【妊娠超初期症状の下痢・腹痛】対処法と注意したい症状とは?

下痢や腹痛は妊娠超初期症状のひとつですが、生理前や感染症も考えられる症状のため、下痢や腹痛だけでは判断が難しいものでもあります。 妊娠超初期に起こる下痢の理由と悪化させないためにできること、また注意したい症状も解説!
妊娠超初期
妊娠超初期 下痢

妊娠超初期の下痢はなぜ起こるの?

妊娠すると黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が増加し、代謝が下がります。
代謝が下がると身体とお腹が冷えるだけでなく、腸の働きも鈍くなってしまうため下痢の症状が起こります。
ただし、この黄体ホルモンの増加は生理が来る場合でも起こるため、普段の生理前にも同じように下痢の症状が現れる人もいます。

妊娠した時だけの原因としては、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の分泌量増加が挙げられます。
hCGが増加することでホルモンバランスが変化し、そのことで自律神経が乱れて下痢になってしまうのです。
妊娠超初期 下痢の原因
妊娠したかどうか心配するあまり、精神的なストレスによる下痢になっていることも考えられます。
普段からストレスが原因で慢性的な下痢を起こす場合は、妊娠超初期の症状というよりも過敏性腸症候群の可能性があります。

過敏性腸症候群は発症する原因ははっきりとわかっていませんが、ストレスが腸の働きに影響すると考えられています。
便秘型や下痢と便秘が交互に現れる混合型(交代性便通異常)など、症状は下痢に限りません。
ストレスの軽減や規則正しい生活で症状が緩和することもありますが、市販の薬や病院に相談するのも方法です。

他にも、貧血の処方薬(鉄剤)の副作用や普段の食生活によっても下痢になってしまう事があります。
下痢の原因は様々で、妊娠した人ならではの症状ではありませんが、妊娠の可能性がある人は薬の影響を考えて下痢止めを飲むのを我慢するようにしましょう。

妊娠超初期の下痢を悪化させないためには?

妊娠超初期 下痢 対策

お腹を温める

服装に気を配り、腰から下を冷やさない工夫をすることが大切です。
スカートを履く場合は冷えたい策をしましょう。
腹巻きやあたたかい素材のストッキングがおすすめです。
夏でも着用できる薄い生地のものも販売されているので、特に普段から冷えが気になっていた人は試してみましょう。

シャワーだけでなく湯船につかるなど、入浴の方法を見直すことも冷えを取りお腹を温めることに繋がります。

食事に気を配る

刺激が少なく、消化の良いものを摂ることが大切です。
体を温め、食物繊維も豊富な根菜類をたっぷり摂りましょう。
食物繊維を摂り、便秘対策をしておくと下痢にもなりにくく、腸の調子が良くなりお通じが極端な状態になるのを防ぐ事ができます。

普段から、下痢を引き起こしやすい冷たい飲み物やアイスクリームは控えるようにして、温かいものを摂ることを習慣にしましょう。

水分補給はしっかりと

普段から下痢になりやすい人はお腹を下さないように水分補給を我慢してしまいがちですが、下痢が起こると水分が身体から出てしまうため、脱水症状になりやすいです。
下痢になった時こそ、こまめに水分補給することが大切です。

産院の医師に薬を処方してもらう

市販の下痢止めを飲んでしまうと胎児に影響を及ぼす可能性があります。
処方された薬であれば安心して飲むことができるので、まだ妊娠が確定していなくても病院で相談してみましょう。

下痢がひどすぎると流産してしまう?

妊娠超初期 下痢 流産
下痢が流産の原因になることはありません。
ただし、下痢だけでなく腹痛や嘔吐、吐き気の症状がある場合はウイルス性の感染症の疑いがあります。
妊娠に影響を与える可能性もあるため、早めに医師の診断を受ける事が大切です。

こんな下痢は注意が必要

注意したい症状
激しい腹痛や吐き気、寒気を伴う下痢は、妊娠超初期症状以外の原因で起こっている可能性があります。
激しい腹痛は流産の兆候である場合もあります。
上記したようにウイルス性の感染症の可能性もあり、妊娠以外の原因が疑われる場合は早めに病院で受診をする必要があります。

ただし、吐き気は妊娠超初期に現れることがある症状なので、他の症状を含めて病院に行くべきか判断する必要があります。
実際に何度も吐いてしまうなど症状が重い場合は、念のため受診しましょう。

腹痛も妊娠初期症状の一つなの?

妊娠超初期 腹痛
妊娠超初期症状として現れることの多い症状の1つです。
下痢や便秘が原因で妊娠超初期に腹痛が現れることもあれば、子宮や骨盤が広がることによって腹痛が起きる場合もあります。
その痛みの大きさもチクチクと軽く痛む場合やなんだかおなかに違和感がある程度の人もいれば、腹部だけでなく腰まわりまで全体的に痛む人もおり、個人差も。

また、月経前症候群(PMS)にも腹痛症状があります。
生理前の腹痛は体外に経血を出すために、子宮が収縮することやそのためのホルモンの働きによって腹痛が起きます。
妊娠超初期も、月経前症候群でもどちらも腹痛症状があるため、腹痛だけで妊娠したかどうか判断することは難しいです。

妊娠超初期症状の腹痛と流産の腹痛との違い

妊娠超初期症状の腹痛

お腹から腰に掛けて痛んだり、お腹が張る感じの腹痛で生理痛に似た痛みが現れることがあります。
チクチクする軽い痛みを感じることもあります。
下痢による痛みの場合も。

流産の腹痛

生理痛よりも激しく締め付けられるような痛みや、下腹部にズキズキする強い痛み、また痛みが長く続くという場合は流産の可能性があります。
重要なのは、腹痛に加えて出血や腰痛、基礎体温の低下、つわり症状が消えるなどの症状がある場合です。
不正出血や基礎体温の変化があったり、そのほかの妊娠の兆候と思われるものが消えた場合は流産の可能性も。

妊娠超初期の流産は激しい痛みなどの症状がなく、普段の生理痛と変わらず流産(生理)になるというケースもあります。
本人が妊娠に気づいていないだけで、普段の生理も流産の可能性があります。
受精卵が着床し続けることができなかった時に生理がおき、同時に流れ出てしまいます。

記事を書いた人

syufeel編集部
主婦の『変わりたい』を叶える情報メディア、syufeel編集部です。
妊娠超初期 下痢
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 萬代誓
  • 川島智世
  • 小川大介
  • 森口瑞恵
  • 勝山昭人
  • 福一由紀
  • ENERGYeye/エナジーアイ
  • 星泰衣
  • 渡辺紀夫
  • 庭田真理子
  • 篠塚和正
  • 徐大兼

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる