妊娠したい人におすすめ!薬膳家が注目する「妊活に良い飲み物」

妊活の効果を高める飲み物をはじめ、妊娠力アップのブレンドティーや、妊活中に避けるべきドリンクを、薬膳料理家の坂口先生が薬膳の考え方にもとづいてご案内。 注意するべき飲み物として有名なカフェイン飲料との付き合い方についても紹介しているので、コーヒー好きの人も要チェックですよ!
妊娠・出産

妊活中といっても、毎日の食事に気をつけて食材を選んだり、料理したりするのは大変です。
妊娠しやすい体作りのために頑張ってはみるけれど、なかなか続けられないという人もいます。

そこで今回紹介したいのは、薬膳の考え方を取り入れた、妊活に効果的な飲み物です。
調理が必要な食べ物に比べると用意が簡単なぶん気軽に取り入れることができますし、毎日続けて口にしやすい点も魅力。
自分に合いそうなドリンクの種類を選び、妊娠力アップにつなげましょう。

妊活に効果的な飲み物は?

妊活におすすめの飲みも

血行を良くする飲み物

妊活で大切なのは、血行をよくすることです。特に子宮は毛細血管の固まり。子宮の毛細血管の血流がよくなれば受精した卵子も着床しやすくなります。

そこでおすすめしたいのが、バラや紅花の入ったハーブティー。これらは子宮周辺の血液の流れをきれいにする働きがあるので、血行不良が起きやすい人にはぜ試してほしい飲み物です。

薬膳食材の花びら系は、食材として扱うとハードルが高くなりがちですが、お茶は簡単に作れるので、気軽に取り入れやすくなります。

血を補う飲み物

また、30代くらいの人には、血を補う働きがある黒豆入りのお茶もおすすめです。
たとえば黒豆茶に、同じく血液を補う働きが高いナツメをいっしょに炊き出すのも良いですし、もっと手軽に、マイボトルに黒豆とナツメを入れてお湯を注いでおくだけでもかまいません。

花びら系でも黒豆でも、お茶の用意はティーパックを作ったり、素材を買ったりするだけでとても簡単。
しかも、お茶は水分として毎日飲むものですから、そのたびに身体を整える成分を口にすることができます。

体温を上げる飲み物

妊活中なのに体温が低いのが悩みという人も少なくありません。そんな症状の改善におすすめしたいのは、生姜とシナモンとフェンネルシードを組み合わせたブレンドティーです。

「生姜ドリンクなら、冷え性の体を温める目的で普段から飲んでいるわ」という女性もいますが、今回紹介するブレンドティーは、体表の毛細血管の血流をよくするシナモンを組み合わせることで、体温を上げる作用の相乗効果が生まれます。
また、子宮に作用するフェンネルシードという漢方が加わることで妊娠力も高まりますから、単なる飲み物というより、薬に近い意識で摂ってほしいです。
ジンジャーティー
とはいえ、このブレンドティーを作る方法は簡単。
生姜は一回蒸して乾かした「乾姜(かんきょう)」を使い、スイーツのフレーバーとしても人気のスパイス「シナモン」と、フェンネルの種「フェンネルシード」を用意します。
フェンネルシードは日本人にはあまりなじみがないかもしれませんが、独特の甘い芳香があるスパイスの一種でもあります。
これらを煎って香ばしさを出したら準備完了。この3点ブレンドを紅茶に入れて飲んでも良いですし、直接お湯を注いでお茶として飲んでも良いです。

体温が低い人には、冷えに悩まされる「陽虚(ようきょ)」タイプや、エネルギー不足で疲れやすくなる「気虚(ききょ)」タイプがあります。
このブレンドティーを飲むことにより、低温期の体温が低いという悩みが改善することもありますので、妊娠希望の人はぜひ一度試してください。

妊活中に避けるべき飲み物は?

妊活中も水分補給はもちろん大切ですが、極端に冷たいジュースや、氷が入ったものをたくさん摂ったり、乳製品も砂糖も入っている、アイスクリームなどの、つめたく冷やしたり凍らせたりした食品を口にしたりするのはあまり良くありません。

カフェなどでよく見かける、クリームたっぷりのスイーツ風ドリンクなどもそうです。
毎日Lサイズを注文しているという人もいますが、赤ちゃんが欲しい、ママになりたいと思ったら、このタイプの飲み物は避けたほうがいいです。

妊活中のコーヒーは大丈夫?

コーヒー
「まだ妊活中だけど、今からカフェインは避けておこう」と考える人は意外と多くいます。確かに、実際に赤ちゃんができたときは、カフェインは控えたほうが良いです。
でも、まだ妊活中の段階では、そこまで強く意識してカフェイン断ちしなくても大丈夫。1度に何杯も飲むようなガブ飲みでなければ、問題はありません。

たとえば、「陽虚」タイプや「気虚」タイプでエネルギーが不足している人の場合、朝に「気」が持ち上がってこなくて、だるかったり、しんどかったりすることがあります。
そんな時にコーヒーを飲んで、ちょっと「気」が上げるという飲み方もOK。
ただしコーヒーには興奮作用があるので、午後になってから2杯も3杯も摂取するというのは考えものです。もちろんこれも実際の量によりますが。

それより妊活中で注意したいのは、カフェイン断ちなどが原因によるストレスです。
好きなものをあれもこれも厳格に制限して、血の巡りが悪くなるほうが妊活には悪影響があり、妊娠率を下げてしまいます。
コーヒーが好きであれば、過剰摂取に気をつけて、極端に我慢しないようにしましょう。

葉酸サプリメントの比較

記事を書いた人

阪口珠未
日本の中国薬膳研究の先駆け的存在!妊活を応援する料理教室の運営や、企業・自治体への薬膳メニュー提案など幅広く活躍中。
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 岡井 有子
  • 橋本沙織
  • 勝山昭人
  • 坂本優子
  • 大柳 珠美
  • 清水 なほみ
  • 星泰衣
  • NANA
  • 久保田 優一
  • 荒川泰器
  • 森口瑞恵
  • 髙橋美穂

シャイニスタ一覧

チャレンジしている主婦&ママ「シャイニスタ」を紹介します。
  • 北秋 愛子
  • 北野 麻紀子
  • 城 直子
  • 岡 久美
  • 村松 文子
  • 谷崎 仁子
  • 井上 やすこ
  • 上野 由美子
  • ありさ22
  • 嶋田 真里
  • 木戸 彩
  • 武貞 梢

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる