妊娠超初期の頭痛の種類と対処法※寒気は関係ある?薬は飲んでもOK?

妊娠超初期に感じる頭痛は妊娠の兆候とはいえませんが、妊娠中の頭痛は他の妊娠超初期症状から引きおこっている可能性があります。 原因別頭痛の種類と、薬に頼らない対処法も説明しています。
妊娠超初期
妊娠超初期 頭痛

妊娠超初期の頭痛の原因は?

妊娠超初期 頭痛 原因
月経前症候群で頭痛の症状が現れるという女性は多いので、頭痛が必ずしも妊娠の兆候だとは限りません。
生理前にも月経前症候群の症状に頭痛があることからこの時期の頭痛を妊娠超初期の判断材料にすることは難しいです。

妊娠による頭痛の場合は他の妊娠超初期症状が原因となっていることもあるため、対策をすれば頭痛の症状が改善する可能性も。
早い人では妊娠超初期から始まるつわり(吐き気)によって食生活が乱れ、鉄分不足が頭痛の原因となることもあります。
つわりで水分を取るのも難しい場合、水分不足から脳の血流が悪くなり頭痛を引き起こすことも。

ほかにも、ホルモンの影響であったり、運動不足・自律神経の乱れからくる血行不良による頭痛が原因となります。

ホルモンの影響

ホルモンバランスの変化によって、頭痛が起きることがあります。
妊娠超初期に著しく変化する黄体ホルモン。
黄体ホルモンの分泌が増えた影響で血管が拡張します。

血管の拡張は頭蓋骨の中でもおきており、その炎症で頭痛を引き起こすと考えられています。
拡張した血管が周囲の神経を圧迫することも原因だと考えられています。
この黄体ホルモンの影響でおきる頭痛は偏頭痛です。
頭の片側に起こることが多いのが偏頭痛の特徴です。

ただし、妊娠中はこの黄体ホルモンの量が高いまま続き、変動があまりないため普段から頭痛に悩まされている人の中には頭痛がなくなったと感じる人も。

血行不良

妊娠のストレスや運動不足、自律神経の乱れなどから血行が悪くなり、頭痛がおきることも。
これは偏頭痛とは種類の違うもので、緊張型頭痛と呼ばれています。
部分的な痛みよりは、頭の両側や全体、後頭部などに痛みを感じます。

妊娠超初期に感じる頭痛の種類とその対処法

頭痛の種類 対処法

偏頭痛

血管の拡張によって起こる頭痛で、こめかみなどがズキンズキンと激しく痛むのが特徴です。
仕事や家事を続けられないような痛みで、吐き気を伴うこともあります。

偏頭痛の場合は患部を冷やし、横になって睡眠を十分にとるなど安静にすることがポイントです。
ストレスで悪化することもあるので、リラックスを心がけて無理をしないようにすることが大切です。
血管を収縮させる働きがあるカフェインを摂ると痛みが楽になります。
妊娠中は1日1杯程度にする必要がありますが、少しは楽になるかもしれないので試してみましょう。

緊張型頭痛

筋肉が緊張し血管が収縮することによって起こる頭痛です。
ストレスやデスクワークでずっと同じ姿勢をとっていることが原因となることが多いです。
後頭部から首筋にかけての痛みが特徴で、肩こりを併発することもあります。
妊娠時は薬を飲むことができませんが、普段であれば薬を飲めば消えるような痛みである場合が多いです。

緊張型頭痛の場合は偏頭痛と逆で、患部を温めるのがポイントです。
筋肉が凝り固まっている場合は、上半身のストレッチやマッサージなども効果的です。
ぬるめのお風呂に入ったり、深呼吸して血流を改善しましょう。

鉄分・水分不足

つわりで食欲不振や嘔吐があるとき、脱水症状を起こし、それが頭痛の原因になっていることがあります。
こまめに水分補給しましょう。
つわりの症状によっては、味のない水が受け付けない人や、逆にレモン水などでもわずかな香りが気になって受け付けない人も。
摂りやすい方法を探して水分補給が必要です。
脱水症状が原因で頭痛が起きていた場合はこまめな水分補給で改善する可能性があります。

鉄分が不足すると貧血になり、頭痛の原因になります。
特に妊娠中の貧血は鉄分不足が原因のことがほとんどです。
妊婦貧血は、早産や低出生体重のリスクを高めるともいわれているので、鉄分を積極的に摂取しましょう。

頭痛とともに寒気を感じることもある?

妊娠超初期 寒気
黄体ホルモンの働きで体温が上昇するため、寒気を感じる場合があります。
黄体ホルモンは自律神経の乱れの原因となることもあり、それによって寒気を感じやすくなっていることもあります。
冷えやすい手足の先(末端神経)を温めると寒気を改善することができるのでおすすめです。

妊娠超初期の頭痛、頭痛薬は飲んでいいの?

妊娠超初期 頭痛薬
診断を受けて医師の処方で薬を服用する場合は、飲んでも大丈夫です。
身体や胎児に影響がないとされているものを処方してもらえます。

妊娠の可能性がある場合は市販薬×

妊娠超初期~初期の時期は、胎児の主要な臓器が作られる「器官形成期」です。妊娠に気づいていない人も多く、市販薬を飲んでしまいがちな時期ですが、妊娠の過程の中で最も重要な時期と言えます。
妊娠の可能性がある限り市販薬を飲むのは避け、必ず医師に妊娠の可能性を告げたうえで処方してもらいましょう。

「アセトアミノフェン」が主成分なら大丈夫?

「アセトアミノフェン」を主成分とする「カロナール」は、帝王出産後の痛み止めや授乳中の発熱などに対して処方されることが多く、妊娠中にも医師が処方することがあります。
副作用が少なく比較的安全と言われていますが、絶対とは言えません。
医師とよく相談し、納得した上で服用しましょう。
市販薬の中にも同じ主成分のものが存在しますが、自己判断で手を出すことはやめましょう。

妊娠に気づかず飲んでしまったら?

飲んだ量が少しであれば影響はないと言われていますが、飲んでしまったことで後々後悔するなど、心理的負担となることもあります。
妊娠の可能性に全く気づかずに飲んでしまった場合は、気にしないようにしてストレスにならないようにしましょう。
病院に行く時間がないという場合でも、妊娠の可能性がある場合や妊娠確認後は自分と赤ちゃんのために医師の処方した薬を飲むことが大切です。

塗り薬・貼り薬にも注意が必要

内服薬だけでなく、塗り薬や貼り薬などの成分を皮膚から吸収することで副作用が出る場合もあります。
特に緊張型頭痛に関しては、確認せずに肩などに湿布を貼ってしまわないように注意する必要があります。
妊娠中禁忌でないか医師や薬剤師に確認をしましょう。

記事を書いた人

syufeel編集部
主婦の『変わりたい』を叶える情報メディア、syufeel編集部です。
妊娠超初期 頭痛
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 福谷陽子
  • やぐちくみこ
  • ENERGYeye/エナジーアイ
  • 関村順一
  • 大澤康典
  • 橘凛保
  • 國井兵太郎
  • 島田和美
  • 山本里佳
  • 髙橋美穂
  • 荒川泰器
  • 勝山昭人

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる