離婚危機を招く夫のタイプは?産後クライシスの原因に迫る!

出産後のママが陥りやすい「産後クライシス」の原因についてご紹介。産後クライシスとは何かという説明をはじめ、症状を引き起こす原因、簡単に確認できるセルフチェック、危機的状況をこじらせる夫のタイプなどをご案内します。
妊娠・出産

妻の出産後、夫婦関係の危機を迎えやすくなる現象「産後クライシス」が、テレビの情報番組をきっかけに注目を集めています。
産後クライシスに陥るにはいくつかの原因がありますので、子供や旦那さんのためにも、母親となった自分自身のためにも、しっかり確かめておきましょう。

「産後クライシス」とは何のこと?

産後クライシスとは、出産後に夫婦の愛情が急速に冷え込む現象を指す言葉です。
「クライシス」を直訳すると「危機」。
産後クライシスは、夫婦間における「産後の危機」という意味になります。
この言葉は、2012年にNHKのテレビ番組「あさイチ」の特集で作られた造語です。

それまでも多くの人が、産後に夫婦の愛情が冷めたり、夫婦関係の危機を迎えたりすることを、なんとなく感じていました。
番組ではそれを「産後クライシス」と名付けて打ち出したところ、社会的に大きな注目を集め、広くこの言葉が浸透し、定着していったという経緯があります。

ママが産後クライシスになる原因

体調の激変と生活の激変

産後クライシスの原因としてまず挙げられるのは、子どもを生んだママ自身の「ホルモンバランスの変化」と「体調の変化」。
そして、出産で体力を使いはたしたお母さんの身体が危機的な状態であるという「体調の問題」があります。
体調の問題のなかに、ホルモンバランスが変わったことによるイライラも入っているという状態です。
生活の変化
また、第一子を出産する前のお母さんは、妊娠するまで普通に働いていて、仕事しかしてこなかったという人がほとんどです。
それなのに、急に家にこもって子育てをしなければならないという生活の変化は、精神的にも大きな負担となります。

初めての出産後、まだ体調も整っていないのに、子育てという今まで経験したことのない重労働をしなくてはならない。しかも24時間、365日、赤ちゃんのお世話をしなくてはいけない。
そんな、普通では考えられないほどの生活の激変と、体調の激変を一度に迎えることにより、出産後のママはとてもイライラしやすい状況になるというのが、産後クライシスの大きな原因です。

破壊的クライシスを招く夫とは?

この時期のママは、男性が何をしてもイライラしてしまいます。
夫が家族思いのどんなにいいパパでも、産後クライシスは誰にでも普通に起こりうることなのです。

でも、夫婦関係が本当に破壊的になり、もう離婚だねというところまでこじれてしまうか、まあなんとなく離婚もせずに乗り越えていけるか、その違いは男性の意識によるところが大きいといえます。
産後クライシス男性の認識
産後クライシスで、夫婦仲が破壊的にこじれてしまう典型的なパターンのひとつは、夫が妻に昔の良妻賢母を求め「子育てというのはお母さんがするもの。俺は稼いでくるだけだよね」という家庭です。
また、妻の方も「子育てと家庭は私の仕事だから、しっかりしなくちゃ」と思い、夫に家事や育児をしてもらうことが出来ないことも多いのです。

戦後の高度経済成長期の文化を背景に、「子育ては女性の仕事。家事も女性の仕事。稼いでくることが男性の仕事」と男の人が思い込んでしまったのですが、今もその考えを引きずっている家庭は危険です。
旦那さんが「子育ても家事も俺の仕事じゃない」と思って、家事も育児もせずに、産後の妻の窮状を放っておく、もしくはさらに追い詰めるような場合、産後クライシスはかなり破壊的に進むでしょう。

「イクメン」のタイプいろいろ

何年か前から、子育てに積極的に関わる男性を「イクメン」と呼ぶようになりました。

しかし、育児に関わる父親を特別視したような言葉に違和感をもつ人もいますし、育児をちょっと手伝っただけで「イクメン」のつもりになっている夫は、かえって女性をイライラさせてしまいます。
男性でも、家事育児を当たり前のものとして関わる人は、自分を「イクメン」なんて本気では言いませんから。

でも、まったく手伝いもしない、非常に意識レベルの低い男性の背中を押すために、あえて「イクメン」アピールをしている男性たちもいて、そういう頑張りをしてくれる人のことは、やっぱり「イクメン」と呼びたいですね。

産後クライシスのセルフチェック

身近な特定の人へのイライラは要注意

自分が産後クライシスかどうかセルフチェックするときに目安となるのが、身近な特定の人にイラッとくるかどうかです。

主人にイラッとくる、上の子どもや両親にイライラするなど、特定の人にイラつく場合は、ストレスがかなり高くなっている状態。
疲れや不満がたまっていて、なんとかしなければならないという、身心からの訴えだと思ってください。
イライラのセルフチェック
イライラするのは、「自分が無理をしているよ」「ちょっと気をつけたほうがいいよ」「一生懸命がんばっているけど、これ以上これを続けるとけっこう大変だよ」という、身体と心からのサイン。
夫婦関係は大丈夫だから、「うちに産後クライシスはない」と安心しているお母さんも、実は、上の子にイライラしていたり、実母にイライラしていたり。
どこかの人間関係にほころびが出来ていることがよくあります。

むしろ、夫にその怒りの矛先が向くのは健全な家族関係の証なのかもしれません。

一人で抱え込まないで

生活の見直し
イライラサインを感じたら、すぐにでも生活の見直しをしてください。
家事と育児を自分だけで抱え込んで孤立気味という状況だったら、生活を少し変えてみましょう。
家事を家族や親類などの頼れる人にお願いしたり、家事代行業者や保育業者など(今は、産褥シッターさんなどもいるようです)に依頼するなどして、自分の負担を減らしましょう。
そして、同じ小さな赤ちゃんの母親同士のサークルや習い事などで、母親仲間を見つけておしゃべりしてみる時間を作ってみましょう。
もっと、自分をいたわることで、産後クライシスや産後のイライラは、軽減していくものですよ。

葉酸サプリメントを比較!妊活・妊娠中の女性必見の選び方はコレ

記事を書いた人

山本ユキコ
自らの子育て体験をきっかけに『こそだて心理学』を構築。産後の女性心理をわかりやすく解説する著書出版等、活動の幅を拡大中。
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 参納初夏
  • 荒川泰器
  • 橋本沙織
  • 藤崎徹
  • 渡邊隆徳
  • 井元 雄一
  • 古谷三十鈴
  • 倉田 沙也加
  • 片山 香南
  • 河合寧子
  • 久保田 優一
  • 小川大介

シャイニスタ一覧

チャレンジしている主婦&ママ「シャイニスタ」を紹介します。
  • 﨑元 宏美
  • 三村 由紀子
  • こんどう ゆうこ
  • 小賀真紀
  • 三木 恭子
  • 山本 理恵
  • mami
  • 奥野 恵子
  • 財田 ゆう子
  • 藤原 智加
  • 岩城 美穂
  • 芳崎 欣子

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる