【状況別お見舞いマナー】家族への事前確認やお見舞い金額の心得

病気やそれ以外の様々なお見舞いのシーンでお品やタイミングなどお見舞いのマナーについて紹介します!
冠婚葬祭・暮らしのマナー
ハート

「お見舞い」というと、すぐ「病気見舞い」を連想しますが、実は、色々なお見舞いがあります。
どんなお見舞いがあるのかまとめて、それぞれの状況に合わせた心得を考えてみましょう。

すぐに駆けつけるのが良い場合もあれば、経過を待ってから伺うのが良い場合もあります。
見舞い状を送るにとどめた方が良い場合なども含め、相手の状況をよく把握して、判断することが、本当に相手を想いやる「恕」を心得た見舞い方です。

病室

病気見舞い

病状や、その方との親しさの度合いなどによっても、どのタイミングで見舞うか考える必要があります。
重症の場合や手術直後などは、直接の見舞いは避け、家族への電話や見舞い状に留めた方が良い場合もあります。
まず、病名、病状などをご家族に確認することが必要です。

お見舞いに行くときの服装

服装は、爽やかで落ち着いた明るい色のものが良いでしょう。
明るいとっても、派手な服装は病人を疲れさせますので気をつけましょう。
逆に、地味すぎる服装は気持ちを暗くするので避けましょう。
化粧も控えめにし、香水はやめましょう。

お見舞いの品で気をつけること

昨今、病院の多くが院内感染につながることから生花持込を禁止する傾向にあるようです。
花は病室を華やかにし、心を癒やしますが、病室に花瓶があるかなども含め、花を持ち込めるか確認しましょう。
持ち込めるとしても、鉢植えの花は「ねづく(根付く→寝付く)」とされますのでふさわしくありませんね。
香りの強い花も避けましょう。

食べ物は、病状や病院の指示に従わなくてはなりませんので避けた方が良いでしょう。
お花も食べ物も贈るのが禁制されている場合は現金をお包みすることも慮る必要があります。

現金をお包みする場合

「御見舞い」と書いてある市販の金封を用います。
水引をつける場合は「結びきり」を用います。
何度も起きないように一度きりの意味で「結びきり」を使います。

目上の方には、現金をお包みするのはあまり好ましくないので、商品券などが良いでしょう。
金額はお付き合いの度合いやグループでも見舞うケースなど一概には言えませんが5000円を目安に考えましょう。

病院での見舞い中に気をつけること

突然見舞うことは避けましょう。
見舞う時間を確認しましょう。

見舞われる方が疲れないように、せいぜい10分~15分の滞在にしましょう。
滞在中は周りの患者さんを気遣うことが大切です。
同室の皆様へのあいさつも忘れないように致しましょう。
大勢で見舞ったり、大声で話したりするのは避けたいですね。

見舞い中の話題で気をつけること

入院中は、気も弱り、喪失感に苛まれることもありますので、血気盛んな話題は避け、穏やかな話題をこころがけましょう。

火事見舞い

とにかく早く駆けつけることです。
手伝いが必要な場合がありますので軽装で出掛けます。
お見舞い品というよりも、今すぐ必要な物を確認して持参しましょう。
現金を送る場合は、白い封筒に「御見舞い」と書いて下にフルネームで名前を入れてお持ちします。

家災害

自然災害の見舞い

自然災害は、突発的なことが多く、予期せぬことが起こり受けたショックは大きいと思われます。
交通機関も麻痺したり、道も封鎖されていることもあります。
また、一般車両が救助の妨げになることもありますので、現地の様子を把握した上で、必要に応じて手伝いに参上したいものです。

  • 水、食べ物
  • 衣類、靴、タオル、当座の日用品
  • 衛生品、薬
  • 季節によっては防寒具

このようなものが災害直後に役立ちます。

状況が落ち着いたら、お見舞いは現金が一番助かるかもしれませんね。
白い封筒に「災害御見舞い」と書いて下に名前をフルネームで書きましょう。
災害見舞いの場合は、年上の方にも、現金で贈って構いません。

陣中見舞い

気力も体力も限界を越えるほどがんばっている状況の皆様に対して、激励に参じるのが陣中見舞いです。

選挙の場合

菓子・軽食などの飲食物、又は鉢植えの花を贈ります。
「陣中御見舞い」「祈必勝」の熨斗をつけます。

飲食物を贈る場合は、紙皿や紙コップ、ナプキン、割り箸なども添えるとよいでしょう。
花を贈る場合は、世話をする人の負担も考えて贈りましょう。
現金や金権を贈るのは避けた方が無難です。(ビールなど贈ることもありますが、酒類も避けた方が無難でしょう)

合宿などの場合

皆で食べられる軽食、清涼飲料水スポーツドリンクなどが良いでしょう。

楽屋見舞い

知人・友人が舞台に立つ場合に楽屋に届けるものです。
一般的に花やお菓子を送ることが多いです。
喜ばしいお見舞いですので紅白蝶結びの金封に「楽屋御見舞い」と書きます。

「お見舞い」と言っても、このように、見舞うタイミングや心得が違いますね。
「相手の身になる」を考えて、処し方を見出せると良いですね。

記事を書いた人

橘凛保
単なる型を覚えるだけのマナーではなく、マナーの真髄を学べる教育が評判。メディア出演の他、企業や学校等での研修実績も豊富
ハート
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 源伸介
  • 本橋 秀一
  • 西條 喜博
  • 阪口珠未
  • 小山智子
  • 倉田 沙也加
  • 山本ユキコ
  • 萬代誓
  • 竹部 美樹子
  • 黒田俊吉
  • 星泰衣
  • 飯沼 暢子

シャイニスタ一覧

チャレンジしている主婦&ママ「シャイニスタ」を紹介します。
  • 浦田 遥
  • ありさ22
  • 谷澤 明子
  • 谷崎 仁子
  • 白鳥 知恵
  • 今藤 美穂
  • 堀池 りさ
  • 高垣 潤子
  • こんどう ゆうこ
  • 財田 ゆう子
  • 都 あきこ
  • 加藤 みき

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる