【暑中見舞いの書き方】上司に送るタイミングや文例をプロが伝授

暑い季節に相手を気遣い近況を報告しあう夏の挨拶状、暑中見舞い。送る相手別に失礼のない書き方や文例、残暑見舞いとの違いも紹介しています。
冠婚葬祭・暮らしのマナー

暑中見舞いとは

商人の文化が根付く江戸の頃になると、気持ちの品を添えてごあいさつに伺う習慣ができました。

  • 奉公人が雇い主に
  • 弟子が師に
  • 親子・親戚同士
  • お世話になった人が先方に

暑中見舞いはお盆のあいさつということになりますね。

目的は相手の安否を尋ね、自らの安否を知らせる。
そして、暑い時期をお互いに元気で過ごしましょうと言う気持ちを込めて行われたのでしょう。

明治4年に郵便制度が始まると、直接訪問する形から郵便はがきを使ってごあいさつをする形へと移行しました。

暑中見舞いをお出しするタイミング

  1. 暦の上での梅雨明けのころ『小暑』から書きはじめる
    小暑(しょうしょ)(今年は7月7日~22日)から大暑(たいしょ)(今年は7月23日~8月6日)までの間を「暑中」というからなのです。
  2. 雑節(ざっせつ)の土用(今年は7月20日)からの18日間の間に出す 
    いずれも立秋(今年は8月8日)の前までというリミットは同じです。

karenda
まだジトジトと雨が降る中で「暑中お見舞い申しあげます」と言われても何だかピンと来ませんね。
実際の梅雨明け辺りから書く方がよいと私はお奨めしています。

受け取る相手の身になる「恕」(じょ)の精神で考えればこれが妥当かと思います。

立秋(今年は8月8日)を過ぎたら「残暑見舞い状」になり処暑(今年は8月23日~9月7日)に出すことができます。

9月もいつまでも残暑は厳しいですが、季節はほんの少し先取りが粋ですね。
暑い暑いと言いながら空を見上げれば、いつしか鱗雲(秋の雲)も現れて、
入道雲(夏の雲)とが入り交じりあうようになる自然の演出「行合いの空」が見られるようになります。

夜中には虫のなく聲(こえ)が都会でも聞こえます。
「小さい秋」を感じる頃には残暑見舞いはそろそろ終わりましょう。

暑中見舞いの書き方は?

kakikata
文面を誰が読んでも構わないことが前提となりますので、はがきは封書に比べカジュアルなものになり特に厳しい決まりはありません。
暑中見舞い状などは目上の方にお出しするのが本来のやり取りでしたから、そこを踏まえるとよいと思います。

恩師・お世話になった方・上司・取引先の方などにお出しする時は以下のように、手紙文に則り書きましょう。

  • 挨拶文
    「暑中お見舞い申しあげます」
    「残暑お見舞い申しあげます」
  • 時候のあいさつ
    「厳しい暑さが続いております」
  • 相手の安否を尋ねる
    「お変わりなくお過ごしのことと存じます」
  • 書き手の近況報告
    「おかげさまで、私は元気に〇〇しております」
  • 結びの挨拶
    「まだしばらく暑い日が続きますが、どうぞご自愛下さいませ」
  • 日付 平成○○年 夏

お知らせをする場合

結婚・引っ越し・出産などの報告がある場合には、結婚式の写真や赤ちゃんの写真を添えてあわせてお知らせすることも良いでしょう。

家族の写真は目上の方にはあまりお奨め致しかねますが、結婚式や赤ちゃんの写真はほのぼのとしてよろしいかもしれません。
引っ越しのお知らせを兼ねた暑中見舞い、残暑見舞い状も可能です。

しかし自分の報告ばかりにならないよう、暑さの折の相手へのいたわりの気持ちを忘れぬように気をつけましょう。

友人同士のやりとりでしたらイラストを書き添えたり写真をそえたり、パソコンでデザインしたものを印刷するのも楽しいですね。
市販のはがきにも木でできたものや、団扇の形をしたものなどユニークな絵手紙も良いと思います。
旅先から絵はがきが届くのも、懸賞付きの郵便はがきを使うのも楽しみがあってよいかもしれませんね。

いずれにしても暑さ厳しき時節に相手の安否を労い、お互いに元気に過ごせるように気遣い合う気持ちが大事です。

お中元の送り状やお礼状として

ochugen
元々の意味合いから考えましても、お中元・暑中お見舞いの品を送る際の送り状としてや、そのお礼状としても暑中見舞い状や残暑見舞い状は使えます。

送り状も兼ねる場合以下のような言葉を添えます。

  • 「お口にあいますでしょうか」
  • 「気持ちばかりの品ではございますが」
  • 「どうぞご笑納くださいませ」

お礼状には「家族でおいしく頂きました」など頂いたお礼の気持ちと感想のひと言を添えるとよいですね。

こんなときは?

相手が喪中の場合

喪中に暑中見舞いは出しても良いのですか?という質問を受けることがあります。
年賀状と違いお祝いを述べる物ではありませんので、お中元の品も暑中見舞い状・残暑見舞い状もお出しして構いません。
この頃は新盆を迎える時期でもありますので、故人を偲ぶ言葉を添えるように致しましょう。

出していない人から暑中見舞いを頂いた場合

すぐにこちらからも暑中見舞い状、時期によっては残者見舞い状をお出しします。
先に頂いたお礼の言葉も添えましょう。
目上の方から先に頂いてしまったというような場合は「こちらから先にごあいさつ申し上げるところ、失礼致しました」など添えると良いでしょう。

もらったままにしていてお返事がおそくなった場合

お返事が遅くなったお詫びの言葉を添えてお返事しましょう。
旅行などの予定があれば、旅先からの便りを差し上げるのもよいでしょう。

メールでの暑中見舞いを送る場合

時代も変われば習慣も変わるもの。
メールで暑中見舞い・残暑見舞いを送る方も増えています。
目上の方にははがきで送ることをお奨めします。

久しぶりにメールをお送りする用件のある時に、暑中や残暑であればあらたまった見舞い状でなくても「暑中お見舞い申しあげます。お久しぶりでございます。暑い日が続きますがいかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。」などひと言添えて「さて◯◯の件ですが」などと用件のメールを送ることもあります。
いずれにしても大事なのは、暑さの折に相手の安否を気遣うことです。

夫の代わりに書く場合

夫の代わりに書くと言うケースを考えますと、親戚にあててということになります。
この場合は夫同様に妻も周知の仲ですので、連名で書きます。
連名の場合、夫は氏名を、妻は名前のみを左脇に添わせるように書きます。

夫の恩師・上司・親しい方には妻が代筆するよりも夫本人が書いた方がよいですが、やむを得ず妻がお返事を書く場合が考えられます。
恩師・上司・親しい方に書く場合には、夫の氏名の左脇下にやや小さい文字で内と書きます。
この場合はあらたまった書き方ですので、縦書きに書くことが要求されます。

見舞い状をお出する時期と季節の表し方「五節句」・「二十四節気」・「雑節」について

「暑中見舞い状はいつ出したら良いですか?」との問い合わせをよくいただきます。

「いつ?」にはいくつかの考え方があります。
また南北に長細い日本列島の季節感にも影響がありますので、今回は季節の表し方、暦についても触れてみようと思います。

五節句とは

7月7日は『七夕』で『五節句』のひとつです。
『五節句』には旧暦と太陽暦のギャップがあるため、実際の季節との差が大きく感じられることがあります。

旧暦と現在の暦がほぼ1ヶ月近く違いますので、このような準備に困ることもあります。

  • 室礼(しつらい)の授業をするのに、桃の節句に桃がまだ出回っていない
  • 端午の節句に菖蒲がまだ咲かない
  • 七夕は梅雨で天の川が見えない
  • 重陽(ちょうよう)の節供に菊の花がまだ咲かない

二十四節気とは

『五節句(ごせっく)』の季節の表し方に比べ、日常生活のカレンダーに少し近い季節分けが『二十四節気(にじゅうしせっき)』です。

『二十四節気』は一年を春夏秋冬の4つの季節に分けて、そのそれぞれをさらに6つに分けたものです。
昨年も今年も『七夕』と『小暑』が重なり、7月7日はこの二十四節気の『小暑』でもありました。

『立春』を二十四節気のの第1番目として『小暑』は11番目にあたります。

雑節とは

『二十四節気』以外に季節の変化の目安に『雑節』というのもあります。

『小暑』の数日前(今年は2日でした)を『半夏生(はんげしょう)』とよんでいます。
『半化粧』とも書くことがありますが、ちょうど半分お化粧したような白い葉のある植物「烏柄杓(カラスビシャク)」が生える頃です。
karasubishaku
この葉が茂る頃は、そろそろ梅雨があけるころといわれています。
はんなりとして清楚で涼しげなこの葉は、この時期お茶席でよく使われます。
半夏生がお茶席に生けられると「早く梅雨があけないかしら?」等という会話がかわされます。

半夏生から5日目の7日『小暑』にもなると、いよいよ「梅雨明け」が待たれます。
関東地方では実際には、梅雨明けはもう少し先になることが多いですね。

全国ネットで送られる暑中見舞い状ですから、送り先の梅雨明けや天候にも気遣って出されるとよいですね。

記事を書いた人

橘凛保
単なる型を覚えるだけのマナーではなく、マナーの真髄を学べる教育が評判。メディア出演の他、企業や学校等での研修実績も豊富
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

専門家の目線で主婦の悩みを解決してくれるプロフェッショナルを紹介します。
  • 渡邊隆徳
  • 井上めぐみ
  • 杉浦詔子
  • 川島智世
  • 黒田俊吉
  • 庭田真理子
  • 猪越英明
  • 渡辺紀夫
  • 島谷美奈子
  • 篠塚和正
  • 山本里佳
  • 橘凛保

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる