【朝ごはんの時短レシピ】朝食作りを楽にする最強ストックソース

前の晩に全部は出来ないし、出かけるまでにやる事も多い…忙しい主婦のために朝起きてから早く作れて、後片付けも簡単な朝食レシピを紹介します。
料理・レシピ

洗い物を少なく料理をする

朝から色々な食材を切ったり、焼いたり、煮たり…
面倒で洗い物も多く出てしまいます。
ある程度の下準備を前もってしておくと、当日の洗い物も少なく済ませれます。
前日の夕食を作るときに、翌日の朝食の食材などをカットしておくなどの下準備や、炒め物のソースをストックしておくことなど、アイディア次第で洗い物も少なく料理を作る事ができます。
結果それが朝の時間短縮につながることでしょう。

ここではどんな食材にもあわせられる、ストックに便利なトマトソースを紹介させて頂きます。

トマトソース

《材料》
トマト缶 3缶
玉ねぎ 1個
バジル 20g
ニンニク 6片 (35g程度)
オリーブオイル 20g
塩 5g
赤みそ 20g
ローリエ 1枚

《作り方》

1. 材料の下準備をします。
玉ねぎは皮を剥いてヘタと根の部分を落とし、繊維と垂直に薄切りにします。
ニンニクは皮を剥いて、潰しておきます
ph01
2. オリーブオイルを鍋に入れニンニクを入れて弱火で加熱し、ニンニクの香りを出します。
ph02
3. ニンニクに軽く色づきはじめ十分に香りが出たら、薄切りにした玉ねぎ・ローリエを加えて全体にオイルがまわるまでまで炒めます。
 全体にオイルがまわったら、塩を加えて弱火のまま玉ねぎの水分を出し甘みを引き立てます。
ph03
4. 玉ねぎを十分炒めたら、トマト缶を入れます。
 トマト缶は、ゴロっとしたトマトの食感を残したい場合は「ホール」
 残さない場合は「カット」を使います。
 (ここでは「カット」を使用しています)
ph04
5. トマト缶を投入してからの加熱はトマト缶の種類にもよりますが加熱をすることにより酸味が和らぎます。
 用途を考え、若干酸味を残すことをおすすめします。
 今回は30分程、弱火で加熱しました。
ph05
6. ある程度酸味がとんだら、赤味噌とバジルを加えます。
 バジルは手で小さくちぎって加えます。
 材料投入後は5分程、軽く加熱するだけでOKです。


7. あら熱を取り容器などに移して完成です。
ph08

使用方法

今回作ったトマトソースは煮込み料理にはもちろん、炒め物にも使えます。
また、リゾットやパスタ、シンプルに焼き魚のソースとしても重宝することでしょう。
本来、トマトソースに赤味噌を入れることはありませんが、赤味噌の旨味成分とコクは、煮物や炒め物…どんな調理方法でも活躍するので、今回は隠し味として使用しました。

保存方法

今回は冷蔵保存と冷凍保存で保存します。
冷蔵保存は、タッパや空き瓶などで大丈夫です。
冷凍保存に関しては、全てそのままタッパや瓶などで保存してしまうと使用時に不便ですので、今回かこんなものを用意してみました。


100円ショップなどでも売っている製氷機です。
大きめの氷を作れるものであれば、一人前にちょうどいいのでオススメです。
この製氷器を使うと、ひき肉などの保存も楽に小分けできるので便利です。

記事を書いた人

荒川泰器
イタリアのミシュラン星付き店でのシェフ経験をもつ調理師。初心者でも簡単にできるレシピや、多種多様な調理アイデアに注目!
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 太田智子
  • 橋本沙織
  • 小林潤子
  • 岡井 有子
  • 藤崎徹
  • 中村 大輔
  • 奥 光帆
  • 森口瑞恵
  • 小松美和
  • 小日向 るり子
  • 山崎 麻峰
  • 荒川泰器

シャイニスタ一覧

チャレンジしている主婦&ママ「シャイニスタ」を紹介します。
  • 大坪 さやか
  • 岩城 美穂
  • 高垣 潤子
  • 都 あきこ
  • 木戸 彩
  • 嶋田 真里
  • 三村 由紀子
  • 趙恵美
  • 高柳 なえか
  • 武貞 梢
  • 三木 恭子
  • 戸田 美保子

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる