組織が裂けにくくなります。

ヒアルロン酸やエラスチン、セラミドなどの成分も、肌の保水力を高めて弾力性や柔軟性を維持するのに有効です。

破壊されたコラーゲンの修復には、シラノール誘導体やビタミンCが効果を発揮します。
ビタミンCは単独では浸透しにくいため、ビタミンC誘導体が配合されているものがおすすめです。
また葉酸には細胞を活性化させたり血行を改善して肌の代謝を良くする効果が期待できます。

相乗効果

妊娠線の予防はもちろんプラスしてさらに効果を高める成分や、美肌など肌自体のコンディションを整える作用、産後の引き締め効果など、予防にプラスして作用する成分が含まれるクリームがあります。
クリーム選びのポイント2

刺激が少ないこと

妊娠中はホルモンバランスが乱れやすくなるため、敏感肌に傾きがちになります。
そんな妊婦さんのデリケート肌にも安心して使えるように、自然由来の成分などできるだけ刺激が少ないクリームを選びたいものです。

また合成成分や石油系成分(合成香料・合成着色料)、パラペン(保存料)など肌トラブルの原因となりやすい添加物などが含まれていないかどうか確認しましょう。

伸び・塗りやすさ

クリームのテクスチャーは柔らかめなほうが広範囲に伸ばしやすいです。
伸びがよいクリームでマッサージすることで血行促進につながり、肌の新陳代謝が活発になります。

香り

好みの香り、もしくは気にならない香りのものを選びましょう。
妊娠中はつわりなどもあり、においには敏感になりがちです。
人によっては妊娠前まで好みだった香りも苦手に変わってしまうことがあるため、妊娠線クリームは無香料タイプを選ぶと無難です。
香りが付いているものを選びたい場合には、実際に試してみて不快感がないか確認しましょう。
クリーム選びのポイント3

価格

長く続けられる価格帯から選ぶことも重要。
妊娠線を効果的に予防するためには、早い時期から専用クリームによるお手入れを始めて、産後までの長期にわたって使い続けることがポイントになります。
いくら効果が高いとされる成分が配合されていても、あまりに値段が高いものだと使い続けるのが難しくなってしまいます。
毎日クリームをたっぷり使ってお手入れするためにも、コスパにすぐれた商品を選ぶとよいでしょう。

試しやすさ

妊娠するとホルモンバランスの乱れなどから肌が過敏になりやすくなります。
普段は大丈夫な成分でも妊娠中に使用すると思わぬ肌トラブルを引き起こす場合があるので注意しましょう。
成分をチェックしてから購入することは絶対必要ですが、まずは少量試せるタイプや返金保証などがあるものだと安心です。

購入量を選べる

気分や肌の調子などによって、妊娠線クリームを使い分けるのもおすすめ。
その日の気分で香りを変え気分転換に、特にかさつきがひどい時などはテクスチャが重めで保湿効果が高いものを選んだりと、その時の状況で妊娠線クリームを楽しむのも長くケアを続けるコツです。

または、1つをじっくり使っていきたい場合は大容量タイプやまとめ買いができると、何度も買いに行ったり注文したりする手間がなく、便利です。

おすすめの妊娠線クリーム

妊娠線クリーム選びのポイントを満たしているものや口コミで人気の妊娠線クリームを集めました。

◆MONA MAMMY(モナマミー) 200g
価格:1,980円(定期コース初回のみ・2回目以降3,980円)

モナマミーココナッツやシアバターなど自然派のオイルがたっぷり入った保湿効果が高いクリームです。
つわりの時期から使える無香料、アレルギーテスト済みが嬉しい!
使いやすいポンプタイプ、200gの大容量で使いやすくコスパも◎。
ママと赤ちゃんで一緒に使う人も多いお得なクリームです。
返金保証あり・定期コースいつでも解約OKのサービスもあります。

公式サイトはこちら
◆ベルタマザークリーム 120g
価格:500円(定期コース初回のみ・2回目以降4,980円)

ベルタマザークリームベルタマザークリームはプラセンタやスーパーヒアルロン酸などの美容成分が多く配合されている妊娠線クリームです。
海外高級コスメのシャネルなどにも配合の皮膚再生を助けるシラノールも肌に届きやすい形で配合。
妊娠線が気になる芸能人・多くの女性に愛用されています。
かすかな柑橘系の香りと伸びの良いクリームです。

公式サイトはこちら
◆アロベビーフォーマム 200ml
価格:980円(定期コース初回のみ・2回目以降2,980円)

アロベビーフォーマム 99%天然由来の成分で作られた妊娠線クリーム。
かゆみを防ぐ天然の抗炎症成分も配合されているので、かゆみが気になるママにもピッタリ!
ヒアルロン酸の10倍保湿できる成分が肌をしっかり長時間保湿するのにべたつきなし。
オーガニック志向のママに人気の高いクリームです。

公式サイトはこちら
◆mitete 女性100人の声から生まれたマタニティクリーム 120g
価格:2800円

mitete 女性100人の声から生まれたマタニティクリーム葉酸サプリで人気のAFCが開発した妊娠線クリームです。
ママの声を生かして開発、妊娠線予防効果はもちろん、塗り心地や香りにもこだわっています。
クリームに葉酸を加えることで、体の冷えにも対応。
マッサージの必要なしでOK!さっと塗るだけでしっかりママの肌に潤いを届け、肌をなめらかにします。

公式サイトはこちら
◆NOCOR(ノコア)アフターボディトリートメントクリーム 150g
価格:6,980 円(税込)

ノコアマザークリーム妊娠線を本気で作りたくない方向けのボディクリーム。
予防だけでなく、出来てしまった妊娠線ケアにもこだわって開発されました。
美肌成分をしっかり届ける浸透力と、ビタミンC誘導体配合で肌のダメージにしっかりアプローチしてくれます。
保湿力の高いトリートメントオイルとのW使いでさらに効果アップ
有名雑誌でも紹介された人気の高い妊娠線クリームです。

公式サイトはこちら

妊娠線は予防から大切

妊娠線のできやすさについては個人差がありますが、残念ながら一度できてしまうと完全に消すことはできません。
人によっては予防しても妊娠線ができることがあるものの、まずは早いうちからできるだけ予防を行うことが大切になってきます。

肌が乾燥したり加齢などで柔軟性を失った肌は深層で亀裂が生じやすくなるので、予防には専用クリームで肌の奥までしっかりと保湿を行うことが有効です。
また体が冷えると代謝が滞りやすくなりますが、マッサージを行うことで血行不良を改善して肌のターンオーバーを促進することができます。

妊娠線クリームを使う目的と使う時期

妊娠線クリーム 目的と時期
専用のクリームを使った妊娠線のお手入れは、主に2つの目的に分けられます。

妊娠線を予防するためのケア

つわりなどで体調がすぐれない妊娠初期には無理のない範囲で行い、遅くとも安定期に入った頃からは本格的にお手入れを開始すると効果が高くなります。

妊娠線予防のポイントは、お腹が急激に大きくなっても真皮や皮下組織が裂けにくいように、たっぷりと保湿成分を浸透させて水分に満ちた柔軟な肌にしておくことです。
お腹周りをはじめ妊娠線ができやすいバストやヒップなど全身に塗る必要があるため、伸ばしやすい柔らかめのクリームがおすすめです。

できてしまった妊娠線を目立たなくするためのケア

妊娠中にうっすらピンク色であらわれ始める妊娠線は、ひどくなると赤紫色の線がどんどん増えてしまうことがあります。
さらに出産した後は赤みが消えて瘢痕化し、白っぽくてテカリや凹凸が見られる状態に変化します。

このように妊娠中から産後にかけて症状が進んだり時間が経過した妊娠線は消しにくくなるので、発見したときに早急にお手入れする必要があります。
肌の角質層まで浸透する保湿力に加えて、妊娠線ができる際に破壊されたコラーゲンの修復や肌の新陳代謝を促す作用があることがポイントです。

予防だけでなく、「消す」「薄くする」という目的が特記されている商品を選ぶとよいでしょう。

妊娠中の禁忌について

肌質やにおいに対して敏感になりやすい妊娠中に使うクリームは、できるだけ刺激や香りが少ない無添加や無香料のタイプが安心です。
ただ中には毎日のお手入れ時にアロマの香りを楽しみたいという人も少なくありません。

エッセンシャルオイルの中には子宮を収縮させたり通経作用を促進するはたらきを持つものがあるため、使用されているオイルの効能をよく確認しておきましょう。
柑橘系のオイルなら妊娠中でも安心して使うことができます。
またお腹にハリを感じるときには、クリームでのマッサージはやめましょう。

産後の妊娠線ケア方法

産後 妊娠線クリームケア

産後にもクリームを使う?

妊娠線は出産と同時に自然と消えるわけではないので、引き続きお手入れを続ける必要があります
妊娠線クリームにはしっかりと肌を保湿しつつ、肌の奥深くで断裂が起きたコラーゲン繊維の修復や肌の生まれ変わりをサポートするはたらきが求められます。

また赤ちゃんを産んだあとのお腹は皮がたるんでいる状態なので、クリームでマッサージすることでハリの回復と新陳代謝を促す効果が期待できます。
産んだ後すぐにお手入れをやめずに、産後数ヶ月はお手入れを続けましょう。

妊娠中に使っていた予防クリームがあればそれを使い続けてもOKです。
妊娠線クリームの中には生まれた赤ちゃんの肌にも使用できる低刺激や無添加タイプの商品もあり、無駄になりにくいことからも多くのママたちに選ばれています。

産後に使うクリームはどう選ぶ?

妊娠線クリームはドラッグストアや量販店などで市販されているものから、ネット通販限定のものまで色々なタイプがあります。
身近な店頭で買えるもの手にとって見ることができて比較的安価な品が多く、欲しいときにすぐに手に入る点がメリットです。
ただ育児が忙しい産後ママたちの中にはなかなか買物に出かけられない人もいるので、人によって状況は異なります。

ネットで販売されている商品は少し高めの価格設定になりますが、大容量タイプや定期便などでお得に購入できるコースなど、多様な買い方が用意されている点が魅力です。
定期コースは自宅にいながら毎月商品が手元に届くので、買い忘れもなく手間がはぶけて忙しいママに人気があります。

ただしほとんどの定期便は6ヶ月以上の継続が条件だったり解約が面倒だったりして、気軽に注文しにくいというデメリットもあります。
まずは自分に合う商品か確かめたいという人や、色々な商品を試したいという人は、単品で購入するか、返金保証があるコースの利用がおすすめです。

赤ちゃんのお世話で大変な時期ですから、妊娠線のお手入れは数少ないリラックスタイムともいえます。
スキンケアを楽しむつもりで行えば、気分転換やストレス解消にもつながります。
さらっとタイプやしっとりタイプを使い分けたり、気分によって異なる香りを楽しむのもおすすめです。

記事を書いた人

syufeel編集部
主婦の『変わりたい』を叶える情報メディア、syufeel編集部です。
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 荒川泰器
  • 源伸介
  • ENERGYeye/エナジーアイ
  • 蔵本武志
  • 藤崎徹
  • 井上めぐみ
  • 小川大介
  • 渡辺紀夫
  • 星山千晶
  • 宮崎ますみ
  • 緒方美広
  • 福谷陽子

シャイニスタ一覧

チャレンジしている主婦&ママ「シャイニスタ」を紹介します。
  • 山本 理恵
  • 三木 恭子
  • 財田 ゆう子
  • 合田 三奈子<なっち>
  • 堀池 りさ
  • 井上 やすこ
  • 小宮 悦子
  • 木戸 彩
  • 長岡 恵美
  • 上野 由美子
  • 加藤 みき
  • 小賀真紀

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる