【妊娠超初期の眠気】いつからいつまで?とにかく眠い時の対処法

睡眠時間にかかわらず猛烈な眠気を感じる…もしかして妊娠かも。 妊娠超初期に自覚の多い症状の一つである強い眠気の理由と対処法を解説しています。 また、逆に不眠を感じる人も。なかなか寝れない人向けの対処法についても書いています。
妊娠超初期
妊娠超初期 眠気

妊娠超初期症状のひとつ「眠気」

眠気の症状
妊娠超初期は妊娠しているかどうかも確認することができない時期ですが、「眠気」を感じる人も多くいます。
個人差もありますが、目覚ましが鳴ったことに気づかない、集中していたはずなのに何分間か記憶が無い、夜たっぷりと睡眠をとっていても昼寝してしまう、夜から昼までぐっすり寝てしまっていたなどの症状が挙げられます。
睡眠薬や眠くなる成分を含んでいる薬を飲んだときのような、抗えない眠気に襲われます。
生理前にはいつも眠気や倦怠感があるという人でも、このようないつもと違う異常な眠気を感じ、妊娠したという可能性に気づくケースもあります。

妊娠超初期にはなぜ眠気を感じるの?

眠気の原因
正確にはわかっていませんが、着床時期からホルモンバランスや自律神経が乱れるためという説や、受精卵の成長にエネルギーを使っている疲れのためとも言われています。
母体を安静にして胎児を守るための本能ではないかという説もあり、眠ることが身体にとって必要な時期なのだとも考えられます。
妊娠超初期には眠気つわりとも言われ、一般的なつわりと同様に対策をしても症状に襲われてしまうことが多いため、無理をして起きようとせずに生理現象に従うことも大切です。

妊娠超初期の眠気にはどう対処すればいい?

眠気の対処方法
無理してがんばってもどうしても眠いのがこの時期。
仕事や家事をお休みできるならいいですが、まだ妊娠が判明していない時期の眠気ではそれもできません。
いろいろな対処法を試してみて、眠気を乗り切るほかありません。

目の周りのマッサージ、ツボの刺激

血流を改善し、スッキリして集中できるようになります。
眠りつわりに対して長時間の効果はないかもしれませんが、どこでも何度でもできる対策なので急な眠気に襲われた時は、ツボを刺激するなどで乗り切りましょう。

ウォーキングなどの軽い運動をする

じっとしていては眠気に負けてしまいます。
起きていなければいけない時間の前に軽めの運動をしておくことで、血流を改善し目を覚ましておくことができます。
ただし、あくまでも軽めに。
激しい運動は妊娠超初期にはおすすめできません。
また疲れるほどの運動は返って眠くなる原因になってしまいます。

清涼感のあるものを楽しむ

スッキリとした香りを嗅ぐことで気分転換にもなり、頭の中がスッキリすることも。
タブレットや飲み物でスッキリしたものを口にすることも効果があります。
気分転換をして集中力をあげることで、眠気をしばらくおさえることができます。
ワーキングママでも仕事中にできる対策なので、準備しておくと安心です。
ただし、ハーブの中にはペパーミントなど、妊娠中に避けたいものがあります。
妊娠の可能性があるときは使用するハーブについて調べてからにしましょう。

血糖値の急な上昇を防ぐ

血糖値が急に上昇すると眠気は起こりやすくなります。
おかゆや玄米、全粒粉のパンなどは血糖値が上がりにくい食品とされています。
血糖値の急激な上昇を防ぐ食事をとることで、なるべく眠くならないようにきをつけることができます。

あまりに強い眠気で集中できないなど、仕事や生活に支障をきたすと感じたら体を休ませることも大切です。
特に、運転をする場合は短時間にする、誰かに運転を代わってもらうなどの対処が必要かもしれません。

妊娠超初期ではまだ妊娠を判断できないために、周囲の理解を得るのはなかなか難しいもの。
体調を理由にするなど毎日ではなくても、上手く体を休ませる方法を考えましょう。

妊娠超初期の眠気はいつからいつまで続くの?

眠気の時期

始まり 

妊娠0~4週である最終月経~生理予定日あたりに眠気の症状が出始めます。
PMSにも似たような症状があるので毎月生理前には眠気を感じているという人もいますが、妊娠超初期症状の眠気の方が強いです。
強烈な眠気が起こったことがきっかけで妊娠に気づいたという人もいます。

終わり

12~16週くらいで強烈な眠気はなくなります。
これはホルモンバランスが整うためと言われています。
この頃には代表的なつわりである吐き気なども治まり、日常を過ごしやすくなります。

ただし、強烈な眠気が収まっても妊娠中は妊娠前よりもある程度眠気を感じるという人がほとんどなので、寝過ぎかな?と思っても、眠れる時には無理をせずに寝て休むことが大切です。

眠気とは逆に眠れない・不眠の症状もあるの?

妊娠超初期 不眠
強烈な眠気とは逆の症状が現れることもあります。
不眠の原因は様々ですが、眠気と同様にホルモンバランスの変化が原因の1つに挙げられます。
さらに、妊娠・出産への不安という精神的なものや、ホルモンバランスの変化と子宮による膀胱の圧迫から頻尿になり、頻繁に起きてしまうという要因もあります。

眠れないときの対処法

眠れない時の対処法

入浴

血管を拡張させ、入浴後の体温低下によって眠りやすくなります。
入浴で上がった体温が徐々に下がる時に眠りに入ります。
熱すぎないお湯でゆっくりした時間をすごすことで、体も心も休めることが、入眠準備になります。

軽い運動をする

血行がよくなることに加え、程よい疲労感によって入眠しやすくなります。
日中に少し運動をしておく方法や、眠れない場合はウォーキングをしてみるなどで血行を促進しましょう。

リラックスできる飲み物を飲む

心身ともに落ち着かせ、身体を温めることで入眠にむかうことができます。
ルイボスティー、ホットミルク、ジンジャーティーなどのノンカフェインのものをホットで飲むのがオススメです。
じっくり時間をかけて飲み、眠りまでの時間を作るのがコツ。
ただし、ハーブには子宮の収縮を促進するなどのの効果がでてしまうものがあるのでハーブティーについては妊娠中の禁忌がないか確認しておきましょう。

寝る前にテレビやスマートフォンを見ない。

テレビやスマートフォン、PCのモニタなどのブルーライトが入眠の妨げになります。
眠る数時間前から脳を休ませてリラックスすることがおすすめ。

対処法をしても眠れないという場合は、体調に影響がでてくる事もあるので医師に相談してみるのもおすすめです。
病院にかかる際は、妊娠の可能性を告げることも重要です。

記事を書いた人

syufeel編集部
主婦の『変わりたい』を叶える情報メディア、syufeel編集部です。
妊娠超初期 眠気
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 松原好克
  • 西條 喜博
  • 杉浦詔子
  • 森口瑞恵
  • 太田智子
  • 川島智世
  • 永森咲希
  • 緒方美広
  • 小川大介
  • やぐちくみこ
  • 小松美和
  • 徐大兼

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる