いつから?生理痛との違いは?【妊娠超初期の腰痛】つらい痛みの対処法

妊娠超初期の症状のひとつである腰痛。 生理前の症状でもよくあるため、妊娠と見分けづらいこの腰痛を妊娠超初期の原因と特徴から詳しく説明しています。 妊娠超初期から後期まで続くこともある腰痛のつらい痛みの対処法についても解説しています。
妊娠超初期
妊娠超初期 腰痛

妊娠超初期 腰痛

妊娠3週目(生理予定日の1週間くらい前)から起こる妊娠超初期の諸症状のうちの一つに腰痛があります。
まだ妊娠が判明していないことも多いこの時期。
腰痛の症状があっても、生理前の症状と見分けづらいことが多く見過してしまいがちです。
妊娠超初期に起こる腰痛の症状や原因、対処法をまとめました。

妊娠超初期の腰痛の原因は

妊娠超初期 腰痛原因
妊娠超初期に起こる腰痛には、以下の三つの原因が考えられます。

「リラキシン」というホルモンの影響で骨盤が緩む

妊娠すると胎盤・卵巣などから分泌される「リラキシン」(女性ホルモンの一つ)が
活発に分泌されるようになります。
特に、妊娠初期と妊娠後期に分泌が盛んになるといわれる「リラキシン」。
このホルモンは骨盤の下部にある恥骨結合や仙骨関節の靭帯を緩めて開きやすくする働きがあります。
これは赤ちゃんのために子宮を大きくし出産に向けたサポートをする働きですが、このことにより骨盤のバランスが崩れ腰痛を引き起こしてしまうのです。

運動不足による血行不良

妊娠成立の自覚がなくても、つわりによる体のだるさや体調の悪さを感じて運動不足になってしまった結果として血行不良により腰痛を引き起こしている場合があります。

心因性の場合も

妊娠による腰痛では「心因性」によるものもあります。
仕事や日常生活で抱えている心理的なストレスのため、痛みをコントロールする機能が正常に働かず、腰痛を症状以上にひどく感じてしまうケースがあります。
日常的なストレスに加えて、妊娠や出産に対する不安などが心理的要因となり腰痛につながる場合もあります。

妊娠超初期の腰痛の症状とは

妊娠超初期 腰痛 症状の種類

生理前の腰痛と違いが分からない場合も

妊娠してなくても生理前には「リラキシン」の分泌は増加し、経血の排出をスムーズにしています。
生理前に腰痛はこの影響とされています。
そのためもともと生理前にはいつも腰痛を感じていたという場合には、PMS症状と妊娠による腰痛の区別がつきにくいのです。
痛みの程度には個人差はありますが、妊娠初期の腰痛が生理痛程度の痛みだったという方も多く、区別を一層難しくする要因になっています。

子宮の後ろ側に痛みを感じる

腰の痛みの場所にも個人差がありますが、生理痛に似た鈍い重さを感じるような痛みを子宮の後ろ側に感じるという方が多いようです。

安静時でも痛い場合や左右で痛みの違いがある場合

元々左右の骨盤が歪んでいる場合は、その歪みによる腰痛ということも考えられます。その場合は通常、自分なりの楽な姿勢がとれば緩和される場合がほとんどです。
安静にして楽な姿勢をとっていても右側のみ痛みが続く場合は、「水腎症」の兆候の可能性もあります。
水腎症とは妊娠中期から後期での発症が多いとされており、妊娠中に大きくなった子宮が尿管を圧迫し尿が適切に排出されなくなる病気です。
心配な症状がある場合はすみやかに専門医に相談しましょう。

体を動かしている時にのみ痛い場合

もともと骨盤の歪みがあって骨盤周りの筋肉に大きな負担がかかっている場合は、体を動かしているときに左右どちらかに大きな負担がかかってしまって腰痛を生じさせる可能性があります。

注意すべき腰痛

強い下腹部痛や出血を伴う場合

我慢できないほどの腰痛また着床出血とは異なる大量の出血を伴う場合は、流産また子宮外妊娠の可能性もあり、すぐに病院にかかりましょう。

腰痛の対処方法

温める

全身の血行をよくするためにゆったりとお風呂に入る、ホットタオルでリラックスする、足湯で筋肉をほぐすなどすると、腰回りの筋肉のみならず全身の緊張がほぐれて腰痛も緩和されるかもしれません。

食生活の改善

妊娠超初期 腰痛 食生活の改善
冷えやむくみによって、腰痛がひどくなってしまうこともあります。
むくみを取る食品を多く摂取する、またむくみの原因となる塩分を控えるよう心がけましょう。
特にカリウムを多く含む食品は、余計な塩分を尿として排出してくれますのでおすすめです。
バナナやトマトジュース、サツマイモなどに多く含まれますので、普段の食事にうまく取り入れるようにしてください。
また、ノンカフェインのタンポポ茶や杜仲茶などのハーブティーを飲むのもむくみ解消に効くとされています。
ハーブティーなどを飲むとリラックス効果も同時に得られますので一石二鳥といえるでしょう。

骨盤ベルトをつける

「骨盤ベルト」をつけると緩みがちな骨盤を支えてくれるので、腰回りの筋肉が楽になるという効果があります。
妊娠初期から使用可能なものもありますのでおすすめです。

ストレッチや軽めの運動

ヨガポーズをとったり、ウォーキングをしたりすることで血行が改善し、腰痛が和らぐことがあります。
気分転換にもなるので、無理のない範囲で日常生活に運動を取り入れてみるのもおすすめ。

姿勢に注意する

普段から骨盤のゆがみにつながるような座り方などをしている方は要注意です。
普段の座り方や寝る姿勢にも気を付けてみましょう。
特に寝るときには「シムス体位」がいいとされています。
「シムス体位」とは、左側を下にして横向きの姿勢になり、下にある左足はまっすぐ伸ばし、右足は膝を曲げた状態にする姿勢です。
クッションや枕、抱き枕を抱きかかえると楽な姿勢がとれます。

日常の動作に気を付ける

物を持ち上げるとき、かがむ時、立ち上がる時などに腰に負担のかからないような動作を心がけましょう。
直立のまま腰だけを折り曲げる姿勢だと、腰に負担がかかってしまいます。

リラックスする

妊娠によるホルモンバランスの崩れによって精神的変化を感じる方も多いようです。
こうした変化をうまく乗り越えるためには、仕事や日常生活でのストレスの影響をなるべく避けたいものです。
好きな音楽を聴く、ゆっくり休むなど自分なりのリラックス法を見つけて、ゆったりとした気分で過ごすよう心がけてください。

プロの施術を受ける

腰痛の症状をご自身で解消することが難しい場合は、マタニティマッサージやマタニティ指圧などの施術を受けるのも一考です。
妊娠初期への対応が可能かどうかを事前に確認すること、また産婦人科に可否を相談してから施術を受けたほうが安心です。

避けたほうがいいもの

腰痛 薬
少しでも妊娠の可能性があるなら、安易に湿布薬や塗り薬や鎮痛剤を使用するのは避けましょう。
妊娠を自覚していない時期に腰痛を感じると、それまで使ってきた湿布薬、塗り薬や鎮痛剤を使用してしまいがちです。
口に服用はしない湿布薬や塗り薬などであっても、皮膚を通して体内に吸収します。
特に、ボルタレン、インドメタシン、ケトプロフェンなどの成分は胎児に影響が出やすいという報告もあります。

同様に鎮痛薬も胎児に影響が出る危険性を否定できません。
安易な服用は避けてください。
もし誤って服用してしまった場合は、すみやかに専門医に相談してください。

また、全ての湿布薬や塗り薬、鎮痛薬が胎児に有害というわけではありませんので、含まれている成分に留意しながら専門医へ相談することをおすすめします。

まとめ

妊娠後期などお腹が重くなってくると腰痛や背中の痛みなどを伴うこともあり、腰痛が長期間続くこともあります。
腰痛をはじめとする体の痛みは妊娠中、また妊娠後も続くということを認識しながら自分なりのリラックス法や腰痛を緩和する方法を見つけてうまくつきあっていきたいものです。

おすすめの葉酸サプリ&妊娠希望女性必見の比較ポイントはコレ!

記事を書いた人

syufeel編集部
主婦の『変わりたい』を叶える情報メディア、syufeel編集部です。
妊娠超初期 腰痛
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 福一由紀
  • 篠塚和正
  • 蔵本武志
  • 國井兵太郎
  • 古谷三十鈴
  • 森口瑞恵
  • 関村順一
  • 小川大介
  • 山本里佳
  • 勝山昭人
  • 杉浦詔子
  • 荒川泰器

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる