あなたの貧血症状の原因は?対策と改善方法を漢方のプロが紹介中

貧血の詳しい症状って?女性がなりやすいかくれ貧血とは?毎日の生活でできる予防と対処方法について紹介しています。
健康
山本里佳
山本里佳 (やまもと りか)
薬剤師・漢方アドバイザー

貧血とは、血液の中の赤血球に含まれるヘモグロビンが少なくなった状態をいいます。
血液の量が少なくなっているわけでは、ありません。

ヘモグロビンはカラダ中に酸素を運ぶ働きをしているので、貧血になるとカラダが酸欠の状態になり、胸がドキドキする、立ちくらみやめまい、だるさ、疲れなどの症状があらわれます。
この時、心臓はいつも以上に血液を送ろうと頑張りすぎて、負担がかかってしまいます。

貧血は身近な病気としてとらえられがちですが、そのままの状態を放置していると心臓の働きにも悪影響を及ぼしてしまう、大変怖い病気なのです。

漢方では、血液は女性にとって、カラダの栄養となるとても大切なものと考えています。
質の良い栄養に満ちた血液が、カラダ中をサラサラと流れていると、貧血の予防はもちろん、美肌などの美容効果や、ココロの安定、質の良い眠りなどにもつながります。

貧血度チェックをしてみよう。

貧血は病院の血液検査でしか分からないと思われていますが、毎日の生活の中でも簡単にチェックすることができます。

□ 抜け毛や枝毛が気になる
□ お肌がカサカサする
□ 爪が割れやすい
□ 目がかすみ、ショボショボする
□ 顔色が白い
□ めまい、立ちくらみがする
□ カラダがだるく、疲れやすい
□ 生理不順
□ ご飯を抜くダイエットをしている

チェックが多くつく方は、立派な貧血予備軍です。

そのような状態を、最近では「かくれ貧血」と言っています。
貧血の一歩手前である「かくれ貧血」は、普段の食事や生活などの積み重ねが原因となっておこります。
女性がなりやすい代表的な原因2つをご紹介します。

目の疲れからくる貧血

目の疲れ
最近、「かくれ貧血」の原因として考えられることに、目を使いすぎるという事があげられます。
パソコンやスマートフォンの普及で、長時間細かい文字を見る機会もふえています。
実はその習慣も、しらない内に「かくれ貧血」を引き起こす原因になっている場合があります。

漢方の考えでは、血液を貯めて血液に栄養を与える内臓は「肝臓」。
「肝臓」は目とつながっているので、長時間目を使いすぎるとカラダの栄養である血液も消耗されて、目がショボショボしたり、疲れたりといった状態になります。

できれば目を使う作業は時間を決めて行い、特に寝る前は目を使いすぎないようにしてください。
睡眠不足も「かくれ貧血」の原因になりますので、その日のうちに眠る習慣をつけるだけでも、大切な血液は守られるのです。

月経による貧血

リラックスする女性そして月経中は、いつも以上にカラダを大切にしてあげてくださいね。
ただでさえ血液が消耗されて疲れやすくなっているのに、この時に無理をしてしまうと、カラダは辛くなる一方です。

月経の期間中は、気分が沈んでしまう方も多いと思いますが、女性は月経があることで、自分の血液の状態を目で確認することができます。
月経血の色や状態、においなどから、カラダからのサインに気づくことができますので、ぜひ毎月の月経のチェックも大切にしてくださいね。

食事で出来る改善方法

食事カラダは、ふだん食べている物で作られるので、食事の内容や栄養に偏りがあると「かくれ貧血」になりやすいカラダになります。
とくに、貧血の中でも、約9割の方が「鉄欠乏性貧血」と言われています。

その原因としては、毎月の月経で鉄分が消耗されてしまうことや、妊娠・出産・授乳などのカラダの変化で、鉄分の需要と供給が追い付かなくなってしまうこと。
そして無理のあるダイエットなどで、食事からの鉄分が不足してしまうことなどがあげられます。

そのため、まずは食事を改善して足りない鉄分を補う必要があります。

ヘム鉄を含む食材お肉 お魚 貝類など
非ヘム鉄を含む食材ほうれん草 ひじき 大豆

お肉やお魚、貝類などの吸収のよい「ヘム鉄」や、ホウレンソウやひじき、大豆などの「非ヘム鉄」をバランスよく摂りながら、
ビタミンCやビタミンB6、B12なども上手に組み合わせて摂ることが大切です。

また、きちんとバランスのとれた食事をしているはずなのに、貧血気味という方は、
胃腸の消化・吸収の働きがうまくいっていない可能性があります。
貧血の改善とともに、胃腸のケアも大切です。

このような対策と、毎日のカラダの変化のチェックが、「かくれ貧血」の防止にもつながります。
カラダが辛くなる前に、しっかりと対策を行いましょう。
そして忙しい毎日の中でも、ご自分のカラダにぜひ目を向けて、頑張っているカラダをいたわってあげてください!

月経痛にお悩みなら

アロマセラピストが生理前~生理後に分けて生理痛対策をご紹介

つらい生理痛の和らげ方※痛みの原因と対策方法を専門家が紹介!

記事を書いた人

山本里佳
薬剤師・漢方アドバイザー
山本里佳 (やまもと りか)
漢方の考えを基に、子宝相談や女性特有のココロとカラダの悩みに回答。沖縄で漢方薬局をオープンし、多数の女性の支持を獲得中。
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 奥 光帆
  • 谷口 教子
  • 福谷陽子
  • 岸智絵
  • 黒田俊吉
  • 林 晶子
  • 片山 香南
  • 福谷信治
  • 小川大介
  • ENERGYeye/エナジーアイ
  • 古谷三十鈴
  • Acky→

シャイニスタ一覧

チャレンジしている主婦&ママ「シャイニスタ」を紹介します。
  • 合田 三奈子<なっち>
  • 藤原 智加
  • 首藤 美幸
  • 藤井 圭子
  • 大形 恵美
  • 北野 麻紀子
  • 荒川 雅子
  • 嶋田 真里
  • ありさ22
  • 西原 亜希子
  • 白鳥 知恵
  • 武貞 梢

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる