子供の上手な叱り方とは?怒り方で子育てはこんなに変わる!

子どもに対する意見の伝え方・上手な叱り方とは?つい子供をしかりすぎてしまう方必見です。
子育て

あなたはどんな時にお子さんを叱りますか?
なぜしつけること・叱ることが必要か考えたことがありますか?

「かわいい我が子を叱ってばかりで、嫌になっちゃいます」というお話をよく聞きます。
私っていつから、こんなにわが子を叱るようになったんだろう…こんなに叱ってばかりで、大丈夫だろうか?という声が聞こえてきます。

叱るということはしつけの1つの方法です

笑顔の女性と女の子
子どもを育てるということは、一人の社会人としていきていけるように、そして子ども自身が生きやすく、周囲に対してもお互いが気持ちよく生きていけるようなマナーを身につけさせる必要があります。
それのために必要なのが「しつけ」です。

はずせない3つ柱

この3つを子どもに教える中で、叱ることが必要になります。

  • 必要な日常の動作
  • 洋服を着る・食事の仕方など

  • 親の生き方、価値観を与える
  • 親が大切にしている生きる姿勢

  • 社会での生き方を教える
  • 社会でのルール

(例)
道路から飛び出したら危ないということを叱る
道路にごみを捨てるのはいけないと叱る

生命に危険がある場合や、してはいけないことをした場合に叱る必要が出てきます。

そう考えるとそんなに叱る場面は多くないと思いませんか?
「でも私は、毎日毎日叱ってばっかり」と思っている方は「怒る」に近いのもかもしれませんよ。

あなたは「えっ!『叱る』と『怒る』は違うの?」と思っていませんか?
実は全然違います。

「叱る」と「怒る」はこんなに違う!

子供を叱るママ

怒る=感情をおさえきれずに子どもに対して言葉を発してしまうこと
叱る=子どもをしつける上での1つの方法
全く別物です。

子どもを叱る

  • 毅然とした態度で叱る
  • 本気であるとわかる態度

  • 自分の責任で叱る
  • ダラダラと叱らない
  • 過去のことまでムシかえさない
  • 短い言葉でピシッと叱る

叱ることはしつけをする上で必要なことですが、パワーと信念が必要です。

こどもをしつけることは、自分の生き方・価値観を子どもに伝えることです。
ですから自分の生き方を見せるような叱り方で、伝えないと全く響きません。

言葉や態度で威圧するのではなく、親として断固としてこれは「してはいけないこと・許しがたいこと」と伝える態度が必要です。

避けて欲しいあなたの「怒る」

 

  • 叩く
  • 叩いてしつけても意味はなく、子どもには、叩かれた記憶しか残らない

  • 子どもの存在を否定する言葉を使う
  • 「あんたなんか、大嫌い」などと子どもの存在を否定する言葉は使わず、失敗した事実だけを叱る

疲れていたりすると、ついつい冷静さをなくしてしまいがちです。
叱るってエネルギーや、練習・慣れも必要ですよね。

でも、叱り方の基本が少しでも頭の隅にあれば、あなたの子育ては全く違った子育てになります。

幼児の叱り方

子供

1歳代

1歳代の子どもは、まだやっていいこと・悪いことの判断がつきません。
一度だめだよ、と言ってもすぐに同じことを繰り返します。

大人が、一つ一つ教えていかなくてはいけません。
それがこの年齢のしつけになるので、1歳代では大人が叱らない環境づくりをすることをお勧めします。

一歳代では、叱るのは命に関わる時くらいです。
道路に飛び出しそうな場合「あぶない!」「飛びだしちゃダメ」とその行為だけを叱り、手を引いたりして、具体的に行為も止めてください。
言葉だけで叱っても伝わりません。

(例)
窓・玄関を勝手に開けて外にでてしまう→鍵を2重につけたりストッパーをつける。
外に出たいサインかも→なるべく外遊びを心がける。
触って欲しくないものを何度言っても触る→手の届かないところへ置く。

2~3歳

この年齢はまだ、なぜいけないかの理由を理解できない時期です。
ですから「○○してはいけないよ」と伝えるだけで充分です。

子どもと視線の高さを同じにして、目を合わせ「○○してはいけない!」と短く迫力をもって、シンプルに伝えてください。

個人差がありますので2歳でも、1歳代と同じようにいいこと・悪いことの判断がつかないのなら、叱らない環境づくりが必要です。

  • 買い物はさっさと済ませたり、まとめ買いする
  • 大切なものは手の届かないところに置く

こんなことを心がけて子育てをすると、子どもをムダに叱る回数が減ります。

4歳以降

4歳代では思考力、5歳代では判断力が備わるといわれています。

このくらいになると、なぜしてはいけないのかが少しずつ理解できるようになり、お母さんとのお約束ができるようになります。

「電車の中で騒いではいけないよ。騒いだら降りるからね。」などと事前にお子さんと約束をして、約束が守れなかったら本当に電車から降りるという風な手段が有効です。

ただ、子どもには子どもの言い分・気持ちがあります。

何かトラブルがあったら、子どもの気持ちを聞いてあげてください。
その上でやっていいこと・悪いことをあなたがきちんと教えてください。

頭ごなしに叱ると、保身(自分の身を守る)のためにウソをつくようになります。

怒りを減らすと叱り方が見えてくる

カメラを持った女の子
あなたのお子さんは、何歳ですか?

この叱り方のコツを頭の隅にいれて、今までの子育てを振り返ってみてください。
そうすると、今までムダに怒っていたコトが、実は怒らなくてもいいことだと、気づくことがたくさありませんか?

あなたの心がけ次第で怒る回数はぐっと減りますね。

  • 出かける時は前もって声をかけておくなど、親が自分の都合だけを押し付けずに子供の気持ちに寄り添い、お互いのタイミングをすり合わせる
  • 子供には成長する力があると信じ、10年後の成長を考えて今の子供を見る
  • 子供の欠点ばかり見ず『今』の完璧を求めすぎない
  • 子供の短所を裏返すと長所である事に気づくこと

怒る回数が減ると、あなたとお子さんの楽しい大切な時間が増えます。

子供のしつけに困っている方におすすめ

反抗期との上手な付き合い方の専門家アドバイスはコチラ

第一次反抗期は何歳から?子供のしつけ時期の対応はコレが正解!

記事を書いた人

庭田真理子
子育て指導員として活躍した後、カウンセラーに転身。女性を笑顔にするメッセージ性のあるカウンセリングが評価されています。
この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにオススメの記事一覧

プロフェッショナル一覧

記事の執筆・監修いただきましたプロフェッショナルを紹介します。
  • 萬代誓
  • 川島智世
  • 小林 恵里子
  • 久保田 優一
  • 渡邊隆徳
  • 河本 奈緒(はなお)
  • 緒方美広
  • 荒川泰器
  • 片山 香南
  • 山本里佳
  • Acky→
  • 渡辺紀夫

シャイニスタ一覧

チャレンジしている主婦&ママ「シャイニスタ」を紹介します。
  • 村松 文子
  • 吉川真実
  • 三木 恭子
  • 井上 やすこ
  • 嶋田 真里
  • 幟建 由佳
  • 大形 恵美
  • 藤原 智加
  • 財田 ゆう子
  • 三村 由紀子
  • 白鳥 知恵
  • 浦田 遥

人気記事ランキング

プロフェッショナル募集

主婦のお悩みを専門家の立場から解決してくださる プロフェッショナル募集
専門分他の知識を活かしてメディアにアピール!
記事を掲載したいプロフェッショナルを募集しています。記事掲載は無料です。

外部スタッフ募集

サイト運営をお手伝いしてくれる スタッフ募集 在宅OK! 主婦やママさん大歓迎!
【求人】主婦向けサイトの運営スタッフ募集!在宅ワークでもOK!自分の経験やスキルを活かして活躍してみませんか?

syufeel オフィシャルSNS

  • syufeel公式Facebookアカウントはこちら
  • syufeel公式ツイッターアカウントはこちら
  • syufeel公式Instagramアカウントはこちら
シャイニスタ

ページトップへもどる