夫や家族に内緒で債務整理したい!バレずに手続きする方法とは?

女性の債務整理|夫に内緒で借金解決!元弁護士が勧める方法と影響
女性の債務整理|夫に内緒で借金解決!元弁護士が勧める方法と影響

夫や家族に内緒で債務整理できる?

債務整理がバレるきっかけ

債務整理が家族にバレるきっかけ

女性の場合、職場の同僚や友達、夫や子供、両親などの家族に秘密で借金しているケースが多いです。
周囲や家族にバレないように債務整理をするには、どうしたら良いのでしょうか。

この問題を考えるには、お金の借り入れや債務整理がどのようなきっかけで周りにバレることが多いのか、まず理由を知っておく必要があります。
借金問題や債務整理が家族に判明するきっかけとして最も多いのは、金融機関などからの連絡通知を見られることです。
借入金の返済を遅延すると、消費者金融やクレジットカード会社などの債権者から電話がかかってきたり自宅にハガキや封書での督促状が送られてきます。

債務整理に入った後も、弁護士に依頼せず自分で手続きしているとしょっちゅう債権者から電話や郵便で連絡が来ます。
債権者からの電話や郵便物などの書類を家族に見られることによって、借金問題や債務整理が家族にバレてしまうことが非常に多いのです。

家族への通知はある!?

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産などの手続き方法がありますが、どの手続きを行った場合でも夫や家族に通知や連絡が来ることは一般的にありません。
裁判所を利用する手続きである個人再生や自己破産であっても、家族に連絡することはありませんし、戸籍謄本や住民票、運転免許証などへの記載もありません。
このように、債務整理をしたこと自体によって家族に知られることはないので、安心しましょう。

家族にバレない債務整理方法

専門家とのやり取りと相談

専門家に依頼する

債務整理を弁護士や司法書士などの専門家に相談依頼すると、債権者からの連絡が依頼者に来ることがなくなります。
これは、債務整理の手続きに専門家が介入した場合には、債権者は債務者に直接連絡してはいけないという債務整理のルールがあるから。
すべての連絡は弁護士を介してになるので、自宅に電話やハガキが来ることはなくります。

このように、債務整理を弁護士や司法書士に依頼すると、債権者からの直接の連絡がなくなるので、それだけで家族に債務整理がバレるリスクが大幅に軽減されます。
よって、家族に知られずに債務整理手続きを進めたい場合には、弁護士や司法書士に相談依頼することが必須だと言えるでしょう。

専門家とのやり取りを工夫する

弁護士や司法書士に依頼すると債権者からの直接の連絡が無くなりますが、それだけでは万全ではありません。
債務整理を夫や家族に知られないようにするためには、弁護士や司法書士などの専門家とのやりとり方法にも工夫が必要です。

債務整理の手続きを弁護士などの専門家に依頼すると、連絡が必要な時には弁護士などから電話や封書などで連絡が来ます。
これらの弁護士との電話を家族に聞かれたり、弁護士事務所の名入りの封筒を家族に見られることによって債務整理の事実が家族にバレてしまいます。

そこで、債務整理を家族に内緒ですすめたい場合には、電話は自分の携帯電話にかけてもらう、通常の茶封筒を利用して弁護士の個人名義で送ってもらうなどの工夫が必要になります。
家族に内緒で債務整理したい場合、依頼する弁護士や司法書士にそのことをきちんと伝え、適切な対応をとってもらうと良いでしょう。
仕事で決まった時間にしか連絡ができない女性は、その旨を事前に弁護士に伝えておきましょう。

記事執筆:元弁護士 福谷 陽子さん

関連記事