【産後の妊娠線】知らない人は損してる!妊娠線を消すケア方法

産後の妊娠線ケアはどうしてますか?もうできてしまったからとあきらめないでも大丈夫!こだわりたい妊娠線クリームの成分や産後だからできるマッサージや美容クリニック治療も紹介。産後でも妊娠線は薄くしたり見えなくすることは可能です。
妊娠線
妊娠線 産後

妊娠線は産後には消えるの?

妊娠中にできた妊娠線は薄ピンク色から赤紫色へと変化しながら数を増やしていきます。
ひどい場合には放射線状や縦じま状に何本もの妊娠線がくっきりと入り、かなりインパクトが強い見た目になってしまうため、赤ちゃんを産んだら元のきれいな肌に戻れるのか不安に感じてしまいます。

時期別 妊娠線症状

妊娠線は出産すると少しずつ赤みが引いていき、旧妊娠線と呼ばれる白っぽく瘢痕化(はんこんか)した状態に変わっていきます。
旧妊娠線になってくると線の部分に凹凸が出て深いシワ状になったり、光の加減でテカリが感じられたりなど、妊娠中とは違った特徴が見られるようになります。
そしてたいていは産後数ヶ月後までには目で見て分からない程度まで薄くなるのですが、中には年数が経ってもあまり薄くならずに残ってしまったという声も聞かれます。

一度できた妊娠線は完全に消えるわけではなく、中でも時間が経過した旧妊娠線は特に消えにくくなってしまいます。
産後できるだけすみやかに妊娠線を薄くして目立ちにくくするためには、早い段階から適切な予防対策を行うことが大切になってきます。

妊娠線が産後にできることもある

産後にできる妊娠線
妊娠線は妊娠中にできるというのが一般的なイメージですが、実は産後になってからも妊娠線が出現することがあります。
出産の際にはお腹の皮膚が一気に伸び縮みするため、その変化に付いていけずに肌の奥深くに亀裂が生じてしまうのです。

また別のケースとしては、実際には出産前までに妊娠線ができていたにもかかわらず、気付かないまま過ごしていた、という可能性があります。
この場合は、たまたま目に見えるほど濃くなかったのが出産を経て状態が変化したり、見えにくい箇所にあった妊娠線が産後観察しやすくなったりしたので発見した、というパターンです。

妊娠線が産後にできたママの体験談

産後少し経ってから体重が減少したのもあり、急に胸や太もも部分にあらわれました。
(21歳)
産後になって、おっぱいが張って、いっきにバキバキとできてしまい残念です。
(23歳)

産後の妊娠線ケア方法

産後の妊娠線を目立たなくするには、以下のようなお手入れがおすすめです。

妊娠線クリームで保湿

妊娠線クリーム
妊娠線によるダメージを最小限に抑えるためにもっとも重要なのはまず保湿です。
水分が不足して乾燥気味の肌は、ちょっとした刺激を受けただけでも裂けやすい状態になるため、普段から潤いと弾力に満ちた肌を保つことで、お腹が伸びたときにも断裂が起きにくくなるのです。

そのためには妊娠中から妊娠線専用クリームを使ったお手入れを欠かさないことが何よりも大切です。
妊娠線クリームは普通のボディクリームが持っている表皮への保湿性だけでなく、肌の深層まで届いて芯まで潤うようにできています。

また出産してお腹が小さくなれば自然と妊娠線が消えるわけではないので、クリームの使用をやめてしまわずにお手入れを継続していく必要があります。
産後のお手入れで重要なポイントとなるのは亀裂の修復と肌の再生であり、妊娠線クリームの中でも妊娠線を消す目的に特化したタイプが特に人気が高くなっています。

たっぷりと美容成分が配合されたものが多く、真皮層や皮下組織で破壊されたコラーゲンの生成を促進したり、ホルモンバランスが乱れた肌のターンオーバーをサポートしたりするなど、弾力性と新陳代謝アップへの高い効果が期待できます。

さらに効果を高めるためには、出産と同時にしぼんでしまったお腹の皮のたるみにハリを取り戻すべく、クリームを塗ったときにマッサージを行うのもおすすめです。

肌の代謝を高める

肌の代謝を高める
妊娠~出産にかけて女性の体はめまぐるしく変化するため、ホルモンバランスが乱れやすくなります。
産後は特に育児のストレスも加わるので、心身の不調から肌トラブルが出やすくなります。
そんな疲れた肌を元どおりにするには、ホルモンバランスを正常化して新陳代謝を整えることが大切になります。

赤ちゃんのお世話で思いどおりにはならないかもしれませんが、できるだけ規則正しい生活を送ることが肝心です。
まずは栄養バランスのよい食生活を意識し、コラーゲンや皮膚の生成に必要なタンパク質やビタミンA、ビタミンCといったビタミン類を食事から積極的に摂取できるようにしましょう。

次に真皮層の代謝を促す成長ホルモンを盛んに分泌させるためには、良質な睡眠をとることが必要です。
またウォーキングやヨガなど適度な有酸素運動も成長ホルモンの分泌に効果的で、気分的なリフレッシュを兼ねることもできるのでおすすめです。

ストレスを溜め込んでしまうとホルモンバランスがますます乱れて肌の代謝が滞りがちになります。
忙しい毎日の中で自分なりのストレス発散方法を見つけて実践していくことも、妊娠線ケアのためには大切なポイントといえます。

美容クリニックで治療

美容クリニックで治療
できてしまった妊娠線がなかなか消えない、また症状がひどいといったお悩みがあるママたちには、美容クリニックで専門治療を受けるという方法もあります。
お腹に赤ちゃんがいるときにはNGですが、産後であればクリニックでの治療を選択肢に加えることができます。

クリニック治療の最大のメリットは何といっても短期間でわかりやすい結果が得られることです。
赤ちゃんを産んでお腹がへこんだら水着のおしゃれを楽しみたいという人や、旦那さんが幻滅しないか心配という人も多いですから、そんな悩みを解決するにはクリニック治療が手っ取り早い方法といえるでしょう。

治療方法にはいくつか種類があり、大きくわけて2通りに分けられます。
1つは真皮に直接作用して自然治癒力を高める方法で、主にレーザー治療や炭酸ガス治療、ダーマローラーを使った治療が行われています。
もう1つは妊娠線ができている箇所を切除・縫合してその部分を目立ちにくくする方法で、瘢痕修正術(はんこんしゅうせいじゅつ)や皮膚切除手術などが一般的です。

ただしクリニック治療で無視できないのがコストです。
妊娠線の治療については保険適用外になるため、ほぼ全額自己負担になってしまいます。
いくら効果が高いとはいえ、自分でクリームを塗りマッサージを行う場合と比較すると、かなり費用に差が出てしまいます。
妊娠線治療にいくらまで出せるかは個人によって状況が異なりますが、大切なベビーが生まれたばかりで出費がかさむ時期ですから、コスト面が気になるところです。

またクリニック治療を受ける際には副作用や治療跡についても注意が必要です。
せっかく治療を受けても、場合によっては痛みやかゆみなどが生じることがあったり、手術跡が残ってしまったりすることがあります。
こうしたリスクやデメリットを十分に理解したうえで慎重に検討するようにしましょう。

妊娠線の対策として一番手軽で有効なのは、とにかく妊娠中早い時期から妊娠線クリームを使用して徹底ケアを行うことです。
日常的にクリームを塗ることによって皮膚深層が裂けにくくなり、またできてしまった亀裂の修復を促します。
まずは日頃自宅でできるお手入れをしっかり行いながら、必要に応じてクリニック治療なども視野に入れてみてはいかがでしょうか。

記事を書いた人

syufeel編集部
主婦の『変わりたい』を叶える情報メディア、syufeel編集部です。
妊娠線 産後
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 島谷美奈子
  • 髙橋美穂
  • 小林潤子
  • 小川大介
  • 立川雅之
  • 小松美和
  • 山本里佳
  • やぐちくみこ
  • 源伸介
  • 藤崎徹
  • 清水 なほみ
  • 福一由紀

シャイニスタ一覧

チャレンジしている主婦&ママ「シャイニスタ」を紹介します。
  • 堀池 りさ
  • 林 美智世
  • 村松 文子
  • 首藤 美幸
  • 嶋田 真里
  • mami
  • 谷澤 明子
  • 長岡 恵美
  • 西原 亜希子
  • 岡 久美
  • 北秋 愛子
  • 藤原 智加

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる