債務整理をすると家族に影響がある?支払い請求や信用情報は?

女性の債務整理|夫に内緒で借金解決!元弁護士が勧める方法と影響
女性の債務整理|夫に内緒で借金解決!元弁護士が勧める方法と影響

債務整理での家族への影響

家族絵の影響

家族に支払い請求が来る可能性は?

債務整理をすると家族に対する影響がないのかが心配になります。
中でも特に多いのが、債務整理することによって家族に代わりに借金の請求をされるのではないかという不安です。
実際には、債務整理手続きを執ったからといって家族に借金の支払い請求が来ることはありません。

借金の契約は、あくまで個人と個人(会社)の間の問題なので、契約者本人ではない他者は、家族の場合であっても借金の責任を負うことはないのです。
よって、債務整理をしたからといって家族に借金返済義務が発生することはありません。
債務整理をしても債権者から家族に借金返済督促が来ることもないので安心しましょう。

家族が保証人になっている場合

債務整理しても家族に対して支払い請求が来るなどの影響はありませんが、家族が連帯保証人などの保証人になっている場合には事情が違ってきます。
家族が借金の保証人になっている場合にその借金を債務整理すると、家族は保証人の立場にもとづいて借金を返済しなければならなくなります。

保証人とは、原則として借金の借り入れ人が返済出来なくなった場合に備えて代わりに借金返済をする立場の人なので、家族がこの保証人になっていると、家族は代わりに返済しないといけないことになってしまうのです。
ただ、この場合の返済義務は、あくまで保証人という地位にもとづくものであり、家族だからという理由ではありません。

信用情報への影響

記事執筆:元弁護士 福谷 陽子さん

関連記事