債務整理したい!弁護士と司法書士の依頼内容や費用の違いとは?

女性の債務整理|夫に内緒で借金解決!元弁護士が勧める方法と影響
女性の債務整理|夫に内緒で借金解決!元弁護士が勧める方法と影響

弁護士と司法書士の違いとは?

弁護士と司法書士の違い

任意整理の場合

債務整理を依頼する専門家は弁護士と司法書士の2種類がありますが、弁護士と司法書士とではどのような違いがあるのかが知りたい方が多いでしょう。
債務整理における弁護士と司法書士の違いについては、債務整理の手続きの種類によって異なります。

任意整理の場合は、弁護士と司法書士では取り扱いが出来る金額が異なります。
弁護士は取扱金額に制限はありませんが、司法書士の場合は取り扱える金額が140万円までとなっています。
たとえば任意整理で債権者と交渉した結果、借金返済額が140万円を超えて減額出来た場合などは、司法書士には取り扱いが出来ないこととなり合意書が作成出来なくなってしまいます。
弁護士であればこのような問題が起こることはありません。

過払い金請求事件の場合

債務整理する際、過払い金が発見されることがあります。
過払い金請求をする際にも、弁護士と司法書士との間に権限の違いがあり、司法書士はやはり140万円までの事件しか取り扱うことが出来ません。
これに対し、弁護士にはこのような金額の制限はありません。
なので、過払い金が140万円以上発生している場合には司法書士に依頼することが出来ないので弁護士に依頼する必要が出てきます。

過払い金請求について裁判を起こす場合にも同じ問題が起こってきます。
司法書士には簡易裁判所の代理権しかないので、請求額が140万円を超えて地方裁判所の事件になってしまったら、司法書士が代理を務めることは不可能になります。
よって、140万円を超える金額の過払い金請求訴訟を起こす場合には、やはり弁護士に依頼する必要が出てきます。

個人再生や自己破産の場合

債務整理の中でも個人再生や自己破産の場合には、任意整理の場合とは事情が異なります。
個人再生や自己破産では、弁護士には『裁判代理権』という手続き全般についての代理権が認められます。
これに対し、司法書士には『書類作成代理』という依頼者の代わりに書類を作成する権限しか認められません。

司法書士には裁判代理権がないので、裁判所で各種の集会がある場合などに集会自体に参加することは出来ないのです。
たとえば自己破産で債権者集会が開催された場合、弁護士は集会に参加して発言したり意見を述べたりすることが出来ますが、司法書士は後ろから見ているしか出来ません。
このことが気にならない依頼者もいるかもしれませんが、人によっては心許ないと感じることもあるでしょう。

弁護士と司法書士の費用

費用が安いのはどっち?

費用が安いのはどっち?

“債務整理する場合、弁護士と司法書士とで費用が異なるのでしょうか?”という質問もよくあります。
世間では司法書士の方が費用が安いというイメージがあります。
しかし、実際には弁護士も司法書士もほとんど費用に違いはないことが多いのです。

今は、インターネット上に多くの弁護士事務所や司法書士事務所がホームページを出して無料相談を実施しており、費用についてもきちんと説明してくれます。
債務整理の費用は司法書士が必ずしも安いとは言えないので、弁護士か司法書士かという違いではなく、インターネットなどを利用して各事務所の費用を確認して、良心的な事務所を探しましょう。
女性スタッフや弁護士が担当してくれる事務所もあります。

記事執筆:元弁護士 福谷 陽子さん

関連記事