この吐き気、妊娠超初期?つわりはいつからいつまで?ツラさ軽減対策

早い人では、吐き気を感じる人もいる妊娠超初期。 妊娠初期の代表的な症状でありながら、まだ妊娠と確信するのは難しいのもこの症状の特徴です。 吐き気やムカムカなどつわりが始まる時期と症状、乗り切る対処法を紹介しています。
妊娠超初期
妊娠超初期 吐き気

妊娠超初期の吐き気の原因と様々な症状

妊娠超初期 吐き気の症状
受精卵が着床すると、胎盤形成のためにhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の分泌量が増加し、ホルモンバランスの急激な変化が起こります。
ホルモンバランスの変化は消化器官にも影響を及ぼすため、吐き気などのつわり症状の原因となるのです。
ひとことで吐き気といっても人によって様々な症状があります。
食べづわりと呼ばれる空腹になると起こる吐き気や、食べ物・飲み物による刺激や匂いなどで起こる吐き気があります。

つわりはいつから始まっていつごろ終わるの?

症状が出る時期

始まる時期

早い人は妊娠3~4週目である生理予定日の少し前あたりから感じる人もいますが、一般的には5~6週(生理予定日の1週間後)あたりの、妊娠に気づき確認が可能な頃から症状がでてくる場合が多いです。
つわりは個人差が大きく、全く感じないという人もいれば、数週間で症状が治まったという人、妊娠後期まで続いたという人もいます。
同じ人でも妊娠ごとに違う場合もあるので、一人目の妊娠時はつわりがひどかったのに二人目はあまり症状がでないという人もいます。

妊娠への期待や不安によって、妊娠していない場合でも吐き気を感じることもあるので、精神的な影響によって症状がでているケースもあり、吐き気を感じたからといって妊娠によるもの(つわり)であるとは言い切れません。

終わる時期

一般的には妊娠14~16週(妊娠4~5ヶ月)あたりに治まり、安定期にはつわりがなく好きな物やバランスの良い食事を食べることができたという人が多いです。
ただし、終わる時期にも個人差があるため、終わると思っていたのにまだ症状が長く続く人や一度症状が治まってからまた後期に症状が現れる人もいます。
後期までつわりが続き、ろくに食事ができていなかったという人でも健康な赤ちゃんを産む事ができるので、栄養面は気にしすぎないことが大切です。
   

吐き気を感じるつわりを乗り切る方法

つわりを乗り切る方法
妊娠の可能性がありつわりかな?と思う場合の吐き気では、安易に薬に頼るのは控えましょう。
少しでも和らげる方法をいくつか試してみて、この時期を乗り切って。

少しずつ食べる

量が多いと負担も大きくなり、余計にむかつきや吐き気が起こる原因にも。
吐き気で食欲が湧かない場合でも、少量ならば食べられることもあります。
食事の回数を増やしたりの工夫で小分けにし、少しずつ食べるようにしましょう。

食べたいものを食べたい時に

食べられないと感じている時に無理に食べても、吐き気はおさまらずさらに続くことにもなります。
少し症状が和らいでいるときに、食べたいと思えるものを口にしましょう。
特に水分を意識して補給・摂取しましょう。
ゼリーや果物なら食べられるという人も。

苦手な匂いをなるべく遠ざける

いままでは平気でも妊娠中に急に苦手になる匂いができたという人も。
無理して今までどおりの生活を続けようとせず、苦手な匂いを遠ざけてOK。
家族にも相談し、協力してもらえると安心です。

辛いもの・熱いものは食べない

辛いものや熱いものは胃粘膜が刺激される原因になり、吐き気が起こりやすくなります。
食べたいものが辛いものの場合は別ですが、特に食べたいと思わない場合は辛いものや熱いものを避けて正解。
胃粘膜の刺激や負担を避け、消化のよいものを摂るようにしましょう。

さっぱりするものを食べる

胃のむかつきや吐き気が起こりにくいので、口当たりのさっぱりとしたものを食べてみましょう。
ムカつきが続いていても口の中がさっぱりするだけで少しすっきりした気持ちになることもあります。
さっぱりしているものも、あまり食べ過ぎると胃の負担になることも。
みかん、グレープフルーツなどの柑橘類は食べた時はさっぱりしますが消化が悪く、つわりには不向き。
トマトやそうめんなど、口当たりのよいさっぱりしたものがおすすめです。

何をしても吐き気がおさまらないという場合は、脱水症状・栄養失調に注意しましょう。
水分すらも取れない状態になっているなど、ひどい場合は病院の受診が必要です。
点滴が必要な場合は、入院することもあります。

下着は締め付けないものを選ぶ

締め付ける下着は吐き気を緩和することには向いていません。
体を自由にしてあげることで気分を楽にすることにもなります。
ノンワイヤーの下着やウエストがゴムのもので、体も気分もラクにしてあげましょう。

妊娠超初期の吐き気緩和が期待できる栄養素

吐き気緩和が期待できる栄養素
ビタミンB6、B12、葉酸を摂取することで、吐き気の緩和が期待できます。
特にビタミンB6は女性ホルモン(エストロゲン)の代謝と関係していてホルモンバランスを整える働きがあるため、吐き気や頭痛などのつわり症状やPMSに効果があると言われています。
ビタミンB12と葉酸はつわり症状への直接的な効果はありませんが、自律神経を整える働きがあることから、つわり症状を軽減することに繋がるとも考えられています。

ビタミンB6とB12、葉酸は協力して働くため、一緒に摂取するのがおすすめです。
葉酸のサプリメントにはビタミンB6とB12が配合されている商品も多いので、確認してみましょう。

妊娠超初期に吐き気を感じたら妊娠している?

吐き気と妊娠
可能性はありますが、絶対とは言えません。
生理日あたりに吐き気を感じると、妊娠だと思ってしまいがちですが、赤ちゃんを期待しすぎているなどの想像妊娠では心理的なもので吐き気を感じることもあるため、吐き気以外の他の症状もチェックするのがおすすめです。
PMSの症状でも吐き気などのつわりと似たような症状が出るため、妊娠かと思っていたら生理がきたというケースもあります。
症状だけでは妊娠かどうかの判断はできないため、判定可能な時期になったら妊娠検査薬を使用し、陽性であれば病院を受診して確認をすることが大切です。

記事を書いた人

syufeel編集部
主婦の『変わりたい』を叶える情報メディア、syufeel編集部です。
妊娠超初期 吐き気
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 徐大兼
  • 島田和美
  • 福谷信治
  • 杉浦詔子
  • 宮崎ますみ
  • 西村史子
  • 猪越英明
  • 渡辺紀夫
  • 小林潤子
  • 森口瑞恵
  • 関村順一
  • 渡邊隆徳

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる