妊娠超初期の胸の張りはいつからいつまで?ない場合もあるの?

胸の張りは生理前だけでなく、妊娠超初期の症状として自覚できる人も。 生理前症状との違いやその原因を解説。胸の張りの痛みが強い場合の対処法や妊娠超初期に気をつけたいことを知って、判定ができる日まで穏やかに過ごしましょう。
妊娠超初期
妊娠超初期 胸の張り

胸の張りは妊娠超初期症状!?

胸の張り 症状
比較的自覚しやすい妊娠超初期の症状の1つに胸の張りがあります。
ただ、生理前にも同じような症状があり、症状は自覚できてもどちらか判断しづらいものでもあります。

胸の張りとは?いつ頃から?

胸の張りとは、「乳房がパンパンになる感じ」「乳房の表面が引っ張られている感じ」「胸が硬くなる」「乳首が痛い、かゆい」といった症状のことを言います。
これは排卵後に分泌される女性ホルモンの作用です。

そのため生理前の高温期の症状としても現れますし、着床し妊娠が成立した場合の高温期の症状としても現れます。
非常に似ていることから、妊娠を望んでいる人からすると「この症状はどちらなのだろうか?」と困惑することが多いようです。
胸の張りは、早い場合は排卵直後から胸が張る感じがするという人もいますし、だいたい生理予定日1週間前頃から現れる人もいるようです。

胸の張り、痛みはどんな感じ?

痛みには個人差があります。
胸全体が張っている感じ、胸全体が硬くなった感じ、いつもより大きくなった感じ、胸の脇側が張っている感じ、乳首がチクチクする、ヒリヒリする、乳首とブラジャーが擦れて痛い、胸や乳首がかゆい、乳首が硬くなる、といった症状があげられます。

胸が張らない人もいる

排卵が終わっても、生理予定日が近づいてきても、胸が張らない人もいます。
これは個人差があるため、胸の張りや痛みがないからといって妊娠していない、ということは一概には言えません。

胸の張りの原因は?

胸の張り 原因

女性ホルモンの分泌の変化で起こる

排卵後に増える黄体ホルモン(プロゲステロンという女性ホルモン)によるものです。黄体ホルモンは排卵後から次の生理までの2週間にかけて分泌され、生理前に一気に上昇します。
この時に胸の張りや、胸の痛み、乳首の痛みを感じるようになります。
この黄体ホルモン(プロゲステロン)は血管を拡張する働きがあり、乳腺を活性化させ、血管が広がった分、乳房が内側から押されて張りにつながります。

生理前の胸の張りとの違いは?

妊娠超初期の胸の張りと生理前の胸の張りの違いは、いつもの生理前よりも張りが強い、痛みが強いという点です。
また、乳首にも痛みがある、乳首や乳房にかゆみがある、乳首にぶつぶつができる、など生理前との違いを感じた人も。
日頃から自分の生理前の症状をチェックしておくと、わかりやすいかもしれません。

生理前の胸の張りは、生理予定日前には張りや痛みが治まることがあるというのも特徴のひとつです。
生理が始まる直前にはプロゲステロンがガクンと減るため、それに伴い胸の張りも治まるのです。

妊娠超初期症状による胸の張りかどうかは、「いつもの生理前より症状が強いかどうか」「生理予定日まで症状が継続しているかどうか」を判断基準にできます。
ただし、胸の張りだけでは妊娠かどうか判断するのは難しいでしょう。

妊娠が原因の胸の張りはいつまで続くの?

妊娠が原因の胸の張りや痛みがなくなる時期は人それぞれです。
1ヶ月ほどでなくなった人もいれば、安定期に入った頃には無くなっていたという人もいます。

張りがなくなったからと言って流産しているとは限りません。
一旦無くなっても妊娠中期や後期は母乳をつくるための準備が進むため、胸の張りが再び出ることもあります。

胸の痛みの対処法


どうしても胸の痛みがつらく感じる人もいます。
その場合、どう対処すればいいのでしょうか。

血流を妨げない

胸の痛みは血管が広がっていることで起こります。
そのため、胸の血流を妨げず楽に過ごせるように工夫することがおすすめです。
ブラジャーもいつものワイヤー入りのものよりも、ノンワイヤーにする、スポーツブラも締め付けが少なく楽に過ごせます。

胸の温度に注意

痛みが強い時は胸を冷やすと痛みが落ち着くことがあります。
濡らしたタオルや保冷剤を胸に当てて少し休みましょう。
お風呂も浸からず、シャワーで済ませる方がよいでしょう。

胸への刺激に注意

胸への刺激も注意しましょう。
痛いからといってマッサージをすると血流が良くなり逆効果です。
うつぶせ寝も胸を圧迫しますのでやめておいた方がいいでしょう。

妊娠超初期症状は全体を見よう

他の症状のチェック
胸の張りがいつもと違うと感じた場合は、他にも心当たりの症状がないか考えてみましょう。

胸の張り以外の症状

妊娠超初期症状は胸の張りの他にもいろいろあります。
下腹部がチクチク痛む、卵巣がチクチクする、匂いに敏感になる、眠気を感じる、食欲が増す、食欲が減る、おりものの量や色がいつもと違う、着床出血があった、などいつもと違う症状がないかチェックしてみましょう。

基礎体温をつけているとわかることも

基礎体温をつけているとわかることもあります。
排卵後、体温は高温期に入ります。
高温期が14日以上続くと妊娠している可能性が高いと考えられるでしょう。

妊娠超初期の場合だと、高温期がいつもより安定している、高温期が二段階上がりになると妊娠の可能性が高いという説もありますが、確かではありません。
妊娠超初期は検査薬でも判断できない時期でもあります。
個人差があるため、症状の有無を気にしすぎず、焦らず妊娠判定ができる時期まで待つことも必要です。

いつもの胸の張りと違うと感じた時気をつけること


いつもの胸の張りと違うな、とかんじたらもしかすると妊娠している可能性があります。
その場合、赤ちゃんへの影響を考え、以下のことに気をつけましょう。

飲酒、タバコは絶対NG

妊娠の可能性があるのであれば、お酒とタバコは今すぐやめましょう。
赤ちゃんが胎児性アルコール症候群という障害になる可能性があるためです。

学習障害、行動障害、発達障害などを引き起こす障害です。
少量のアルコールでもその可能性があると言われています。
妊娠の可能性があるのであればお酒は一切飲まない方が賢明です。

タバコにはニコチンとタール、それ以外にも多くの有害物質が含まれているためすぐに禁煙しましょう。
タバコを妊娠中に吸うと、流産、早産、死産の確率が上がります。
また、未熟児や発達障害のリスクも高まり、中に生まれてから肺がんを発症する子もいるようです。

風邪薬に注意

風邪薬を始めとする、日常的に飲む薬にも注意しましょう。
風邪薬や咳止め、鎮痛剤や解熱剤等々が妊娠に影響を与える危険性があると言われています。

妊娠超初期に服用し、影響を受けた場合はそのまま妊娠が成立しないことになるため気をつける必要がありますし、その後の妊娠初期は胎児の期間が形成され成長が著しい時期なので、妊娠初期は最も影響を受けやすいと言われています。
無脳症、二分脊椎、奇形、低体重症などが影響としてあげられます。

飲んだからといって必ずそれらの影響があるとは限りません。
しかし、もし飲んでいたら念のために医師に報告相談してもいいでしょう。

まとめ

妊娠超初期の時期はとても大事な時です。
受精が完了し、受精卵が子宮内に根をはる時期です。
待ちに待った赤ちゃんがお腹の中にいるかどうか、判断できるまでに少し時間がかかりますが、その間は自分の体と向き合う時間でもあります。

普段から基礎体温をつけ、自分の生理周期を症状も合わせて把握しておくと、いつもと違う症状があったときに気付きやすくなります。
いつもと違う症状を感じたら、ストレスや睡眠不足に気をつけ、栄養たっぷりの食事を取り、焦らず穏やかに妊娠判定が出来る時期まで過ごしましょう。

記事を書いた人

syufeel編集部
主婦の『変わりたい』を叶える情報メディア、syufeel編集部です。
妊娠超初期 胸の張り
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 宮崎ますみ
  • 川島智世
  • 大澤康典
  • 島田和美
  • 山本ユキコ
  • 杉浦詔子
  • 井上めぐみ
  • 森口瑞恵
  • 髙橋美穂
  • 福谷信治
  • やぐちくみこ
  • 立川雅之

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる