【不眠症解消!】アロマセラピストが上手に眠れる対策方法を紹介

女性は月経周期・妊娠時・更年期時など女性ホルモンの乱れによって誰もが不眠症になる可能性を持っています。不眠症の原因と質の良い眠りを手に入れるためのアドバイスを紹介しています。
健康
岸智絵
岸智絵 (きし ともえ)
アロマセラピスト

こんにちは。
今回は「不眠」についてのお話です。
一度は悩んだことがある方が多いのではないでしょうか?
女性の一生って、生理が始まり妊娠、出産、更年期など、ほとんどの時代ををホルモンに支配され影響を受けています。

また身内や友人関係、仕事関係など人間関係に悩みストレスを感じることも本当に多いですよね。
上手に自分のココロと身体をコントロールできる方って、なかなか少ないと思います。

「最近寝つきが悪いなあ~」「寝ても目が覚めてしまうな~」という方も、是非対処法を覚えてすっきりと気持ちのいい睡眠をとれるよう、一緒にやっていきましょう。

4つの不眠について

「不眠」と呼ばれるものには、4つの種類があります。

  • 入眠障害・・・寝つきが悪くなかなか寝付けない。
  • 中途錯覚・・・夜中に目覚めてしまう。
  • 早期覚醒・・・朝早く目覚めてしまう。
  • 熟睡障害・・・眠りが浅く熟睡できない。

一つではなくて二つ以上重なるという症状もあります。
また特徴として、入眠障害は神経が細やかな方に見られるタイプで、早期覚醒は気分がふさぎがちや、うつ傾向の方に見られるタイプです。

  1. ストレスや悩み事など心理的な事
  2. ホルモンバラスの崩れ
  3. 身体的な事

大きくわけるとこの3点が原因で、更に二つに分けると1・2番が心、3番が身体のことが原因と考えられます。

不眠を解消するには

その1「眠れないかも」という自己暗示を辞めること。

これは、「風邪を引きやすいかも」「●●になったらどうしよう」というまだ起きていない事を心配する傾向にある方に多いです。

「昨日と一昨日は上手く眠れなかったけれど、今日は眠れそう~」と、気持の面からポジティブにいきましょう。

その2 イライラを鎮めリラックス作用のある食材を食べよう!

レタス
食べ物からのアプローチもちょっと入れてみましょう。

レタスのくきのところを切ると、白い液が出ると思いますがこれがサポニン様物質といって、ラクツカリウムが含まれておりその成分が『鎮静催眠作用』があるといわれています。

またレタスにはカルシウムもやビタミンCも含まれているので、ストレスやイライラにも効果的です。

レタスはサラダで食べる印象が強いですが、意外とスープにいれてもいいですし、また油で炒めると、吸収力がアップするので火に通して食べるのもいいですね。

また、玉ねぎやにんにくに含まれる「硫化アリル」という成分が、疲労回復効果が高いです。
身体の疲れがとれると、脳や心も休まるので積極的に取りたいですね。
ただ胃腸が弱い方は、ほどほどにしてください。

いっぱい食べ過ぎると、お腹をこわす原因にもなったりします。

カモミールティー眠れない時に、牛乳+カモミールのハーブという手もあります。
これは「ピーターラビット」のお話にも出てくるんです。

牛乳には睡眠を誘う成分も入っていて、またハーブの中でも「カモミール」は脳をリラックスさせるという作用もあります。
その二つの組み合わせは、心からホッとします。

【作り方】

    1. お鍋に牛乳180ccとカモミールのハーブを大さじ一杯
      ティパックの場合は1Pをそのまま鍋にいれて弱火で煮詰めます
    2. 煮たつ少し前に火を止めて、カモミールを濾してください
    3. カップに注いだら出来上がり

ティパックの場合はは最後までキュッと絞ってくださいね

ちょっと夜が楽しくなりますよ。

その3 日中に軽い運動、または寝る前のストレッチをしてみよう

ストレッチ
身体が凝り固まって、血行不良で上手く休めない場合もあります。

急に激しい運動はNGですが、毎日20~30分のウォーキング、もしくは寝る前に5分でもいいので、今日使ったな~と思う筋肉をストレッチしてみましょう。
首をまわす、肩の上げ下げなど簡単なものでもOK。

寝る=脳のリラックス時間です。
1日色んな事を考えて、脳は疲れているのでここをリラックスしてあげえると良く眠れます。

まずは首をゆっくり良く回し、右左、前後ろ。
パキッとかコキっとか鳴っていませんか?
1日頑張った証拠です。

首をゆっくり回すことによって脳へ新鮮な酸素と血液がまわります。

これで熟睡しやすくなります。
今日の自分を振り返る意味でも、身体に意識を向けてみましょう。

その4 好きなアロマ(香り)でリラックスしてみよう

アロマ
香りは鼻で嗅ぎますが、そこから大脳辺縁系という脳へ指令が渡って「この香り好き~癒されるわ」「この香りは苦手」などと指令をだします。

女性の場合、ホルモンバランスの状態により、日々好きな香りが微妙に変わります。
基本的に好きな香りが決まっていても、急に好きじゃなくなったり、あるいは今まで苦手な香りだったのに、ある日突然好きな香りになったり。

そんな経験はありませんか?
それはあなたの身体が少しずつ変わってきましたよーというサインです。

これは悪い事でもなく、自分のココロと身体が変わってきていますということなので、安心して受け入れてくださいね。
それに素直に従ってあげれば大丈夫。

基本的に、アロマで不眠に良い香りは万能なラベンダー柑橘系だとベルガモット(というミカンの仲間)がいいといわれています。

ただ、やっぱり好きな香りリラックスする香りは自分で決めるものなので、あなたの好きな香りを選んでお部屋に香らせてあげてくださいね。

マスクをして寝るのが苦しくない方は、マスクに垂らして(直接アロマが肌につかないように、コットンに1滴垂らして)眠りにつくのがオススメです。
マスクが苦手な方は、枕元などにコットンを置いて近くで香らせてくださいね。

まずは一つでもいいので、実践できそうなことから始めてみてください。
良質な睡眠は、美肌と健康な身体強い心にも抜群の効果があるので、大切にしたいものです。

記事を書いた人

岸智絵
アロマセラピスト
岸智絵 (きし ともえ)
日常生活にアロマを取り入れ、女性の悩みを解決へと導くアイデアを発信!セラピストとしてのみならず、講師としても活躍中。
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 髙橋美穂
  • 藤崎徹
  • 西村史子
  • 高垣 昭和
  • 泉 千恵
  • 宮崎ますみ
  • 清水 なほみ
  • 勝山昭人
  • 林 晶子
  • 福谷陽子
  • 小日向 るり子
  • 三宅 伸

シャイニスタ一覧

チャレンジしている主婦&ママ「シャイニスタ」を紹介します。
  • 谷澤 明子
  • 合田 三奈子<なっち>
  • 小宮 悦子
  • 岡 久美
  • 﨑元 宏美
  • 武貞 梢
  • 財田 ゆう子
  • 後藤 真弓
  • 戸田 美保子
  • 加藤 みき
  • 井上 やすこ
  • 藤井 圭子

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる