妊娠超初期に歯医者さんで治療はOK?抜歯や麻酔の影響は?

妊娠中、特に妊娠超初期はいろいろなことが影響しないかと心配になるもの。歯医者さんでの治療も不安に思う人が多いことのひとつです。歯科医院での治療とその影響や妊妊娠中の歯の状態について解説しています。
妊娠超初期
妊娠超初期 歯医者

妊娠超初期の歯科治療

妊娠超初期 歯科治療

医学用語には「妊娠超初期」という言葉は存在しませんが、ここでは病院で妊娠が判明する4週前後までを指す意味で使用いたします。

この時期に歯科治療を受けた場合の影響や注意点をご紹介します。

妊娠超初期に気付かず、すでに歯科で治療をした場合

妊娠超初期に治療を受けても、特に問題はありません。

虫歯の治療や抜歯のための麻酔、レントゲン撮影を受けても影響は少なく、すでに治療を受けていた場合でも心配する必要はありません。

スポンサーリンク

妊娠の可能性がある場合

どの治療を受けても、特には問題ありません。

もし後に妊娠が判ってから、「あの時の治療が原因で影響があったらどうしよう…」と気になってしまう可能性がある場合は、受診時に妊娠の可能性があることを歯科医に伝えておきましょう。

レントゲン撮影を行っても胎児には影響ありませんが、撮らずに済む治療ができるかを相談して判断してもらうこともできます。

妊娠の時期と歯の治療

妊娠中 歯医者 治療

妊娠中のどの時期においても、避けた方が良い治療というのはありません。
虫歯や神経を抜く治療、レントゲン撮影も行うことができます。

歯科でのレントゲン撮影は部分的な撮影が可能な上、肩から放射線を除去する防護服を着用します。

また、撮影で受ける被ばく量は飛行機に乗ったときの被ばく量よりも少なく、腹部に対する影響はほとんどありません。

妊娠中もしくは妊娠の可能性がある時に、親知らずの抜歯は身体にも気持ちにも負担が大きいというときは、抜かずに治療できるケースもありますので相談しましょう。

歯茎の腫れから痛みが出る場合は、抜歯せずに腫れと痛みを取り除く治療が可能なケースがあります。

ご自身の身体や気持ちの状態を優先して、治療方法を考えてもらえばよいでしょう。

例えば、つわりが重くて長い間同じ姿勢で口を開くことができない場合や、妊娠後期でお腹が大きくなりあおむけになるのがつらい場合は、無理をして治療を受ける必要はありません。

また、安定期前に治療による刺激を受けることが心配であれば、安定期を待って治療を受けても問題ないでしょう。

妊娠中は痛み止めを使えないの?

妊娠超初期 痛み止め
使えるものと使えないものがあります。
使ってもよい痛み止めであっても、継続的に服用することは避けましょう。

使用してもよい痛み止め

アセトアミノフェン製剤である「カロナール」は、妊娠中でも使うことができます。

使用を避けるべき痛み止め

「ロキソニン」や「バファリン」は、手軽に購入できますが、妊娠中の安全が確立できていない為、使用を避けてください。

もし妊娠に気づいていない妊娠超初期に使用していても、胎児への影響の心配はないでしょう。

しかし、妊娠初期の4週目からは胎児の器官形成に対する影響も考えられるため、服用に際しては、担当産婦人科医師に確認しましょう。

妊娠による口内の変化と注意点

ホルモンの影響で歯肉炎になりやすい

妊娠中はホルモンの変化の影響で、通常はサラサラの唾液がネバネバの唾液になり、歯茎が炎症を起こす歯肉炎になりやすくなります。
そして歯肉炎の症状が進み、骨まで波及すると歯周病になることがあります。

歯周病になってしまうと、細菌の出す悪い物質が血液に入り、切迫早産や切迫流産に繋がってしまうこともあります。

歯肉炎や歯周病になってしまった場合は、必ず歯科で治療を受けて炎症を抑え、溜まった汚れを取り除いてもらいましょう。
歯肉炎や歯周病になったということは、正しい歯磨きができていないということでもあります。

治療と併せて正しい歯磨きのやり方を教えてもらい、汚れが溜まらない磨き方を実践してください。

歯肉炎や歯周病を予防するには

歯肉炎や歯周病にならないよう予防するためには、歯磨きをしっかり行いましょう。
歯磨きができておらず汚れがたまると、ホルモンの変化と相まって歯肉炎になりやすい状態になります。

つわりで歯磨きが難しい場合は、ぶくぶくうがいをしっかりするだけでも効果があります。
また、歯磨き粉を使わないで歯磨きを行い、唾液中のミネラルを歯に刷り込んで磨くケアでも問題ありません。

歯磨きのマッサージ効果で唾液がたくさん出るため、唾液もサラサラになります。
キシリトールのガムやタブレットを、1日3回ほど10分間口の中に含んでおくことも効果的です。

歯のトラブルがあると起きやすい問題

歯肉炎を起こして歯周病まで症状が進むと、雑菌により切迫早産や切迫流産になりやすくなります。
歯肉炎や歯周病を防ぐためにも、必ず歯医者さんに診てもらい、口内のケアを行ってください。

妊娠後期には、出産のために関節や靭帯を緩める作用のあるホルモンの分泌が増えます。

現代の私たちの身体はこのホルモンの分泌に抵抗できるほどの筋力が無いため、胎児の体重が急激に増加する妊娠8か月以降は切迫早産になりやすい状態となります。

身体がそのような状態の時期に歯周病となって血液中に歯周病菌が入ると、さらに切迫早産を後押ししてしまうため、妊娠中期までにケアを行うことが重要です。

妊娠前・妊娠中の歯科検診

妊娠超初期 歯科検診
母子手帳には妊娠中の歯科検診の欄があります。
住んでいる自治体によっては妊婦歯科検診を無料で受けることができます。

ただしこちらは検診のみで、歯のお掃除や治療を行うわけではありません。

検診で指摘を受けた時は、その後にきちんと診察や治療を受けてください。

スポンサーリンク

妊活中、妊娠中の方へ 先生からのメッセージ

妊娠前 口腔ケア
妊娠がわかったら、歯肉炎や歯周病からの切迫早産や切迫流産を防ぐためにも、必ず歯医者さんに行ってください。

妊娠中期の安定期の間に治療を受け、妊娠後期にも1度は診察を受けておくことをおすすめします。

出産後は赤ちゃんのお世話で病院に行く時間が取りづらくなるためです。

離乳食の時に赤ちゃんに虫歯をうつしてしまうのではないかと心配しなくてもよいように、妊娠中にしっかり歯医者さんに口の中をケアしてもらいましょう。

syufeelスタッフからのひと言

妊娠超初期でも歯医者さんでの治療が問題ないことがわかりました。
口の中のケアと一緒に、赤ちゃんへの栄養にも気を配っていきたいですね!

葉酸はお腹の中の赤ちゃんの健康のためにも重要な栄養素なので、葉酸サプリを選ぶ時は安全性や添加物が気になるという方も多くいます。
しかし、数多くあるサプリの安全性や添加物を個人でチェックするのはなかなかの難題。

そんな方にとって役立つのが、人気の葉酸サプリの安全性や添加物が調査・比較されているページです。

添加物の安全基準についての説明も掲載されているので、ぜひ参考にしてください。

妊娠超初期の症状チェック!兆候はいつから?過ごし方と注意点

この記事を監修した歯科医

岡井 有子
歯科医師として、マタニティ歯科、あかちゃん歯科、顎顔面口腔育成治療(RAMPAセラピー)を中心に歯や姿勢・呼吸のお悩みに応えています。
妊娠超初期 歯医者
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 谷口 教子
  • 森口瑞恵
  • 星泰衣
  • 立川雅之
  • 関村順一
  • 福一由紀
  • 篠塚和正
  • 米山絵美
  • 鈴木 安希子
  • 片山 香南
  • 参納初夏
  • 橘凛保

シャイニスタ一覧

チャレンジしている主婦&ママ「シャイニスタ」を紹介します。
  • 嶋田 真里
  • 上田 倫子
  • 都 あきこ
  • 小賀真紀
  • 中村智江
  • 﨑元 宏美
  • 加藤 みき
  • 小宮 悦子
  • 幟建 由佳
  • 浦田 遥
  • 後藤 真弓
  • 藤井 圭子

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる