初節句の疑問を解決!男の子&女の子のお祝い方法や風習とは?

初節句の風習や男の子・女の子それぞれのお祝い方法を紹介。 節句飾りを出す時期や購入のノウハウなど、意外と知らない習慣やマナーから最新のトレンド情報までをチェックしましょう。 お祝い返しだけでなく、お祝い金を渡す側の相場も教えます!
子育て
初節句

初節句とは?

赤ちゃんが誕生してから初めて迎える節句のことを「初節句」と言います。
女の子は3月3日の桃の節句、男の子は5月5日の端午の節句で、それぞれ赤ちゃんの無病息災や健やかな成長を祈って行われます。
生まれて間もない赤ちゃん(生後1ヶ月から3ヶ月未満)の場合は、母親や赤ちゃんの体調を考えて翌年に繰り越します。

初節句のお祝いの仕方

桃の節句と端午の節句では少しならわしが違います。大切な初節句ですからきちんとお祝いしてあげたいもの。
初節句当日は親族を呼んでの食事会をしてお披露目します。食事会に招待する人のしきたりはありませんので、自由にお祝いの席を準備しましょう。
それぞれの節句でどのようにお祝いするのかを紹介します。

桃の節句

桃の節句

別名「ひな祭り」として幅広く認識されていますが、本来は上巳(じょうみ)の節句といわれ、3月最初にくる巳の日に川で身を清め厄払いをする中国の風習が伝わり、平安時代に宮中で行われていた雛遊びと結びついてできました。
ひな人形は女の子の良縁を願って宮中の婚礼の様子を表しています。

飾り方

お内裏様とお雛様の位置は向かって左がお内裏様、右がお雛様です。ただし京都では反対に飾られているので確認しましょう。
白酒、菱餅、あられ、桃の花を雛人形と一緒に飾ります。

お祝い膳

御祝い膳はちらし寿司に蛤のお吸い物が定番。
蛤は女の子を象徴していて貞操を意味します。
ちらし寿司の具に縁起のいい蓮根やエビを入れるとさらにお祝いの席が華やぐことでしょう。

端午の節句

端午の節句

本来、5月初めの午の日を端午と言い、古代中国では薬草を摘む日だったそうで、菖蒲もその薬草の一つです。
もともと厄病を祓う節句だったので、菖蒲湯に入ったり中国から伝わったちまきを食べたりする風習が残って今の習慣になりました。

柏の葉は新芽がでないと古い葉が落ちないことから、子孫繁栄を願って柏餅を食べます。
菖蒲は尚武と同じ読みなので、江戸時代に出世を願い男の子の節句に変わりました。

飾り方

外に鯉のぼり、家の中に五月人形や鎧兜を飾ります。

お祝い膳

お祝い膳のしきたりは特にありません。好きな料理でお祝いしましょう。

食べる習わしがあるのは柏餅やちまきで、東日本では柏餅、西日本ではちまきが主流のようです。
もともと柏餅は江戸の武家が子孫繁栄を願い食べ始めたとされ、江戸中心に柏餅を食べる習慣が広がりました。
一方西日本(関西圏)では、柏の木があまり生えていなかったことからちまきを食べる習慣が残りました。

その境目は大よそ中部地方といわれますが、はっきりした境界はわかりません。あくまきという菓子を食べる地域などもあるので、わからない時には夫の実家にあわせましょう。
また、当日は菖蒲湯に入り邪気を払う風習もあります。

神社でお祓いをする

お宮参り

お宮参りと同じように、初節句でも無病息災を願ってお祓いをしてもらう家族が増えています。
元々、お参りをする地域と食事会だけの地域がありましたが、ネットで情報収集する人たちが増えたため、本来は風習がない地域でも参拝する人が増えました。

お祓いに行く時は、ジャケットやスーツなどきちんとした服装が基本。
お母さんはシックな色のワンピースやセットアップなど露出を控えた服装で行きましょう。

赤ちゃんの服装はあまり気にしなくても大丈夫。
最近では男女共に袴風や着物風のカバーオールもあるので、記念撮影するといい思い出になります。
赤ちゃんを連れていると授乳やオムツ換えなど想定外の時間がかかることがあるので、余裕を持ってお祓いに行きましょう。

記念日は写真に残そう

初節句は赤ちゃんにとって一回きりのお祝い。その時の様子を特別な形で残せる写真館での記念撮影が人気です。
家族だけで撮ったり祖父母も呼んで一緒に撮ったりするなど、家庭ごとに考え方が違うので事前に話し合いましょう。

写真館なら赤ちゃんの衣装や小物まですべて揃っているので、普段着れない衣装での写真が残せるのも魅力。
女の子ならドレスや着物、男の子ならベビータキシードや祝い着など、赤ちゃんの時にしかできない衣装で撮影してもらえるのでおすすめです。

節句飾りは誰が買う?

節句飾りの金額

節句飾りを購入するのは母親方の両親という風習があるので、男女共に今でも母親方の両親が贈る家庭が多い傾向にあります。
しかし、昔と比べると住宅事情が大きく違います。
賃貸住宅に住む家族や転勤族の家庭などでは、大きな節句飾りを飾る場所がなく、保管する場所もないので邪魔になるとの理由から、飾りではなく現金を渡すだけのケースもありさまざまです。

両親に買ってもらえる場合は、先に収納場所を確保してからどんなものが欲しいかをきちんと伝えましょう。
最近ではかさばる段飾りや大きな鎧より、親王飾りや収納に場所を取らないコンパクトなケース飾りが好まれています。

家族で相談して購入しましょう

節句飾りは雛人形で5万円~30万円、端午の節句飾りは種類によりますがおおよそ10万円~30万円と高額になるため、両家で折半するケースも増えています。
地方の風習にもよりますが負担額はかなりのもの。親の負担を減らすために両親と祖父母で折半してもいいでしょう。

コンパクトなものでも作風や技法で金額が高くなります。ネットで買うと安く済みますが、一生残るものなので実物を見れない分よく調べてから買いましょう。

同姓の兄・姉がいる場合

兄弟の飾り

同姓の兄や姉がいる赤ちゃんの場合、兄弟・姉妹で共同にせずそれぞれ御祝い飾りを飾ります。
というのも、人形は1人1飾りといわれ子供の身代わりになるお守りの役割があるので、共用や親からのお下がりとはしません。

女の子の場合、雛人形をいくつも飾る場所がない時は次女には市松人形を贈る地域や、そろっていない雛人形だけを増やす地域もあります。
場所があるなら長女で段飾り、次女は親王飾りなどバリエーションを変えると華やかですね。

男の子の場合は、周囲に男の子が誕生したことを知らせる役割の「外飾り」と家の中に飾る「内飾り」に分かれます。
内飾りはひな人形と同じお守りの役割なので共用はしませんが、鯉のぼりの役割は男の子がいる事を知らせるものなのでひとつでも大丈夫。
余裕があれば外飾りの鯉のぼりを一体増やしてもいいでしょう。

長男に鯉のぼりと兜を購入したのであれば次男には武者人形にするなど、ひな人形と違い同じ種類の飾りは買わない事が一般的です。
男の子は種類が豊富なので、お父さんや上の子が持っていないものを買ってあげましょう。

節句飾りはいつから飾る?

飾りつけの時期

節句飾りはどちらも前日や直前に飾る「一夜飾り」は避け、遅くとも2週間前には出すようにしましょう。
初節句用に新しく準備するときは、約2ヶ月前に購入検討する事をおすすめします。
人形や兜、鯉のぼりは納品まで時間がかかる場合もあるので余裕を持って選ぶと失敗がありません。
節句飾りは出すときもしまう時も晴れた日を選ぶと、湿気を含まずに長持ちします。

桃の節句

雛人形は節分が終わって立春を過ぎた大安に飾るのが良いとされ、地域によっては二十四節季のひとつ「雨水」(2月19日ごろ)に飾ると良縁に恵まれると言われています。
早く片付けないとお嫁に行けなくなると言われる地域もありますが、これはきちんと片づけをする習慣を付けさせる戒めとされています。
3月6日に片づける地域やひな祭りが過ぎたら後ろを向けるなど、風習はさまざまです。

端午の節句

鯉のぼりや兜などは二十四節気の「清明」(4月5日ごろ)に飾り付けをします。長男が生まれたことを周囲に知らせるために、3月の終わりから鯉のぼりを飾る地域もあります。
女の子よりも飾り方の自由度は高めです。
一部の住宅過密地区などでは近隣の迷惑になるからと鯉のぼりが禁止になっていたり、自治体の風習で昔から禁止としていたりする地区もあるので、購入前に地域の風習をよく確認しましょう。

初節句のお祝い返しは必要?

お返し

お祝いをもらったら食事会に招待しましょう。
食事会がお返しになるので、別に品物でお返しする必要はありません。

遠方の方など当日招待できない人からお祝いをもらった場合は、手紙と赤ちゃんの写真を添えてお祝い金額の半分を目安に内祝いとしてお返しをするといいでしょう。
プレゼントを贈る場合は赤ちゃんの名入れのお菓子やお酒、カタログギフトが人気です。

お祝い金額の相場

我が子の初節句だけでなく、兄弟や親戚などに初節句お祝いを渡す場合もあります。
そんな時のために、どんなマナーがあるのかを知っておくといざという時慌てずに済みます。
簡単な相場を紹介するので、お祝いを渡すときの参考にしてください。

立場別の金額相場

  • 父方祖父母 5万円~30万円
  • 母方祖父母 10万円~30万円(飾り代)
  • 親戚    品物+5千円~1万円
  • 兄弟    品物+5千円~1万円
  • 友人・知人 品物のみ3千円~5千円

お祝いを渡すタイミングは、親戚や兄弟で食事会に招かれているなら当日で大丈夫です。
祖父母なら飾りつけの期間があるので、1ヶ月前までを目安に渡しましょう。
内孫と外孫の場合で金額に開きがありますが、お飾りを購入するかしないかの違いです。

内孫でお飾りを購入しない場合は5万円から10万円を包みます。
お金を包むときは紅白の蝶結びの熨斗紙に「お祝い」や「初節句お祝い」と書いて渡しましょう。

プレゼントを贈るならおもちゃや少し大きめの服などが喜ばれます。
商品券やカタログギフトも定番です。
兄弟ならプレゼントだけで済ます場合もあるので、1万円くらいの品物がおすすめ。

初節句の赤ちゃんに兄弟がいる場合は、上の子にもちょっとしたプレゼントがあると気遣いを喜ばれます。
赤ちゃんの月例によっておもちゃや服のサイズが変わるので、友達ならどんなものが欲しいか聞くのもひとつの手です。

子供の成長を願って楽しいお祝いの席にしよう

お祝いの席

しきたりや風習を倣うことは大切ですが、それが原因で家族関係がぎくしゃくしてしまうのは考えもの。
初節句は、お祝いや飾りを贈ってくれる義両親や実家の両親に孫の成長をお披露目する場でもあります。
古い風習が家庭環境に合わない時には事前に両家で話し合うことが重要。
当日はかわいい我が子と一緒に記念日を楽しみましょう。

記事を書いた人

まりな
2012年3月、2014年3月、2016年1月生まれ3姉妹のママをしています。やんちゃな子どもたちに振り回されながら日々子育てと仕事にフル活動中。
初節句
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 小林 恵里子
  • 倉田友宏
  • ENERGYeye/エナジーアイ
  • 小山智子
  • 飯沼 暢子
  • 橘凛保
  • 古谷三十鈴
  • 福谷信治
  • 高垣 昭和
  • 久保田 優一
  • 萬代誓
  • 竹部 美樹子

シャイニスタ一覧

チャレンジしている主婦&ママ「シャイニスタ」を紹介します。
  • 永井 友理
  • 白鳥 知恵
  • 西原 亜希子
  • 合田 三奈子<なっち>
  • 新田佐和子
  • 嶋田 真里
  • 幟建 由佳
  • 三村 由紀子
  • 上田 倫子
  • ありさ22
  • 後藤 真弓
  • 岩城 美穂

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる