女性におすすめの脇汗対策!汗の臭いとシミを抑えるグッズを紹介

女性にとって気になる脇汗対策の方法を紹介。 脇汗の原因から導き出す対処法から、汗ジミと臭いを防ぐための服選びやおすすめグッズまでがココを見ればまるわかり! さらに、遺伝が原因となるケースの脇汗対策法も案内します。
美容
脇汗 対策

女性必見の脇汗対策法をチェックしよう

気温が上昇し薄着になることが多い季節になると、気になるのが汗ジミや臭いなどの悩み。
その中でも多くの女性が見られてしまうと恥ずかしいと感じ、特に気にしているのが「脇汗」です。
暑い季節だけに限らず、冬でも脇汗が心配で上着を脱げないという人もいるほど。

スポンサーリンク

気になる脇汗の対策には、体質を改善することや、制汗デオドラント剤や脇汗パッドなどの対策グッズを使うことなど、さまざまな方法があります。
洋服の素材、色、柄、形などは汗ジミの目立ちにくいものを選ぶといった工夫も必要です。
脇汗を防いで汗ジミを作らないようにするさまざまな方法の中から、自分に合った脇汗対策を見つけましょう。

脇汗の原因とは

脇汗の原因
人間の全身に、エクリン腺という汗を出すための汗腺があります。
「汗を出す」という体の機能は、熱くなりすぎた体温を下げるという重要な役割を持っています。
体温を素早く下げるには、体内を流れる血液を冷やすことが効果的。
そのため太い血管が通る首や脇の下にはエクリン腺が多く存在し、体を守るために汗が出やすくなっているのです。

このように汗を出して体温を調節する機能は、自律神経によって働いています。
自律神経には交感神経と副交感神経があり、汗を出す命令を発しているのは交感神経。
緊張、興奮している時にはこの交感神経が優位の状態にあり、リラックスしている時には副交感神経が優位の状態にあります。

そのため、人前に出ると緊張しやすい人、精神的に不安定になりやすい人、ストレスを感じやすい人などは、精神的に負担となる場面で発汗命令を出す交感神経が優位の状態になりやすく、脇汗が増えてしまう傾向にあります。
また、自律神経をコントロールしているホルモンのバランスが乱れると、緊張や興奮を抑える副交感神経が正常に機能しなくなり交感神経が優位の状態が続き、暑くなくても発汗命令が出され続けてしまうのです。

脇汗を抑える3つのポイント

3つのポイント
偏った食生活、運動不足、睡眠不足などの生活習慣は、ホルモンバランスを乱し脇汗を増やす原因となってしまいます。
副交感神経がしっかりと機能することで、過剰な発汗を抑えられるようになるのです。
ホルモンバランスを整えて自律神経を正常に働かせるために、食事・運動・睡眠を見直しましょう。

①バランスの良い食事
偏った食生活が続くとホルモンバランスは乱れてしまいます。
また、食事内容によっては脇汗や臭いに影響してしまうことも。
脇汗が増えやすく汗の臭いも強くなりやすい主な食べ物には、動物性たんぱく質、インスタント食品、スパイスなどの刺激物、脂質の多い食事などがあります。
日々の食事に不足しがちな大豆などの植物性たんぱく質、野菜、果物を多く取り入れてバランスの良い食生活を心掛けましょう。

②適度な運動
運動不足はホルモンバランスが乱れる原因となります。
ウォーキングやストレッチなどの軽い運動は、ストレス発散にもなるのでおすすめです。
また日常的に運動不足の人や汗をかかない生活を送っている人の汗腺は、全身休眠状態となっています。
そのため汗を出す必要がある時には、汗腺の活動が活発な脇からの発汗が増えてしまうのです。
日ごろから運動を習慣にして汗をかける体質に改善しましょう。
汗腺の活動が脇に集中せず、全身に分散されやすくなります。

③質の良い睡眠
質の悪い睡眠が続いたり睡眠時間が足りなかったりすることは、ホルモンバランスや自律神経が乱れる原因になります。
また睡眠不足は基礎代謝の低下を招き全身からの発汗が抑制されるため、汗の出口が脇に集中してしまう可能性も。
質の良い睡眠を得るためには、ストレスをためないことや軽い運動をすることが大切です。
十分な睡眠時間を確保し、質の良い睡眠がとれるように心掛けましょう。

脇汗対策になる服選びをしよう

脇汗を目立たせない方法

暑い夏に「汗を出す」という体の機能は、体温を下げ熱中症を予防するためにも大切な機能です。
そのため気温が高く汗が出やすい季節には、「出てしまった汗」の対策をする必要があります。

まず汗ジミを防ぐためには、汗ジミがつきにくい服を選ぶことがポイント。
服の素材や色、柄、形によっては、汗ジミが目立ちやすいもの、目立ちにくいものがあります。
脇汗が気になる季節のシャツやブラウスなどは、汗ジミを目立たせないように注意してコーディネートしましょう。

NG 汗ジミが目立ちやすい服

  • 素材:綿、麻、ウール
  • 色:原色系(赤・青・緑)、グレー
  • 柄:無地
  • 形:脇にピッタリと接着している

OK 汗ジミが目立ちにくい服

  • 素材:化学繊維(レーヨン・ポリエステルなど)、サテン、シルク
  • 色:白、黒
  • 柄:ボーダー柄、細かい柄
  • 形:脇がゆったりとしている、脇の位置に生地が当たらない

脇汗に悩む女性におすすめの対策グッズ

汗の臭いは、汗と菌の反応によって発生しているため、臭い対策のポイントになるのは「菌の増殖を防ぐ」こと。
出てしまった汗対策と臭い対策には、制汗デオドラント剤や汗取りパッドなどを利用して汗ジミやニオイ菌の増殖を防ぎましょう。

脇汗対策グッズ①:制汗デオドラント剤

デオドラント剤

汗を抑える制汗剤と臭いを抑えるデオドラント剤の成分が配合された「制汗デオドラント剤」は、汗と臭いの両方を抑える効果が期待できるグッズ。
脇汗の量と臭いの強さによって効果や持続時間には個人差が出てしまうので、心配な場合は汗取りパッドなど対策グッズとの併用が安心です。

制汗デオドラント商品は手軽に制汗・消臭ができ、無香料のものや香り付きのものなど種類も価格もさまざま。
形状もスプレータイプ、ロールオンタイプ、スティックタイプ、クリームタイプ、ジェルタイプ、ウォータータイプ、シートタイプなど豊富に選べて、自身の脇汗の量や臭いの強さ、TPOに合わせて上手に使い分けることが出来ます。
直接肌につけるものなので、ワキを清潔に保つためにも入浴時には制汗剤をしっかりと洗い流すことが大切です。

それぞれの制汗デオドラント剤について特徴や使い方を紹介します。

スプレータイプ

パウダースプレータイプはサラサラ感とひんやり感を得ることができるという特徴があります。
汗の水分をしっかりと拭き取り、ワキが乾燥した状態で使用すると効果的。
ワキ周辺から全身まで広範囲に使用できるパウダースプレーは、手軽さと速乾性が人気です。

ロールオン・スティックタイプ

ロールオンタイプは液体、スティックタイプは固形の制汗デオドラント剤です。
容器を肌に直接当てて塗り込むタイプなので手を汚しません。
皮膚に密着させられるので、ひと塗りで長時間の効果が期待できます。

クリーム・ジェルタイプ

クリームやジェルを手で直接塗り込むタイプなのでケア方法には一手間かかりますが、皮膚にしっかりと密着するため効果の持続性は高くなります。
脇汗の量が多い人や臭いが強い人には、持続時間の長いワキ用クリームがおすすめです。

ウォータータイプ

ワキに限らず全身にシャワー感覚で使うことができるウォータータイプは、寝起きのベタつき対策やスポーツの後にもおすすめ。
汗と臭いの不快感がサッパリと解消されて、清潔感をキープできます。
全身に香りを付けたい時にも効果的です。

シートタイプ

汗と臭いをサッパリと拭き取り皮膚を清潔に保つことができます。
外出先でも場所を選ばず手軽にリフレッシュ。
デオドラント剤を塗る前にシートで汗と臭いを拭き取り、臭いケア効果をアップさせましょう。

おすすめの制汗デオドラント剤一覧
クリームタイプ
公式ホームページで購入できます▼
ネオテクト
ネオテクト
容量:30g
参考価格:7,980円
★初回特別価格:980円★
全身の臭いが気になる部分に使用できる、医薬部外品のマイクロデオドラントクリームです。汗だけでなく加齢臭にも効果が期待できるので、パートナーの臭いが気になり出した方にもおすすめ。プロも認めた殺菌・消臭効果で、ニオイと汗を抑えます。
公式ホームページで購入できます▼
クリアネオ
クリアネオ
容量:30g
参考価格:5,980円
【定期便】4,980円
「モンドセレクション2017」で銀賞を受賞した、殺菌成分と制汗成分がダブル配合のクリーム。永久全額保証制度が付いているので、ワキガなどの臭い悩みを抱える方が気軽に試せるのも大きな魅力です。無添加・無香料なので、年齢や性別を問わず使用できます。
公式ホームページで購入できます▼
デオプラスラボ プラチナム
デオプラスラボ プラチナム
容量:30g
参考価格:9,258円
デオドラントとパフュームがひとつになった業界初のクリーム。脇や足だけでなくデリケートゾーンにも使える、女性の悩みを解消しながらも魅力をプラスしてくれる新発想のアイテムです。おしゃれなパッケージデザインで、携帯用としても大活躍してくれます。
ロールオンタイプ
公式サイトで購入できます▼
デトランスα
(Perspirex)

デトランスα(Perspirex)
内容量:20ml
参考価格:2,900円
香料:無香料
医療先進国デンマークで開発された最先端のデオドラント。
寝る前に使用するだけで次の日の汗やにおいを防いでくれます。
使用するたびに効果がアップして、使用頻度が少なくなるのもうれしいポイント!
その効果から、購入した9割の人がリピートするというベストセラー商品です。

今なら初回購入で本品と同じ20mlの敏感肌用サンプルをプレゼント中

脇汗対策グッズ②:汗取りパッド

汗取りパット
服への汗ジミ防止の確実性を高めたいのであれば、脇用の汗取りパッドが便利。
脇汗をしっかりと吸収して汗ジミを防ぐことができ、消臭効果もあるので臭いにも安心です。
服に貼るタイプや、肌に貼るタイプ、ブラジャーに付けるタイプ、インナーに付いているタイプなど、さまざまな脇汗パッド商品があり、スーパーやドラッグストア、コンビニ、通販など、身近なお店でも手軽に購入できます。

服に貼るタイプ

服の脇の下の部分に、シート状の汗取りパッドを粘着テープで張り付けるタイプです。
目立ちにくい肌色タイプや透明のフィルムタイプなど色やパットの大きさも、さまざまな商品が販売されています。
汗の量や体格に合わせて大きさを選びましょう。
外出先でも交換することができるので便利です。

肌に直接貼るタイプ

汗を吸収する吸水性と空気を通す通気性のあるフィルムシートを、脇の下に直接貼るタイプです。
表面は防水加工され吸収した汗が染み出ることを防いでくれます。
透明やベージュなど肌に近い色なので、袖の短い服でもほとんど目立ちません。
通気性のある防臭シートが使われ臭いとムレにも安心です。
自分自身に最適な大きさにカットして使える、便利なロールタイプもあります。

ブラジャーに付けるタイプ

ブラジャーの肩ひもにセットして使うタイプで、取り外しが可能です。
洗濯をして繰り返し使うことができるので、使い捨てタイプに比べると経済的。
パッド部分は厚みがあり大きいものが多く、しっかりと汗を吸収して汗ジミを防いでくれます。

インナー付きタイプ

脇部分に汗取りパッド付きのインナーを着用するという対策方法もあります。
ネットショップで人気の「ワキさらhappyインナー」やベルメゾンの「サラリスト」は
キャミソールやタンクトップなどのノースリーブタイプや、フレンチ袖タイプ、Tシャツタイプなどがあり、インナーとして着用しておけば脇汗がアウターに染み出さずに安心です。
スポーツなど激しい動きをする時の脇汗対策下着としても活躍します。

脇汗対策グッズ③:サプリメント

「即効性も重要だけれど、脇汗の悩みを根本から解決したい!」という方には、サプリメントがおすすめ。
汗のメカニズムや原因を研究し、開発されたサプリメントで栄養成分を補うことで、身体の内側からの改善が期待できます。

サプリメント一覧
あせしらず
あせしらず
容量:1袋150粒
参考価格:5,500円+税
     【定期コース】4,400円+税
制汗剤の研究チームが顧客の声をもとに、体の内側から汗を抑えるサプリメントを開発。汗の根本原因に体内から働きかけてくれます。安全性にこだわり国内の日健栄協GMP認定工場で製造されたサプリは、無添加・無着色なので安心して続けられます。
アセッパー
アセッパー
容量:90粒
参考価格:6,800円
     【定期ケアコース】初回4,800円
汗の質と分解、臭いに着目した独自発想のサプリメント。体の内側からのサポートで、汗と気になる臭いを同時にケアしてくれます。「コンシェルジュサポート」が付いているので、気軽に相談できるのもうれしい。日本製で添加物不使用なのも高ポイント。

その他の脇汗対策グッズ

指圧バンド

胸の上部にバンドを巻きつけることで、締め付け効果とツボ押し効果で脇より上の発汗を防ぎます。
舞妓さんが化粧崩れを防ぐために帯を胸高に締めて上半身の発汗を抑えていたという、昔ながらの方法です。

汗ジミ防止スプレー

服に吹き付けて使う脇汗用の防水スプレーがあります。
洋服の脇の部分にスプレーすると布が撥水コーティングされ、表面に汗が染み出しません。
汗をはじくので、汗ジミによる黄ばみなどの汚れ防止にも役立ちます。

遺伝が原因の脇汗

遺伝的原因
脇汗と臭いの原因には、遺伝的にワキガなどの体質によることもあります。
遺伝的な体質が原因の場合、症状を軽減させることは可能ですが、完治させるには医療機関での治療が必要となります。

ワキガ体質の対策は?

ワキガ(脇臭)は、独特の強い臭いがあり脇汗の量も多く、服に付いた汗ジミが黄ばむことがあります。
自分自身の体臭には気付きにくいものですが、簡単にチェックできるのが服の黄ばみです。
ワキガはアポクリン腺から出る汗によるもので、洗濯をしても衣類に臭いやシミが残ることがあります。

制汗デオドラント剤では抑えられないほどの多量の汗と強いワキガ臭があることも。
アポクリン腺は誰にでも存在する汗腺ですが、ワキガの人はアポクリン腺の数が多く存在しているという点が違いです。
完全にワキガを治すには手術をする必要がありますが、程度によっては塗り薬や飲み薬、ボトックス注射、レーザー照射などの治療で症状を抑えられるケースもあります。
脇の臭いを気にすること自体が臭いを強くしてしまう可能性もあるので、悩まずに専門医(主に皮膚科)に相談してみましょう。

記事を書いた人

syufeel編集部
主婦の『変わりたい』を叶える情報メディア、syufeel編集部です。
脇汗 対策
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

専門家の目線で主婦の悩みを解決してくれるプロフェッショナルを紹介します。
  • 井上めぐみ
  • 猪越英明
  • 米山絵美
  • 福谷信治
  • 西條 喜博
  • 立川雅之
  • 勝山昭人
  • 萬代誓
  • 庭田真理子
  • 森口瑞恵
  • 坂本優子
  • 山本里佳

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる