この吐き気、妊娠超初期?つわりはいつからいつまで?ツラさ軽減対策

早い人では、吐き気を感じる人もいる妊娠超初期。 妊娠初期の代表的な症状でありながら、まだ妊娠と確信するのは難しいのもこの症状の特徴です。 吐き気やムカムカなどつわりが始まる時期と症状、乗り切る対処法を紹介しています。
妊娠超初期
清水 なほみ
清水 なほみ (しみず なほみ)
日本産科婦人科学会専門医
妊娠超初期 吐き気

妊娠超初期の吐き気の原因と様々な症状

妊娠超初期 吐き気の症状
受精卵が着床すると、胎盤形成のためにhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の分泌量が増加し、ホルモンバランスの急激な変化が起こります。
ホルモンバランスの変化は消化器官にも影響を及ぼすため、吐き気などのつわり症状の原因となるのです。

ひと言で吐き気といっても人によって様々な症状があります。
食べつわりと呼ばれる空腹になると起こる吐き気や、食べ物・飲み物による刺激や匂いなどで起こる吐き気があります。

スポンサーリンク

syufeelはココに注目!

個人差の大きいつわりの症状

つわりの症状は人それぞれですが、代表的なものに吐き気、倦怠感、唾液量の増加、頭痛、眠気、食欲不振などが挙げられます。
個人差が大きいので、症状が軽い人は体調不良と見過ごしてしまうことも。

また、吐き気や頭痛など辛い症状が現れていても、妊娠の可能性がある場合は独断で薬を飲まないようにしましょう。

つわりの症状は大きく分けて次の5つです。

①吐きつわりの症状

吐きつわりは食事をとってもとらなくても吐き気を感じ、一日中気持ち悪さが続きます。
少しずつ食べられる場合は、無理せず食べられるものを食べましょう。
ただし、水を飲んでも吐いてしまう場合は、脱水症状や妊娠悪阻(にんしんおそ※)によって水分や栄養を点滴で補給しなければならない状態の可能性があるので、早めに医師に相談してください。

②食べつわりの症状

空腹を感じると気持ち悪くなるのが食べつわりの症状です。
食べつわりは妊娠超初期から体重が増加してしまう人が多いので、空腹を感じない程度の少量ずつをこまめに食べるようにしましょう。

③よだれつわりの症状

よだれつわりは口の中に大量のよだれが出ることで吐き気を感じたり、味覚が変わってしまったりします。
口の中で飲み込めないほどのよだれが出る人もいれば、いつもよりよだれの量が多いと感じる程度の人までさまざまです。
寝ている間もよだれが出る場合があり水分が失われやすいので、水分補給に気をつけましょう。

④眠りつわりの症状

睡眠をとっていても日中眠さが続くことが眠りつわりの症状です。
あまりの眠さに倒れてしまうこともあるので、周囲に眠りつわりで困っていることを伝えましょう。
一番は眠いときに眠ることが一番ですが、仕事や育児で眠れないときはガムやすっきりできるハーブティーなどを飲んで気分転換することがおすすめです。

⑤においつわりの症状

においつわりは匂いに敏感になり、普段気にしなかった香りが気になるので常にストレスがかかります。
外出時はマスクをして、すっきりできる香りのものを持ち歩いたりなどすると外でのにおいストレスを軽減できます。

つわりはいつから始まっていつごろ終わるの?

症状が出る時期

つわりが始まる時期

早い人は妊娠3~4週目である生理予定日の少し前あたりから感じる人もいますが、一般的には5~6週(生理予定日の1週間後)あたりの、妊娠に気づき確認が可能な頃から症状がでてくる場合が多いです。

つわりは個人差が大きく、全く感じないという人もいれば、数週間で症状が治まったという人、妊娠後期まで続いたという人もいます。
同じ人でも妊娠ごとに違う場合もあるので、一人目の妊娠時はつわりがひどかったのに二人目はあまり症状がでないという人も。

妊娠への期待や不安によって、妊娠していない場合でも吐き気を感じることもあるので、精神的な影響によって症状がでているケースもあり、吐き気を感じたからといって妊娠によるもの(つわり)であるとは言い切れません。

つわりが終わる時期

一般的には妊娠14~16週(妊娠4~5ヶ月)あたりに治まり、安定期にはつわりがなく好きな物やバランスの良い食事を食べることができたという人が多いです。
ただし、終わる時期にも個人差があるため、終わると思っていたのにまだ症状が長く続く人や一度症状が治まってからまた後期に症状が現れる人もいます。

妊娠後期までつわりが続き、満足に食事ができていなかったという人でも、必要なカロリーと栄養が摂れていれば健康な赤ちゃんを産む事ができます。
自分が満腹感を得られたかどうかは、あまり気にし過ぎないようにしてください。

吐き気を感じるつわりを乗り切る方法

つわりを乗り切る方法
妊娠の可能性があり、「つわりかな?」と思う場合の吐き気では、安易に薬に頼るのは控えてください。
症状を和らげる方法をいくつか試してみて、この時期を乗り切りましょう。

少しずつ食べる

量が多いと負担も大きくなり、余計にむかつきや吐き気が起こる原因にも。
吐き気で食欲が湧かない場合でも、少量ならば食べられることもあります。
食事の回数を増やしたり小分けにしたりするなどの工夫をし、少しずつ食べるようにしましょう。

食べたいものを食べたい時に

食べられないと感じている時に無理に食べても、吐き気はおさまらずさらに続くことにもなります。
少し症状が和らいでいるときに、食べたいと思えるものを口にしましょう。

特に水分を意識して補給・摂取しましょう。
ゼリーや果物なら食べられるという人も。

苦手な匂いをなるべく遠ざける

今までは平気でも妊娠中に急に苦手になる匂いができたという人も。
無理して今までどおりの生活を続けようとせず、苦手な匂いを遠ざけてOK。

食べ物は温かい方が匂いがたちやすくなるため、スープやおにぎりを冷蔵庫で冷やすと食べやすくなります。
家族にも相談し、協力してもらえると安心です。

syufeelスタッフからのひと言

妊活中・妊娠中の女性にとって必須の葉酸サプリですが、商品によっては強いニオイがあるものも。
つわりで吐き気のある時期は、ニオイのある葉酸サプリは口にできなくなるケースも珍しくありません。

そんな時は、葉酸サプリの比較表から、どのサプリがどれくらいニオイがあるのかをチェックしてから購入しましょう。

スポンサーリンク

辛いもの・熱いものは食べない

辛いものや熱いものは胃粘膜が刺激される原因になり、吐き気が起こりやすくなります。
食べたいものが辛いものの場合は別ですが、特に食べたいと思わない場合は辛いものや熱いものは避けてください。

胃粘膜の刺激や負担を避け、消化のよいものを摂るようにしましょう。

さっぱりするものを食べる

胃のむかつきや吐き気が起こりにくいので、口当たりのさっぱりとしたものを食べてみましょう。
ムカつきが続いていても口の中がさっぱりするだけで少しすっきりした気持ちになることもあります。

ただし、さっぱりしているものも、あまり食べ過ぎると胃の負担になることもあります。
みかん、グレープフルーツなどの柑橘類は食べた時はさっぱりしますが消化が悪いので、ジュースにしたり、少量の摂取にしたりするといいでしょう。
トマトやそうめんなど、口当たりのよいさっぱりしたものがおすすめです。

何をしても吐き気がおさまらないという場合は、脱水症状・栄養失調に注意しましょう。
水分すらも取れない状態になっているなど、ひどい場合は病院の受診が必要です。
点滴が必要な場合は、入院することもあります。

下着は締め付けないものを選ぶ

締め付ける下着は吐き気を緩和することには向いていません。
体を自由にしてあげることで気分を楽にすることにもなります。

ノンワイヤーの下着やウエストがゴムのもので、体も気分もラクにしてあげましょう。

妊娠超初期の吐き気緩和が期待できる栄養素

吐き気緩和が期待できる栄養素
ビタミンB6、B12、葉酸を摂取することで、吐き気の緩和が期待できます。
特にビタミンB6は女性ホルモン(エストロゲン)の代謝と関係していてホルモンバランスを整える働きがあるため、吐き気や頭痛などのつわり症状やPMSに効果があると言われています。

ビタミンB12と葉酸はつわり症状への直接的な効果はありませんが、自律神経を整える働きがあることから、つわり症状を軽減することに繋がるとも考えられています。

ビタミンB6とB12、葉酸は協力して働くため、一緒に摂取するのがおすすめです。
葉酸のサプリメントにはビタミンB6とB12が配合されている商品も多いので、確認してみましょう。

syufeelはココに注目!

吐き気をやわらげる食べ物

吐き気があっても食べられるものが多い人は、食事からの栄養摂取も考えましょう。
吐き気緩和に期待できるビタミンB6は、かつおやまぐろなどの赤身魚、バナナや牛レバーに多く含まれます。

葉酸の吸収を助けるビタミンB12は牛レバー、鶏レバー、さんま、あさりなどに多く、葉酸はほうれん草、えだまめ、ブロッコリーに多いので意識して食べるようにしましょう。

ただし、レバーなどの動物性食品はビタミンAも多く含まれるので食べ過ぎに注意し、魚介類は新鮮なものでもかならず熱を通してください。

吐き気緩和が期待できるメニュー

生姜を使った料理は吐き気に効果があるとされているので、ビタミンBが豊富な豚肉とあわせたしょうが焼きがおすすめ。
吐き気があり普通の食事が食べられないときは、野菜スープが有効です。

野菜から溶け出た葉酸やビタミン類がまるごと食べられるので、栄養補給にぴったり。
固形物を食べにくく感じるときは、ブレンダーやミキサーなどでつぶして食べましょう。

便秘を解消して吐き気を軽くする

妊娠中のホルモンバランスや食事がとれないことによって起こる便秘が、吐き気を悪化させていることがよくあります。
スムーズに排便できていない人は便秘対策をしましょう。

便秘を解消してもつわりは完全にはなくなりませんが、胃を圧迫しなくなるので胸焼けによる吐き気が楽になります。

おすすめはりんごやバナナ、海藻類に含まれる水溶性食物繊維の入ったものと野菜やイモ類、豆類に多く含まれる不溶性食物繊維の含まれる食品をバランスよく食べることです。

水溶性食物繊維は硬くなった便をやわらかくふやかしてくれますし、不溶性食物繊維は便の水分を吸ってまとめて排出する役割があります。
ごぼうやにんじんを消化がよくなるよう小さく切って煮物にしたり、海藻や芋を入れた味噌汁にしたりすると効率よく食べられます。

妊娠超初期に吐き気を感じたら妊娠している?

吐き気と妊娠
可能性はありますが、絶対とは言えません。
生理日あたりに吐き気を感じると、妊娠だと思ってしまいがちですが、赤ちゃんを期待しすぎているなどの想像妊娠では心理的なもので吐き気を感じることもあるため、吐き気以外の他の症状もチェックするのがおすすめです。

PMSの症状でも吐き気などのつわりと似たような症状が出るため、妊娠かと思っていたら生理がきたというケースもあります。

症状だけでは妊娠かどうかの判断はできないため、判定可能な時期になったら妊娠検査薬を使用し、陽性であれば病院を受診して確認をすることが大切です。

専門用語解説

(※)妊娠悪阻
つわり症状が悪化し、嘔吐を繰り返して体重減少がすすみ消化器官異常により栄養不足や全身の倦怠感、脱水症状などがある状態のこと。

重症の場合は入院治療を行ない、食事指導をしながら点滴で水分や栄養を補給して回復を待ちます。

妊娠超初期の「つわり症状」体験談

食べつわりだったので、とにかくお腹がよく空きました。
夜中でもお腹が空いて目が覚めたり、空腹すぎて吐き気がしたりしていました。
食べられる分だけ食べてしまうとそれはそれで気持ち悪くなり戻してしまうこともあったので、 飴やキャラメルなどの口に入れておけるものや、ゼリーなどの消化に良く吐くのも楽なものをたくさんストックして、食べられるときにすこしずつ口に入れていました。
(24歳)
軽い車酔いのような、微妙な気持ち悪さが続きました。
(37歳)
1人目の時は食べつわりで、常に何かを食べないと吐き気で具合が悪くなっていました。
2人目の時はその逆で、食べると吐き気が強かったです。
(27歳)
妊娠超初期の症状チェック!兆候はいつから?過ごし方と注意点

記事を監修した産婦人科医師

清水 なほみ
日本産科婦人科学会専門医
清水 なほみ (しみず なほみ)
女性総合クリニック~ビバリータ~院長。同じ女性の立場で、心と体の健康を自分の力で取り戻す方法を伝えています。
妊娠超初期 吐き気
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 鈴木 安希子
  • 宮崎ますみ
  • 小川大介
  • 星泰衣
  • 川田清弥
  • 徐大兼
  • 萬代誓
  • 福谷信治
  • 谷口 教子
  • 島谷美奈子
  • 金 和蓮
  • 大柳 珠美

シャイニスタ一覧

チャレンジしている主婦&ママ「シャイニスタ」を紹介します。
  • 齋藤 由紀子
  • 小川太美子
  • 岩城 美穂
  • 藤原 智加
  • 永井 友理
  • 木戸 彩
  • 高柳 なえか
  • 井上 やすこ
  • 三村 由紀子
  • 加藤 みき
  • 趙恵美
  • 武貞 梢

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる