女性の債務整理と結婚に関する疑問

女性の債務整理|夫に内緒で借金解決!元弁護士が勧める方法と影響
女性の債務整理|夫に内緒で借金解決!元弁護士が勧める方法と影響

債務整理した場合の結婚生活への影響は?

自分名義のローンが組めない

自分名義でローンが組めなくなる

債務整理をすると、全国銀行個人信用情報センターなどの個人信用情報機関が保有する個人信用情報に事故情報登録されてしまいます。
銀行等の金融機関や消費者金融などの貸金業者は、ローン審査を行う際に、個人情報機関に情報確認します。

すると、その時点で事故情報が記録されていると、債務整理したことが判明して、ローン融資の審査に通らなくなり、債務整理後は一定期間ローンやクレジットカードを利用出来なくなります。
このようにローンやクレジットを利用出来ない状態のことを、俗にブラックリスト状態と言います。


債務整理をするとブラックリスト状態になるので、教育ローンや住宅ローン、自動車ローン審査にも通りませんし、クレジットカード審査にも通らないので、自分名義でVISAカードなどのクレジットカードを発行することも出来ません。


住宅ローンを申しこむ場合も、夫婦共同で申しこむことは出来ず、配偶者の単独名義にする必要があります。
このように債務整理をすると、自分名義でローンやクレジットカードを利用出来なくなるという意味で結婚生活に影響が出ます。

結婚は債務整理中と債務整理後のどちらがいいの?

債務整理と結婚

出来れば債務整理後の方が良い

債務整理中は、手続後実際にどのような生活になるのか、どのくらいの返済が残るのかなどの具体的なイメージがしにくく、落ち着きません。
また、債務整理中は、手続を依頼している弁護士や司法書士の事務所に行かなければならなかったり、弁護士とのやり取りなどもあって忙しいので、新婚生活において、結婚相手に債務整理がバレやすいです。

債務整理後なら、日常生活も落ち着いていますし、弁護士などと連絡を取る必要もありません。
よって、結婚するなら債務整理後の方が良いのです。


債務整理手続に長期間がかかっていて、どうしても結婚を待てない場合もあります。
たとえば相手方が早く結婚したいと言っていて、これ以上引き延ばすと結婚自体が危うくなる場合などには、債務整理中に結婚しても良いでしょう。

未婚の女性が債務整理をするタイミングをあえていうならば、結婚前がおすすめということになります。

債務整理したことを配偶者に秘密に出来る?

家族にバレない生活

収入ゼロでも出来る「自己破産」

債務整理をしても、配偶者や家族に何の連絡や通知もありません。 公的な書類に何らの記載をされることもありませんし、海外旅行も自由に出来ます。

普通に生活している限り、配偶者に債務整理がバレることはありません。
この意味で、債務整理したことを配偶者に秘密にすることは出来ます。


ただし、ローンやクレジットカードの利用が出来ないことで、配偶者に怪しまれる可能性はあります。
ブラックリスト状態の原因は債務整理だけではありません。
ローンや借金支払いの滞納でもブラックリスト状態になります。
よって、自分名義でクレジットカードが作れないとしても、必ずしも債務整理をしたということにはならないので弁解することは可能です。

結婚後に姓が変われば債務整理が帳消しになる?

婚姻届

結婚をすることによって姓が変わると,信用情報機関には旧姓で事故情報が登録されているので、結婚して姓が変わると本人の特定が出来ず、ローン利用などが出来るようにも思えます。
しかし、実際にはそううまくはいきません。
たとえば、クレジットカードの申込みの際などには、旧姓を書く欄もあるので、ここから旧姓での借入と債務整理が判明してしまうことがあります。


また、ローン申込みの際に免許証の提示を求められて免許証番号が控えられることなどもありますが、結婚して姓が変わっても免許証番号は変わらないので、やはり旧姓での借入と債務整理がバレてしまいます。
このように、ローンやクレジット会社も本人特定のためにいろいろと工夫をしているので、女性が結婚後姓が変わったからと言ってブラックリスト状態から解放されるということにはならないのです。

旧姓での借金は結婚後でも債務整理できますか?

旧姓の債務整理

もちろん旧姓での借り入れも債務整理で解決出来ます。
債務整理をする場合には、債務者の現在の氏名だけではなく旧姓も通知して債権の調査をしますし、旧住所なども通知して本人特定の手続きをします。
よって、結婚して姓が変わったからと言って、借金がわからなくなったり債務整理出来なくなることはありません。


当然、結婚しても借金が無くなることはないので、結婚後も借金を抱えている場合には、生活に悪影響を及ぼす前に、早期に債務整理で解決する必要があります。
以上のように、債務整理は結婚して姓が変わっても可能なので、支払を滞納して重大な問題になる前に、早めに手続きをしましょう。

記事執筆:元弁護士 福谷 陽子さん

関連記事